本文へスキップ

ヘルスケア分野と異業種との境界領域最適化

療養住環境最適化Consulting for home Care Environment

トップページ > 療養住環境最適化 > サービスプランと価格 > 一軒まるごとパッケージサービス



療養住環境アドバイザリ1軒パッケージ

療養住環境最適化 (在宅医療・在宅介護・高齢者施設)

シームレス化、一貫性

 医療や介護が行われる現場となる住環境のアドバイザリーを、区切らず一連として実施させて頂くサービスです。

テーラーメイド、柔軟性

 ケアを受けるお一人ごと、世帯ごとに事情が異なりますので、テーラーメイドのサービスをご提供いたします。

 マンション、一軒家、高齢者施設など形態は問いません。図面や周辺情報を頂戴して、適した助言や提案をさせていただきます。

アドバイザーは工事をしない

 当社は建築屋や工務店ではありません。自ら工事を受託するわけではありません。
 工事をしないので、工事で儲かる方向へ進める事もなく、また工事費を安くするだけの専門家でもありません。
 『療養住環境』という視点から、いくつかの案を示し、選択の機会を用意するのが仕事です。
 工事をしないから無責任ではなく、患者にとって最高最適を目指すことができるアドバイザーです。





遠隔型パッケージ

療養住環境最適化 (在宅医療・在宅介護・高齢者施設)

メール・郵送

 図面や要件などをメールか郵送で頂戴してコメントを返します。

 概ね1週間程度で第一案をお返しし、その内容についての質疑応答を続けます。
 概ね半月〜1か月程度でサービスを完了させられるようにします。

 図面に書き込んだアドバイスが主な成果物になります。

 面談や訪問をご希望の場合はオプショナルサービスとして提供させて頂きます。



療養住環境最適化 (在宅医療・在宅介護・高齢者施設)

遠隔型パッケージ費用

 介護や療養を受ける方が1名、一般的な住宅に入居する際の療養住環境整備についてはパッケージ料金が適用されます。

パッケージ価格 50,000円(税別)
パッケージ価格は今だけ3万円(税別・軒数限定)


パッケージ価格





遠隔型の主な流れ

療養住環境最適化 (在宅医療・在宅介護・高齢者施設)

概要

 まずはご依頼内容を確認させて頂きます。

 どのような建物に、どのような方が住み、どのような生活を送りたいと思っているかなどをお聞かせいただきます。
 ここでお聞かせいただいた内容で提案書の何割かが出来上がります。



療養住環境最適化 (在宅医療・在宅介護・高齢者施設)

調査

 概要調査で不明であったことや、いくつかの選択肢に分かれた部分などについて調査します。

 遠隔で質疑応答で進めます。

 リアリティある情報をいただくために、宅内の写真をお預かりすることもあります。



療養住環境最適化 (在宅医療・在宅介護・高齢者施設)

提案

 ここまでの調査の結果、どのような整備や改修をすると良いかご提案申し上げます。

 提案は当社所見からの1つの案ですので、主治医の先生や工事屋さんのご意見を否定するものではありません。
 迷ったときは、お気軽にご連絡いただくようにお願いしております。

 この時点で、ほぼ業務は完了しています。概ね1〜2週間を見込みます。

提案図サンプル



療養住環境最適化 (在宅医療・在宅介護・高齢者施設)

観察

 工事が始まったあとは様子観察期間となります。

 私たちは工事店でも監督者でもないので、工事期間中は業者様任せです。
 図面どおりに仕上がるのを待ちます。

 施主様よりご相談があれば対応いたします。



療養住環境最適化 (在宅医療・在宅介護・高齢者施設)

調整

 工事期間後、必要があれば調整いたします。

 ありがちなのは『照明器具が廃盤で後継機に変更したが問題ないか』といった関係の問合せですが、非常に重要です。
 例えば『大きなボタンのリモコンが付属される機種』を選ぶよう助言したにも関わらず、後継機種がデザイン変更されタッチパネルにでもなっていたら、まったく使えません。



療養住環境最適化 (在宅医療・在宅介護・高齢者施設)

