本文へスキップ

ヘルスケア分野と異業種との境界領域最適化

医工連携事業化推進Consulting for Healthcare Business Creation

トップページ > 医工連携事業化推進コンサルティング > No Money, No Mission (Mayo Clinic)


金が無ければ、使命は果たせない

No Money, No Mission

No Money, No Mission

 世界最大級の医療機関である米国 Mayo Clinic (メイヨークリニック)

 聖フランシスコ会(Saint Francis)のシスター ジェネローズ・ジェルヴェ (Generose Gervais) は以下の言葉を残しています。

"I’m often quoted as saying, ‘No money, no mission. '
That’s true, but remember the rest of it: ‘No mission, no need for money.'"

 『お金が無ければ使命は果たせない』のは本当ですが、『使命が無ければお金は要りません』といったことを述べられています。

Mayo Clinic official website

Mayo Clinic: Quotations of the Sisters of Saint Francis



使命を果たすための資金づくり

 Mayo Clinicの事業化支援部門 (Mayo Office of IP)には "No Money, No Mission" の額が掲げられています。

 Mayo Clinicのミッションは以下の通りになっています。

"To inspire hope and contribute to health and well-being by providing the best care to every patient through integrated clinical practice, education and research."

 診療、教育、研究を通じ、すべての患者に最善のケアを提供することにより希望を呼び起こし、健康と幸福に貢献することがメイヨークリニックの使命となっています。

 その使命を果たすための資金づくりに、医工連携・事業化支援が寄与しています。

Mayo Clinic: Mayo Clinic Mission and Values



ミネソタ州医療産業クラスター

 下図は2010年頃に作成した産業化マップなのでプレイヤーの入替はありますがモデルとしてご覧ください。

 メイヨークリニックがある米国ミネソタ州にはペースメーカーなどのインプラントデバイスで世界的に有名なメドトロニック社があり、他の大手企業も拠点を構えています。
 その大企業群だけが医療機器を開発している訳ではなく、多くのベンチャー企業がチャレンジし、出口戦略としてミネソタに拠点を持つ大企業へと売り込んでいきます。
 ベンチャー企業には無いリソースを補うアウトソーシング企業も多くあり、試作機を製作する企業、臨床評価を請け負う企業、知財を管理する企業、保険収載を調整する企業など様々な企業が軒を連ねています。

 ロチェスターにあるメイヨークリニックと、ミネアポリスにあるミネソタ大学は大きな病床を抱え手術や治療の数でも非常に大きく、Clinical TrialやClinical Researchをする拠点として活用されています。
 それ以前のニーズ発掘の場としても機能しており、自院が持った課題について企業と連携して解決し、その成果物は自院で活用してブラッシュアップすると共に、同じ課題を抱える他院へと波及していく仕組みが出来上がっています。

 金儲けのための医工連携ではなく、課題解決のための医工連携であり、そこで得られた資金は自院のミッションに活用することで再び課題解決に役立つというエコシステムがメイヨークリニックには存在します。

ミネソタ医療産業都市マップ





詳細

Mayo Clinic: No Money, No Mission: Addressing Tensions Between Clinical Productivity and the Culture of Medicine

Mayo Clinic: No Money, No Mission: Addressing Tensions Between Clinical Productivity and the Culture of Medicine







療養住環境最適化・強靭住環境
ブラックアウト病院BCP(全域停電医療BCP)
今月のイチオシ(NES)

↓ 広告 ↓

↑ 広告 ↑