本文へスキップ

ヘルスケア分野と異業種との境界領域最適化

医工連携事業化推進Consulting for Healthcare Business Creation

トップページ > 医工連携事業化推進 > 実績 > 簡易陰圧装置 > CDCガイドライン


CDC

CDC

 CDCとはCenters for Disease Control and Preventionの略称で、米国疾病予防管理センターなどと和訳されます。医療従事者であれば『CDCガイドライン』という言葉はよく耳にしています。使い捨て診療材料の交換頻度や、消毒方法などCDCを参考にしていることが多くあります。

Centers for Disease Control and Prevention (CDC)



簡易陰圧装置

CDCガイドライン

 CDCからは様々なガイドラインが刊行されており、世界中で参照されています。

 日本国の法律ではないので遵守義務はありませんが、医療界としての常識や水準として広く取り扱われています。

 今回は"Guidelines for Environmental Infection Control in Health-Care Facilities"を参照します。

CDC: Guidelines for Environmental Infection Control in Health-Care Facilities



簡易陰圧装置

2.5Pa要件

 陰圧隔離室を作る際、2.5Paの差圧が必要という話題が良く出てきます。
 その根拠はCDCガイドラインに由来します。

 その記述は本文の"Recommendations --- Air"(推奨事項:空気)の章の第4項"IV. Infection-Control and Ventilation Requirements for AII Rooms"(空気感染隔離室の感染制御および換気要件)に掲載されています。
※AIIはAirborne infection isolationの略

 この項では、廊下より連続的に負圧を維持、その値は2.5Pa(0.01インチ水柱)とすること、定期的に、できれば毎日気圧をモニタリングし、結果を文書化すること、測定方法はマノメーターやスモークチューブが明記されています。




医療機関の環境に関する感染管理

簡易陰圧装置

Guidelines

 "Guidelines for Environmental Infection Control in Health-Care Facilities"とは、医療施設における環境の感染管理のためのガイドラインと訳すことができると思います。

 すなわち、患者ではなく環境に関する感染管理に特化したガイドラインです。



Guidelines for Environmental Infection Control in Health-Care Facilities

Recommendations of CDC and the Healthcare Infection Control Practices Advisory Committee (HICPAC)

医療施設における環境の感染仮のためのガイドライン

CDC(米国疾病予防センター)と医療感染管理実践諮問委員会(HICPAC)の推奨事項


Prepared by

Lynne Sehulster, Ph.D.
Division of Healthcare Quality Promotion National Center for Infectious Diseases

Raymond Y.W. Chinn, M.D.
HICPAC member Sharp Memorial Hospital San Diego, California

The material in this report originated in the National Center for Infectious Diseases, James M. Hughes, M.D., Director; and the Division of Healthcare Quality Promotion, Steven L. Solomon, M.D., Acting Director.

作成委員

リンセフルスター博士(国立感染症センターヘルスケア品質推進課)

レイモンドY.W. チン医師(HICPACメンバー/カリフォルニア州サンディエゴシャープメモリアルホスピタル)

このレポートは国立感染症センターJames M. Hughes局長(医師)とヘルスケア品質推進課Steven L. Solomon部長代理(医師)が発案したものです。


Summary

The health-care facility environment is rarely implicated in disease transmission, except among patients who are immunocompromised. Nonetheless, inadvertent exposures to environmental pathogens (e.g., Aspergillus spp. and Legionella spp.) or airborne pathogens (e.g., Mycobacterium tuberculosis and varicella-zoster virus) can result in adverse patient outcomes and cause illness among health-care workers. Environmental infection-control strategies and engineering controls can effectively prevent these infections. The incidence of health-care--associated infections and pseudo-outbreaks can be minimized by 1) appropriate use of cleaners and disinfectants; 2) appropriate maintenance of medical equipment (e.g., automated endoscope reprocessors or hydrotherapy equipment); 3) adherence to water-quality standards for hemodialysis, and to ventilation standards for specialized care environments (e.g., airborne infection isolation rooms, protective environments, or operating rooms); and 4) prompt management of water intrusion into the facility. Routine environmental sampling is not usually advised, except for water quality determinations in hemodialysis settings and other situations where sampling is directed by epidemiologic principles, and results can be applied directly to infection-control decisions.

This report reviews previous guidelines and strategies for preventing environment-associated infections in health-care facilities and offers recommendations. These include 1) evidence-based recommendations supported by studies; 2) requirements of federal agencies (e.g., Food and Drug Administration, U.S. Environmental Protection Agency, U.S. Department of Labor, Occupational Safety and Health Administration, and U.S. Department of Justice); 3) guidelines and standards from building and equipment professional organizations (e.g., American Institute of Architects, Association for the Advancement of Medical Instrumentation, and American Society of Heating, Refrigeration, and Air-Conditioning Engineers); 4) recommendations derived from scientific theory or rationale; and 5) experienced opinions based upon infection-control and engineering practices. The report also suggests a series of performance measurements as a means to evaluate infection-control efforts.

概要

 医療施設の環境は、免疫不全の患者を除いて、疾患の伝染に関与することはめったにありません。
 それにもかかわらず、環境病原菌やまたは空中病原菌への不注意な曝露は、患者に有害な結果をもたらし、医療従事者への感染起こす可能性があります。
 環境感染制御戦略とエンジニアリング管理は、これらの感染を効果的に防止することができます。
 ヘルスケア関連の感染症と疑似アウトブレイクの発生率は、清掃係と消毒剤に適切な使用、医療機器の適切なメンテナンス、血液透析の水質基準、隔離室等の専門医療環境の換気基準の順守、施設への浸水への迅速な管理をすることで最小限に抑えることができます。
 血液透析等の水質測定を除き、ルーチンでの環境測定は通常は推奨されません。環境測定は疫学の原則に基づいて行われ、その結果は感染対策に直接適用されます。

 このレポートは、医療施設における環境関連感染を防止するためガイドラインと戦略をレビューし、推奨事項を提供します。
 これらには、科学的理論または理論的根拠に基づく建築および設備の専門組織の推奨、連邦政府機関のガイドラインおよび標準の研究要件によってサポートされる証拠に基づく推奨、および感染管理とエンジニアリングの実践に基づく経験豊富な意見が含まれます。
 レポートはまた、感染制御の取り組みを評価する手段として、一連のパフォーマンス測定を示唆しています。







療養住環境最適化・強靭住環境
ブラックアウト病院BCP(全域停電医療BCP)
今月のイチオシ(NES)

↓ 広告 ↓

↑ 広告 ↑