入居

 改修された住環境へご入居されます。

 ここから新たな療養生活や介護生活が始まります。

 お気づきの点があればご連絡頂きますが、私たちの業務は一旦終了します。

 病状の変化や家族の要望などにより新たな改修が生まれることもありますので、私たちはフォローアップに積極的に取組んでいます。









訪問付パッケージ商品

訪問付パッケージ

 訪問付パッケージは、患者宅への現地訪問が1回、その他の対応もすべて含め、メールも無制限に対応するといった完全盤です。



療養住環境最適化 (在宅医療・在宅介護・高齢者施設)

どのくらい接するのか?

 1名の要介護者や療養患者を受け入れるために行われる改修工事の範囲はだいたい同じです。

 寝室(居室)、トイレ、風呂、廊下、玄関といったエリアです。
 特に療養住環境で配慮されるべきは寝室になります。

 そうした改修工事の一例を、時間配分などを含めてご紹介します。

 下記内容はパッケージサービス、追加料金なしのケースです。

対応 回数等 内容 
1回 事前の概要ヒアリングで提案書を5割ほどつくり現地を訪問調査。そこで得た新たな情報に基づきそのまま提案と説明を行い、訪問は1回。滞在時間は現地調査に2時間程、提案作成で1時間休憩を挟み、2時間程で提案内容を説明。
2回 訪問前の事前ヒアリングとしてメールでも済みますが、面談を希望されれば直接お会いしてご要望などをお聞きします。訪問前にご家族の方が来社されて資料などを見ながら相談することは非常に重要です。
2回 図面への書き込みや資料提示によって、相互理解が得られやすいと施主様が感じれば電話をまったくしない案件もあります。その場合はメールと面談が有効的な手段になります。
30通程 最初は間取り図の書き方や床が畳なのかフローリングなのかを確認する作業などでメールの往復が多くなります。ご家族の『ここは譲れない』といったことや病院で受けた説明の要旨などを送受信します。メールの本数を気にしないで良いのく気軽に扱える点がパッケージの特徴です。


追加料金が発生するとき?

 メールには上限を設けておりません。よっぽどなときはご面談いただくなど相互に負担にならず、工期などにも影響を最小化する策を講じます。

 面談は概ね2回までとしています。
 ご理解、ご納得いただかなければアドバイスになりませんので、回数で切ることはございませんが、内容が追加されていく場合には費用についてご相談させていただく場合もございます。

 訪問は1回までとしています。訪問は不要なので面談回数を増やしたいという要望にもお応えしています。
 訪問を追加ご希望の際は、旅費のご負担も併せてお願いしております。









オプション

療養住環境最適化 (在宅医療・在宅介護・高齢者施設)

面談

 当社(または指定待合せ場所)にてご面談いただくサービスです。

 1枠2時間以内で、早朝・深夜・土日も対応しています。


※.当社で面談する場合の弊社交通費はかかりません。
※.ご依頼者様の交通費はご自身でご負担いただきます。
※.特に諸費用がかかる場合は事前にご案内いたします。



療養住環境最適化 (在宅医療・在宅介護・高齢者施設)

訪問

 ご指定の場所へ弊社コンサルタントが訪問いたします。

 訪問場所は工事現場、入院中の病室、住設ショールーム、不動産屋さん、親戚宅などどこでも参ります。

 1枠2時間以内で、早朝・深夜・土日も対応しています。


※.当社より訪問場所までの交通費は別途ご請求いたします。旅費については別表をご参照ください。











医療・介護・福祉系の工事でお困りの建築屋・工務店・設備業者・リフォーム業者のみなさま

これから医療・介護・福祉サービスを受けられる患者様・ご家族様に環境整備の情報提供をしています。

患者様・入所者様をこれから送り出す、迎え入れる医療・介護・保健・福祉関係のプロ向け情報


療養住環境最適化・強靭住環境
ブラックアウト病院BCP(全域停電医療BCP)
今月のイチオシ(NES)

↓ 広告 ↓

↑ 広告 ↑