医工連携事業化推進コンサルティング | NES株式会社

商品化志向

 私たちの推す医工連携は事業化・商品化です。

 私たちは『まず現場』です。

 次に『値ごろ感』『費用負担者』を大切にします。
 せっかくの解決策も手が出せなければ、現場の役に立ちません。売れなければ事業として続きません。

 いつでも手に入る解決策を提供する『マーケットイン型医工連携』を実践している会社です。

医工連携

課題解決型事業化推進

 私たちは独自の医工連携スキームを展開しています。

 市場性が無ければ事業化できないと考えれば、市場があるところを攻めるのが普通です。

 医工連携における市場は医療側が握っています。
 医療従事者らの不平不満、愚痴、苦手などから課題を発掘し、解決策を創出します。


プロトタイピング

 ゴールは何か、真のニーズを捉えているか、コンセプトは正しいのか、PDCAの繰り返しになります。

 医療界と産業界、大きく異なる業界間連携、両者に共通の理解が持てなければ議論する価値が損なわれます。

 私たちは、異なる専門間の境界を埋めるゲートキーパーの重要性を鑑み、価値ある課題解決策の創造に並走しています。

 その手段の1つとして、プロトタイピングを実施しています。


困りごと相談

 医工連携を進める上で、様々な困りごとが出てくると思います。

 自身の力で、または社内のリソースで解決できる問題も多いと思いますが、異業種連携ゆえの課題や、医科ならではの課題にぶつかる事もあると思います。

 問題は放置していても何の解決策にもならず、むしろ傷口を広げてしまう可能性もあります。

 早めの対処に、私たちが駆け付けます。