本文へスキップ

ヘルスケア分野と異業種との境界領域最適化

医工連携事業化推進Consulting for Healthcare Business Creation

トップページ > 医工連携事業化推進コンサルティング > 私たちの研究開発


研究・開発・調査・検討

暗中模索から実践へ

 医工連携の黎明期、どうやって医療者と産業界が出会うのか、出会ってからどう進めればWin-Winの関係が構築できるか、当時は暗中模索でした。

 医療を知らないはずの企業が、独自に医療機器らしき物を作ってしまい、医療現場では到底使用できない物に仕上がる、こうした物をいくつも見ました。

 神の手のような特別な医師しか使えないようなツールを開発し、まったく売れないであろう物が仕上がっていく様子も見て来ました。

 それらが単に失敗であるのか、成功のための礎であったかは定かではありませんが、失敗談ばかりで成功者が出なければ医工連携は減退してしまいます。

 企業も医療者も患者も、皆がhappyになれるような医工連携をめざし、様々な検討や研究を行っています。


深読み、先読み

 私たちは課題解決型・事業化推進型の医工連携を実践しています。

 課題解決とはマーケットインとも密接な関係にありますが、真のニーズを捉えてソリューションを提供することで、ニーズに共感する多くの医療従事者が解決策としてその開発物を選択することにより、医療現場では課題解決が、産業界では事業性が得られるというモデルです。

 事業性の有無については『真のニーズ』を的確に捉える目利きの力、近未来を含め将来の医療がどう傾くのかを見抜く先見性が必要になります。

 この『真のニーズ』が意外と見つかりません。例えば『動きやすい車椅子が欲しい』というのは、本当は車椅子の事ではなく移動手段自体が患者ニーズであるかもしれませんし、本当は看護師が移動させやすいことかもしれません。更に追求すると移動させなくて済む方法の方がニーズかもしれません。

 真のニーズの抽出方法について、研究を重ねています。







療養住環境最適化・強靭住環境
ブラックアウト病院BCP(全域停電医療BCP)
今月のイチオシ(NES)

↓ 広告 ↓

↑ 広告 ↑