本文へスキップ

ヘルスケア分野と異業種との境界領域最適化

療養住環境最適化Consulting for home Care Environment

トップページ > サービスと技術 > 療養住環境最適化 > 災害に対するご家庭での備え~これだけは準備しておこう!~


災害に対するご家庭での備え~これだけは準備しておこう!~

療養住環境最適化 (在宅医療・在宅介護・高齢者施設)

ここでは災害に備え、ご家庭で取り組むべき主な対策をご紹介します。





家具の置き方、工夫していますか?

療養住環境最適化 (在宅医療・在宅介護・高齢者施設)

 阪神・淡路大震災や新潟県中越地震などでは、多くの方が倒れてきた家具の下敷きになって亡くなったり、大けがをしました。大地震が発生したときには「家具は必ず倒れるもの」と考えて、転倒防止対策を講じておく必要があります。

●家具が転倒しないよう、家具は壁に固定しましょう

●寝室や子ども部屋には、できるだけ家具を置かないようにしましょう。置く場合も、なるべく背の低い家具にするとともに、倒れた時に出入り口をふさいだりしないよう、家具の向きや配置を工夫しましょう

●手の届くところに、懐中電灯やスリッパ、ホイッスルを備えておきましょう



療養住環境最適化 (在宅医療・在宅介護・高齢者施設)

家具の固定方法

●タンス…床側をストッパーなどで固定し、天井側はポール式器具で固定する

●食器棚…L字型金具やワイヤーなどで壁に固定し、開き戸には開かないように留め金を付ける

●本棚…L字型金具やワイヤーなどで壁に固定し、重い本は下の段に

●テレビ…粘着マットを敷いて転倒を防ぐとともに、機器の裏側をワイヤーなどで壁やテレビボードに固定する

●冷蔵庫…裏側をワイヤーなどで壁に固定する

●窓ガラス…•強化ガラスに替えたり、飛散防止フィルムを張ったりする

家具の固定方法についてはこちらもご覧ください。

資料 首相官邸:家具の置き方、工夫していますか?, 災害に対するご家庭での備え LINK
資料 消防庁:地震による家具の転倒を防ぐには LINK
資料 消防庁:『ふせごう - 家具等の転倒防止対策 - 』(動画) LINK
資料 政府広報オンライン:災害時に命を守る一人一人の防災対策 LINK


ホイッスル

 『ここに居るよ!』と叫ぶより、ホイッスルの方が聞こえやすいです。

 映画タイタニックでも、ホイッスルが役に立ちました。

 枕元に1人1個、懐中電灯に括り付けても良いので、置いておきましょう。

 

枕元に懐中電灯

 ガラス片などを踏まないように避難するためには、懐中電灯は欠かせません。

突っ張り棒

 突っ張り棒で有名な平安伸銅工業から、様々なサイズの商品が出ています。

 人命や財産に関わるので、多少の価格差は目をつぶって老舗の商品を調達した方が良いかなと思います。

飛散防止フィルム

 窓ガラスだけでなく、家具に入っているガラスや、液晶テレビの前面ガラスなども割れれば飛散します。

 飛散防止フィルムは、特に避難通路になりそうな場所から施工していくと良いでしょう。

L字固定具

 持ち家ならば使えるビス止め用の金具です。

 下地にしっかり利かせれば、転倒の心配はなくなります。





食料・飲料などの備蓄、十分ですか?

 電気やガス、水道などのライフラインが止まった場合に備えて、普段から飲料水や保存の効く食料などを備蓄しておきましょう。

 防災のために特別なものを用意するのではなく、できるだけ、普段の生活の中で利用されている食品等を備えるようにしましょう。

食料・飲料・生活必需品などの備蓄の例(人数分用意しましょう)

●飲料水 3日分(1人1日3リットルが目安)

●非常食 3日分の食料として、ご飯(アルファ米など)、ビスケット、板チョコ、乾パンなど

●トイレットペーパー、ティッシュペーパー・マッチ、ろうそく・カセットコンロ など

※ 大規模災害発生時には、「1週間分」の備蓄が望ましいとされています。

※ 飲料水とは別に、トイレを流したりするための生活用水も必要です。日頃から、水道水を入れたポリタンクを用意する、お風呂の水をいつも張っておく、などの備えをしておきましょう。





非常用持ち出しバッグの準備、できていますか?

