本文へスキップ

ヘルスケア分野と異業種との境界領域最適化

知る・楽しむ!Enjoy

トップページ > 知る・学ぶ・楽しむ > 緊急警報(災害速報)をSIMフリー格安スマホで見る

 災害が発生すると緊急警報として行政からスマホへメッセージが届きます。
 災害訓練の際にも"DRILL"などのタイトルで届くことがあります。
 見逃してしまった時、再度見る方法がわからないという方も少なくないのでご紹介します。




SIMフリースマホで緊急警報(速報)を見る

 緊急地震速報などマナーモードでも携帯が鳴動し、危険を知らせてくれる便利な機能があります。

 格安スマホでも警報を受取ることができるようになりましたが、一度画面を消してしまうと再び確認することができない、という場面に遭遇してしまうことがありました。

 また、大阪国際空港(伊丹空港)に居た際には、緊急警報が受信できている人が半数くらい、残る半数は受信できていませんでしたが、自分には届いていないのかを確認するためにも、メッセージ履歴を開きたいと思う事がありました。

 ここでは速報の開き方などについて解説します。






緊急警報(速報)を開く

 速報を受信した直後は画面にメッセージが表示されていますが、一度消してしまうとどこかに隠れてしまいます。その隠れたメッセージの開き方を順番に説明します。



1.SMSメッセージアプリ

 携帯電話番号さえわかれば送信できるSMS(ショートメッセージ)というサービスがキャリアを問わず存在します。

 SMS専用のアプリがインストールされているはずですので、開いてい下さい。



2.設定画面

 アプリを開くとメッセージ一覧が出て来ます。

 この一覧には緊急速報は表示されないので、点が3つついた設定キーをタッチします。



3.詳細画面

 設定一覧から『詳細設定』をタッチします。



4.緊急速報メール

 詳細設定画面でようやく『緊急速報メール』という選択肢が現れますのでタッチします。



5.履歴一覧

 緊急速報として受け取ったメッセージの一覧が表示されます。






速報受信設定

1.設定

 スマホ端末の『設定』を開く。

 アプリ一覧から開く方法や、タブなどから選ぶ方法など端末により異なります。



2.アプリと通知

 設定画面から『アプリと通知』を選択します。



3.緊急警報

 アプリと通知から『緊急警報』をタッチします。



4.個別設定

 受信したい警報を選択します。






緊急警報の実際

訓練

 訓練のアラートメッセージは3月11日の東日本大震災、9月1日の防災の日に合わせて流されることが多いです。

 2020年1月17日の阪神淡路大震災に係るイベントでは、住民からの苦情によりアラートメッセージの配信が中止されてしまい、実際に受信できるか確認することができませんでした。

 多いところでは年4回、定期的に訓練している地域もありますので、気になる方は市役所のホームページなどから確認して、対象地域に出向かれると良いかと思います。



実際

 実際の緊急警報の画面は、訓練用と違いがありません。

 異なる点は内容です。
 リアルな避難勧告などの発令がエリア住民のスマホに飛んできます。



防災無線

 緊急警報メールは、防災無線を補完するシステムです。

 通信の確実性は防災無線の方が各段に高いです。
 しかしながら、屋外スピーカーの音響が届く範囲はさほど広くなく、主に屋外に居る人に知らせるための音量であり、スピーカーから遠ければ屋外に居ても聞こえないという弱点があります。

 スマホの電波切れは少ないかもしれませんが、そもそも電源が入っていないという可能性もありますので、情報を受信できる方法は複数備えられていると良いと思います。



屋内用防災無線受信機

 豪雨の中で無線放送が行われても、まったく聞こえない家がたくさんあります。

 停電や電柱倒壊などにより携帯電話の基地局自体が被災してしまうと、スマホへの緊急警報は届きません。
 テレビやインターネットも使えない状態になります。

 そのようなときに、戸別に防災無線を受信できる装置があれば安心ですが、そのような装置は個人がお店で買うようなものではありません。

 先進的な自治体では、数量限定ではありますが、貸与を始めています。



療養住環境最適化・強靭住環境
ブラックアウト病院BCP(全域停電医療BCP)
今月のイチオシ(NES)

↓ 広告 ↓

↑ 広告 ↑