本文へスキップ

ヘルスケア分野と異業種との境界領域最適化

医工連携事業化推進Consulting for Healthcare Business Creation

トップページ > 医工連携事業化推進コンサルティング > AMED > 医工連携事業化推進事業アドバイザー・コンサル


AMED医工連携事業化推進事業 アドバイザー

アドバイザー就任

 医工連携事業化推進事業の『アドバイザー(推奨)』の役を担います。

 医工連携を『専業』として従業した『経験者』です。有識者であるかどうかは外からの判断になりますが、『医工連携』の専門家として活動したことがあるのは事実です。

 公募要領には『医工連携事業化推進事業有識者』と記載がありますが、この人物を探すのが容易ではないと思います。



どこまでも並走

 コンソーシアムのメンバーとしてアサインしますので、最後まで並走します。

 AMED事業には伴走コンサルティングサービスがありますので、そちらとは重複しない立ち位置からアドバイザーとしての役を果たします。



専門的アドバイス

 形式的なアドバイザー就任ではありません。

 医工連携の実務経験者として、医療従事者として、また様々な事案の経験者としてアドバイザーの役を担います。

 モノづくり企業様が持ち合わせない『医療』に関する知識や用語解説、医師との空気感などをお伝える事ができます。

主たる担当者の講演実績等



稀少人材:医工連携実務経験者+医療免許

 医工連携人材には"医療機器開発経験者"や"エンジニア出身"という医工連携適任者は多く居られますが、ストレートに『医工連携』を生業として経験された方は滅多に出会いません。

 当社人材は国立高度専門医療研究機関や東証一部上場企業で医工連携を専業とした、ストレートに『医工連携経験者』です。医療界と産業界、アカデミア、行政などの相互関係、境界領域を最適化する仕事を何年も従業してきた経験があります。

 また、養成大学を出て医療免許を取得している医工連携実務者という面でも稀少性があります。

私たちの特殊性(激レア人材とスキル)




AMED医工連携事業化推進事業コンソーシアム(共同体)体制図




AMED医工連携事業化推進事業 コンサルティング

コンソーシアム包括

 AMED事業のコンソーシアムメンバーとしてはアサインせずとも、コンサルタント(顧問)としてコミットメントします。

 コンソーシアムの代表機関との顧問契約などの形で関わります。



分担機関・SL

 コンソーシアムメンバー企業や分担機関代表者をサポートします。

 AMED(コンソーシアム)の経費を使わず、自社の経費として当社をご活用いただくことを想定していますが、専門的な作業についてはコンソーシアム全体にも波及しますので、業務の受託方法については柔軟に応じられます。



戦略策定支援

 公募要領のPLやSLの欄にも書かれているように『事業化に向けた戦略を策定』するお仕事をサポートします。

 当社では医療機器の臨床評価(製品評価)の受託も行っており、調査に基づいた事業化戦略策定に強みがあります。

医療(ユーザー)評価



事業化推進支援

 事業化戦略に基づくプロジェクト管理や共同体内調整を通じ早期に事業化を推進しなければなりません。

 当社では医工連携を『事業化推進』の立場で後押ししております。
 一部の人の満足でなくみんなが欲しい物の開発、みんなが欲しいなら早くみんなに届けようというスタイルで医工連携をサポートしています。

実績(医工連携事業化推進)



事業計画作成支援

 AMEDの医工連携事業化推進事業で求められる結果は『事業』です。

 物を作って世に出すだけの『製品化』はできても、事業性を持った『商品化』は容易ではありません。

 当社では事業性がなければ商品は永続的に供給されず、迷惑を被るのは医療従事者であり患者であると考え、商品化されるよ開発支援を行っています。





費用

応相談

 AMEDの助成範囲で仕事をする場合は、その計画に応じた費用で相談させて頂きます。

 分担機関等の個別企業とのご契約については、月額1万円から内容に応じて相談させて頂きます。





お問合せ

 お問合せ、ご相談はお気軽にご連絡いただければと思います。






AMEDとはAMED事業AMED医工連携事業化推進事業アドバイザー




療養住環境最適化・強靭住環境
ブラックアウト病院BCP(全域停電医療BCP)
今月のイチオシ(NES)

↓ 広告 ↓

↑ 広告 ↑