 自宅が被災したときは、安全な場所に避難し避難生活を送ることになります。

 非常時に持ち出すべきものをあらかじめリュックサックに詰めておき、いつでもすぐに持ち出せるようにしておきましょう。

療養住環境最適化 (在宅医療・在宅介護・高齢者施設)

非常用持ち出しバッグの内容の例(人数分用意しましょう)

●飲料水
●食料品(カップめん、缶詰、ビスケット、チョコレートなど)
●貴重品(預金通帳、印鑑、現金、健康保険証など)
●救急用品(ばんそうこう、包帯、消毒液、常備薬など)
●ヘルメット、防災ずきん
●マスク
●軍手
●懐中電灯
●衣類
●下着
●毛布、タオル
●携帯ラジオ、予備電池
●携帯電話の充電器
●使い捨てカイロ
●ウェットティッシュ
●洗面用具
●携帯トイレ
※乳児のいるご家庭は、ミルク・紙おむつ・ほ乳びんなども用意しておきましょう。

長期保存水

 長期保存できる飲用水は必須アイテムです。

 Amazonだと24本入1ケースで2,000円前後。スーパーなどでは『保存水』は特売にならないのでネット通販が優位かもしれません。

 5年過ぎる前に飲んでしまえば飲用ですが、5年過ぎても急激に腐ったりはしないので手洗いやトイレ用水としてストックしておいても良いと思います。

 飲用以外に灯油缶などに雑用水があると衛生状態を良く保てます。

レトルトカレー

 皿にのせてレンジでチン、袋のまま熱湯に入れて湯煎、どちらでもいけます。

 非常食用として買う場合は、温めなくても食べられますというタイプが良いです。
 温める事を前提としている商品は、肉の油がギトっとしていたり、野菜の食感がゾクっとするような物もあります。温めれば非常に美味しい物なのですが。

 グリコの常備用は3年保存、1個あたり100円くらいでお勧めです。

 食器を洗う水がもったいないので、太めのマグカップや計量カップに内袋のままズホっと差込み、封を切ってそのままスプーンで食べ、あとは袋ごと捨ててしまえば食器は汚れません。

非常持出袋 (リュックサック)

 収納する物が決まったら、それが入るサイズのバッグを用意します。

 電柱やブロック塀が倒れている中を歩かなければならないので、できれば両手が空くように背負うタイプが良いです。

 老若男女、背負える重さは十人十色ですので、あまり詰め込みすぎると避難時に持ち出せなくなってしまいます。

 中身の仕分けを細かくしたければace.GENE(エースジーン)やTUMIなどのビジネスバッグがお勧めです。

応急・救急セット

 セット品を買わなくても、必要な物をバラバラと集めても良いと思います。

 止血用にガーゼと絆創膏はあった方が良いですが、包帯は無ければタオルや靴下でも代用できますのでカバンの収納力に合わせましょう。

 消毒液はマキロンなどがあれば良いのですが、ペットボトル飲用水と手指消毒用のアルコールでも洗浄・消毒はできますので工夫してみてください。

 正露丸や胃腸薬、ロキソニンなどの頭痛薬、ルルなどの風邪薬などはあったら良いですが、発災時は多少の事は我慢できますので、無くても仕方ありません。
 一方で喘息の吸入薬や抗てんかん薬やのように服用できないと発作を起こす恐れがある医薬品は、出来得るならば非常用を別にストックしておくと良いです。

マスク

 建物が損壊すると、新築時から蓄積した年代物の塵埃が舞います。
 肺が調子悪いなと思ったときには菌に侵されている可能性があります。

 避難所は1枚の床板に何百人もの人が動き回ります。
 初日こそキレイでも、2日目からは掃除は行き届かず、人の出入りにより持ち込まれた砂や埃が、人が動くたびに舞い上がって体育館内を浮遊します。

 普段ならすぐに治してもらえそうな感染症も、医療機関が休業になり、救急車は要請に応じられないような状況では危険が迫る場合もあります。
 特に大震災では血を流している外傷患者が目立ちますので、静かに肺炎を起こしていても治療に行きつきませんので、まずはマスクで防護策をとります。

myヘルメット

 自分専用のヘルメット、家族の人数分確保しておきます。

 置き場所があれば工事現場にありそうなシンプルなタイプが安いです。
 折畳みできるヘルメットは収納しやすくなりますので、下駄箱などに入れておくには最適です。

 大地震の場合は必ず余震があります。1日に何百回とあり、建物が弱っているところに大きな余震がくると色々な物が落ちてきます。
 火災の場合もガラスが割れたり、屋根が吹き飛んで来たりします。暴風も風速40mを超えると時速150~200kmでモノが飛ばされ、角材なども飛んできます。
 ヘルメット、災害時の必需品です。

myグローブ

 何をするにも便利な手袋です。
 3Mの耐切創手袋は園芸で使う鎌や木工用のノコギリが当たっても大丈夫でした。
 手指へのフィット感が良いので、細かい作業をするにも向いています。
 サイズはXLまであり、バスケットボールを片手で持て、医療用で8~8.5の手袋を使う筆者でもXLでちょうど良く使っているので、手の大きな方にも合うと思います。

