本文へスキップ

ヘルスケア分野と異業種との境界領域最適化

医工連携事業化推進Consulting for Healthcare Business Creation

トップページ > 医工連携事業化推進 > AI・IoT

ヘルスケアAI

AI

省人化と非接触

 医療・ヘルスケアでは、団塊世代すべてが75歳以上になる2025年を前に、需給バランスを適正化するために省人化や効率化が求められています。

 特に医療はヒトの介在が多い業種であり、機械化やロボ化が容易ではない仕事も少なくありません。

 医療法や医師法の関係からも、ヒトが判断しなければならない事も多くありますが、ヒトが判断するための材料を機械が揃える事は有意義なことです。

 2020年、COVID-19によりヒトとヒトの接触を8割減らすことや、ドアノブやつり革などに触れないようにするなど、非接触への関心が高まりました。




AI習得

AI

当社の取り組み

 当社ではJetson Nanoを利用したAIの活用について、学習をはじめました。
 機械学習の前に、人間が学習します。

AI学習、はじめました。 (サイト内リンク)

Jetson NanoでAIを使ってみる。 (サイト内リンク)



療養住環境最適化・強靭住環境
ブラックアウト病院BCP(全域停電医療BCP)
今月のイチオシ(NES)

↓ 広告 ↓

↑ 広告 ↑