 瓦礫を持ち上げて家族を救出するとき、ガラス片を拾って片付けるとき、安全です。

 暗闇で手探りで前へ進む時は1人1双、マイグローブが基本です。

 綿軍手は使い捨て用に持っていても良いかもしれませんが、備蓄はかさばります。

my懐中電灯+照明用

 LEDの懐中電灯です。

 一家に1台では足りなかったです。
 停電時など最初に手に取るのは1個で良いですが、後々は足りません。
 家族が集まる場所に主照明として1個、トイレや風呂に行くときは別に1個。
 停電も2晩目になると家族がある程度自由に動くので、結局は1人1個必要ということですぐに増設しました。

 緊急用として玄関などに電池を入れた状態で1個常備、個人用はあとから電池を入れても良いと思いますが、台数分の電池は常備しておきましょう。

 例示した商品は2個セット、これまで何回か買い足したりプレゼントしたりしていますが、ズームとワイドを切替できるので、手持ちと部屋照明の両方に使えます。

乾電池

 言わずもがなの事ですが、乾電池は必需品です。

 使途を想像し、単三と単四電池は持っておきましょう。
 東日本大震災の直後、乾電池が品薄になりました。救援物資として送ってもらえると思いきや、モノが無い、明日は我が身と買いだめしている、といった状態でした。

 お子様のオモチャにもまだまだ乾電池は使われていますので、非常時に取り出せるようにドライバーも持っておきましょう。

携帯充電器

 とりあえず1個、確実に持ち出せるように確保しておきます。

 2018年の北海道地震ではよく報道されましたが、市役所などでスマホを充電させてもらえるとアナウンスがあっても、充電器は持込になります。

 充電器、必需品です。

手回し非常用ラジオ

 普段からラジオを聴くリスナーさんはカーオーディオであったり、店舗に据え付けのチューナーを使ったりしていると思います。

 非常用のラジオを専用に買うのは躊躇するところですが、SONYのラジオは検討する価値があると思います。
 普通のラジオとして乾電池で使う事ができ、普段使いできます。
 ラジオなので、当然ながらラジオが聞けます。AM/FMの両方です。

 LEDライトが付いています。できれば懐中電灯は別に持っていた方が良いとは思いますが、とりあえずの1台としてはこのラジオで十分です。
 手回しでダイナモから発電し、ラジオ、ライト、USB充電などに使えます。ここがポイントになると思います。貴重な電源になります。太陽光充電もできます。

 イヤホンにも対応しているので、避難所で迷惑をかけずに使う事もできます。

Tシャツ

 着替え、どうしますか。

 パジャマと作業着が兼用できるジャージは、捨てそうな物で良いのでストックしておきましょう。

 インナーは雨でビショ濡れになったり、瓦礫撤去で汗をかいたりするので、できればマルチに使えるTシャツを持っておくと良いでしょう。

 発災後1週間以内に救援物資として大量に届くことを期待するとして、数日分だけは自前で持っておくと良いと思います。

 濡れてしまわぬよう、ジップロックなどに入れておくと良いです。

タオル

 持出用バッグにはフェイスタオルを何枚か入れておきましょう。

 避難する際には、普段使っている物で良いのでバスタオルを数枚持ち出しましょう。

 車などにストックするのであれば、バスタオルを車に積んでおきましょう。膝掛けと兼用できるようなお気に入りのタオルを見つければ、リーズナブルです。

毛布

 被災時用には好評の毛布です。

 普段使いの毛布類は肌触りや重さなど好みが別れますので、それはそれとしておきます。

 車をお持ちの方は車中泊にもこの商品は良いです。
 会社で帰宅難民用に買ってもらうにも良いと思います。

 冬場、ユニクロのウルトラライトダウンと合わせれば、1~2晩は何とか過ごせると思います。

カイロ

 1人1日2枚、1週間分くらいあると良いでしょう。

 緊急性が無いので支援物資として人数分届くとは思えないので、避難所で使う分もストックしておきます。

 普段からカイロを使う人は、最低在庫を20個などと決めて、早めの補充をしながら古い物を消化していきます。

 あまり使わないなぁという人も、一番寒い1~2週間だけでも使って消費し、新しい物と入れ替えていきましょう。

ウェットティシュ

 常用も非常用も関係ないので、ローリングストックで良いと思います。

 1人・1日・10枚を目安に、3日分くらいはあると良いでしょう。

 メーカーは推奨してくれないと思いますが、アルコールを使っていないノンアル純水タイプであれば温めて使うことができると思います。あくまで自己責任ですが。
 入浴できないとき、温かいオシボリのような物は癒やされます。

トラベルセット

 ビジネスホテルに置いてありそうな衛生用品です。

 バブラシ、歯磨き粉、シャンプー、ソープは自前で揃えておきましょう。

 ハイクラスのホテルに泊まると持ち帰り用に置いてあったりしますので、そうした物をため込んでも良いと思います。

桶・洗面たらい

 避難所で、コレを持っている人とそうでない人では、生活のパフォーマンスが大きく変わります。

 家で避難生活をする場合でも、広口の桶は有用です。

 洗顔などに使えるだけではありません。
 洗濯にも使えます。
 逆さにして枕にする人も居ます。
 配給食の運搬トレイとしても使います。

携帯トイレ

 トイレ事情、最悪だと思ってください。

 学校のトイレや仮設トイレも半日で糞尿だらけの地獄絵図と化すこともあります。

 自宅トイレも排水管が壊れていれば流せません。

 そうしたとき、どこでもトイレになるセット商品は価値が高まります。

防犯ブザー

 日本では少ないと言われていますが、被災地での性的被害は危険性を否めません。

 トイレやシャワールーム、すべてが仮設なので無防備になりがちです。

 災害を経験した被災地の避難所には、公共の備蓄として防犯ブザーが便器の数だけ用意してあるところもあるようです。
 それだけ必要性があったようです。

粉ミルク(固形キューブ)

 普段お子様に与えているミルクのストックです。

 味が変わると飲まない乳児も少なくないので、平時と同じものが良いです。

使い捨て哺乳瓶

 哺乳瓶は消毒して乾かしている、という状態が多いと思います。

 非常時に持ち出せるかわからないという人は、使い捨ての物をストックしておくと良いでしょう。

 発災2~3日目には市役所等に救援物資として届くと思いますので、そちらを貰いに行くまでの間、つなぎとめましょう。

オムツ

 『大は小を兼ねる』という物でもないので、ちょうど良いサイズを何枚か持っておくと良いでしょう。

 少し成長を先取りしたサイズでも備蓄分は良いかもしれません。

お一人様テント (授乳・トイレ・着替)

 車中泊でも避難所生活でも、完全プライベート空間を得るのは大変です。

 この一人用テントは着替えや授乳に適したサイズです。

 組み立ては簡単。バッグから取り出すだけです。

 この中で排泄するのは気が引けますが、野原でするよりマシです。

 イメージとしては電話ボックス。寝転がる事はできません。

トイレットペーパー(超ロング)

 長いトイレットペーパーです。

 業務用だと150mや180mという物があります。

 あまりかさばる訳には行かない持出用なので、1本でロングタイプが良いです。



非常用持ち出しバッグについては、こちらもご覧ください。

資料 消防庁:防災グッズの紹介 LINK
資料 消防庁:防災マニュアル -震災対策啓発資料- LINK
資料 消防庁:非常用持ち出し品チェックシート LINK
資料 FDMA: Check sheet, emergency items to take with you LINK
資料 政府広報オンライン:災害時に命を守る一人一人の防災対策 LINK



くまモン特別講座!くまでもわかる!?「地震への備え」(内閣府)

 食料の備蓄や家具の固定など、ご家庭で日頃から取り組める「地震への備え」や、共に助け合う被災地支援などについて、平成28年熊本地震を経験した人気ご当地キャラクターのくまモン(熊本県)が分かりやすく説明します。ぜひご覧ください。





ご家族同士の安否確認方法、決まっていますか?

 別々の場所にいるときに災害が発生した場合でもお互いの安否を確認できるよう、日頃から安否確認の方法や集合場所などを、事前に話し合っておきましょう。災害時には、携帯電話の回線がつながりにくくなり、連絡がとれない場合もあります。その際には以下のサービスを利用しましょう。

療養住環境最適化 (在宅医療・在宅介護・高齢者施設)

災害用伝言ダイヤル

局番なしの「171」に電話をかけると伝言を録音でき、自分の電話番号を知っている家族などが、伝言を再生できます。

※一般加入電話や公衆電話、一部のIP電話からご利用できます。
※携帯電話・PHSからもご利用できます。詳細は以下のページをご覧ください。

資料 政府インターネットテレビ:171 ~災害用伝言ダイヤル LINK



療養住環境最適化 (在宅医療・在宅介護・高齢者施設)

災害用伝言板

 携帯電話やPHSからインターネットサービスを使用して文字情報を登録し、自分の電話番号を知っている家族などが、情報を閲覧できます。

資料 政府インターネットテレビ:知っていますか?災害用伝言板 LINK





避難場所や避難経路、確認していますか?

療養住環境最適化 (在宅医療・在宅介護・高齢者施設)

 いざ災害が起きた時にあわてずに避難するためにも、お住まいの自治体のホームページや国土交通省ハザードマップポータルサイトなどから防災マップやハザードマップを入手し、避難場所、避難経路を事前に確認しておきましょう!

資料 国土交通省:ハザードマップポータルサイト LINK

※豪雨、津波、火山噴火など、災害の種類によって安全な避難場所が異なります。

 それぞれの災害をイメージして、どのように行動すれば安全に避難できるか家族で考えてみましょう。


分県地図

 昔からある、1枚モノの折り畳まれた地図です。

 全体を見渡して作戦を立てるときに便利です。

 全都道府県の物が発行されています。

ハンディマップル

 A6判、手帳サイズのポケットに入る地図です。

 全国を網羅している訳ではないので、ある程度の人口や観光がある都市だけ発行されています。

 携帯しやすく、地図も見やすいので、お住いの地域に発行があればお買い得だと思います。

災害時・帰宅支援マップ 

 マップルを発行する昭文社の帰宅支援地図です。

 東京など通勤で利用している人には必須アイテム、会社で支給して貰えるとありがたい本です。

おかえりQR

 QRコードのシールを読み取ると、登録者情報が得られるという物です。

 迷子や徘徊老人などを保護する目的で使用されます。





関連お役立ちサイト

療養住環境最適化 (在宅医療・在宅介護・高齢者施設)

内閣府防災

 災害状況, 被害状況の公表のほか、防災対策情報や内閣府の防災に関する政策等を公開しています。



療養住環境最適化 (在宅医療・在宅介護・高齢者施設)

TEAM防災ページ

 防災に関する最新情報、自助・共助に関するアイディア、教育コンテンツが集約されたポータルサイトです。



療養住環境最適化 (在宅医療・在宅介護・高齢者施設)

政府広報オンライン日頃の備えページ

 地震、津波などの災害に対する備えを7種類のショートムービーで紹介しています。





もしもの時の情報収集

 東日本大震災直後、通信インフラ等が多大な被害を受ける中、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)が情報伝達の手段として広く活用されました。

 ここでは、災害時に役立つ政府の公式ツイッターアカウントをご紹介します。これを機にぜひ、フォローしておいてください。

 また、電話やインターネットができなくなったり遅い場合は、スマートフォンや携帯電話のワンセグ機能でテレビ放送を見ることでも情報収集が可能です。ぜひあらかじめご自分の生活範囲でワンセグが受信可能かチェックしてみてください。

療養住環境最適化 (在宅医療・在宅介護・高齢者施設)

首相官邸(災害・危機管理情報)  @Kantei_Saigai

 地震、台風、大雨や重大事件など、災害・危機管理関連の政府活動情報をお届けいたします。


資料 首相官邸:災害に対するご家庭での備え~これだけは準備しておこう!~ LINK



療養住環境最適化 (在宅医療・在宅介護・高齢者施設)

首相官邸(被災者応援情報)  @kantei_hisai

 全国の大規模災害で被災された皆さまに向けて、各省庁が発信している情報をリツイートすることなどにより、お届けいたします。



療養住環境最適化 (在宅医療・在宅介護・高齢者施設)

総務省消防庁  @FDMA_JAPAN

 大規模災害が発生した際、消防関連情報をお届けいたします。



療養住環境最適化 (在宅医療・在宅介護・高齢者施設)

防衛省  @bouei_saigai

 災害時、自衛隊の派遣状況などの関連情報をお届けいたします。



療養住環境最適化 (在宅医療・在宅介護・高齢者施設)

内閣府防災  @CAO_BOUSAI

 災害情報や防災・減災に関する情報を中心にお届けいたします。



療養住環境最適化 (在宅医療・在宅介護・高齢者施設)

気象庁  @JMA_kishou

 災害への警戒を呼びかける報道発表等の情報をお届けいたします。なお、警報などの最新の情報は気象庁ホームページなどをご覧ください。










療養住環境最適化・強靭住環境
ブラックアウト病院BCP(全域停電医療BCP)
今月のイチオシ(NES)

↓ 広告 ↓

↑ 広告 ↑