本文へスキップ

ヘルスケア分野と異業種との境界領域最適化

非常時医療事業継続計画Medical Business Continuity Plan (m-BCP)

トップページ > m-BCP (医療サービス事業継続計画) > COVID-19特設ページ

COVID-19 新型コロナウイルス感染症 特設ページ


COVID-19

特設ページ開設

 2019年冬に中国湖北省武漢市を中心に感染拡大が始まった新型コロナウイルス感染症はWHOにより"COVID-19"と命名されました。

 2020年3月11日にWHOからパンデミックが宣言されましたが、既に数千人の死者と10万人以上の罹患者が居たと言われています。

 日本では寄港したクルーズ船内での感染が話題となり、当初は水際対策が展開されましたが徐々に国内にも広がったため第2段階に入り、一斉休校など行動制限や自粛が始まりました。

 BCP(事業継続計画)のコンサルティングを生業とする当社では関係先への情報提供や個別相談に応じて参りました。
 東京五輪延期の決定と共に、事態の収束には時間を要すると判断し情報提供用の特設ページを開設する事といたしました。

2020年3月25日

COVID-19 パンデミックとオーバーシュート米国ニューヨークのCOVID-19対応COVID-19 BCP・BCM 企業・一般向けCOVID-19 BCP・BCM 医療向けCOVID-19 BCP・BCM 地域社会向けCOVID-19 いま、自然災害が起きたら!?COVID-19 デバイス需要・新規開発・国産化ニーズ新型コロナウイルス感染症対策 Stay at home





COVID-19の危険

危険性

 COVID-19(新型コロナウイルス)の危険性は治療薬や予防用ワクチンが無い事です。重症者に対しては、肺炎を乗り切るための治療は施せますが、根本原因をたたく手段がありません。

 無症状(不顕性)の患者も少なく無いことは、感染拡大の危険性を高めていると言えます。
 徐々に感染経路が分からない患者が増えていき、パンデミックに至ったケースが世界各地でみられます。

 治療法の未確立、感染経路の不明さ、感染拡大によるリスクなどから外出を規制する動きが強まる事で、ビジネスにも大きく影響が出ます。
 BCPの観点から見れば、社員や関係者を感染者にしないための安全対策は必要ですが、皆の生活を守るためにビジネスが廃業とならないようにする方策も必要です。

 COVID-19には、多様な危険が潜んでいます。

CNN: Ken Shimura, famed Japanese comedian, dead at 70 after contracting coronavirus (March 30, 2020)





世界的大流行・爆発的患者急増

Pandemic (パンデミック)

 パンデミックとは感染症の流行が全国的に、あるいは世界的に広がった状態を言います。

 WHOがパンデミックを宣言したということは、世界的に感染症が拡がったということになりますので、各国では海外渡航を規制し、互いに感染を拡げないように努めます。

 各国で検査体制や診断基準が異なるため、一律に危険度を比較することはできませんが、感染者が増えている国では医療崩壊が起こらぬよう入国や行動を制限し、感染者が少ない国では感染拡大が起こらぬよう制限をかけます。

 世界的な大流行が起これば、どこの国も入国制限を実施するため、互いに往来が少なくなります。


外務省: 新型コロナウイルス (日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限)

2020年3月26日現在の入国制限措置及び入国後の行動制限



社会的距離

 社会的距離 (social distancing)を保つ事で、感染拡大防止に役立つと言われています。

 その距離は6フィート、1.8m程度です。

 海外では、テイクアウトの食事を注文する列や待機場所でも、社会的距離を保つよう規制が掛けられていました。
 自転車で走行するような距離なら適度な間隔が取れますが、前を走行している人が咳をしているようなら、ルートを変えた方が良いかもしれません。

 マクドナルドなどが、ロゴマークを使って社会的距離の啓発活動をしていました。下記リンクよりご確認いただけます。

CNN: McDonald's and other brands are making 'social distancing' logos (March 26.2020)



市中感染拡大

 感染者数が増加することは危険ではあるのですが、その感染経路がわかっていれば制圧の方法も検討の余地があります。

 一方で感染経路が不明であると、どこで感染しているかわかりません。
 わからないので、その感染源を断つことができません。

 市中に病原体が蔓延しているのであれば、市中に出る事が危険になってしまいます。

COVID-19とオーバーシュート (サイト内リンク)


COVID-19とオーバーシュート (サイト内リンク)





症状

COVID-19の症状

 発熱などの風邪症状が現れると言われています。
 3月26日に陽性が確認された阪神タイガースの藤浪選手は味覚障害から感染が発覚しましたので、必ずしも風邪症状に一致する訳ではないようです。

 厚生労働省では、以下の症状があれば『帰国者・接触者相談センター』に問い合わせるようアナウンスしています。

○風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く
○強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合

※.高齢者や基礎疾患のある場合などは高熱は2日程度に短縮されます

厚生労働省: 新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)



無症状

 COVID-19は2割が重症化して入院が必要になると言われていますが、逆に8割は軽症です。

 さらに、症状は無いが検査をしてみて陽性となり、そのまま無症状でPCR検査が陰性になる症例もあると報告されています。

 無症状であっても病原体保持者ではあるので、伝染させてしまう可能性もあります。

CDC: How Coronavirus Spreads, Coronavirus Disease 2019 (COVID-19)





Stay at home

不要不急の外出自粛

 COVID-19(新型コロナウイルス)による感染症を防ぐ方法の1つとして、他人と接触しないという方法があります。

 世界中の芸能人やアスリートらが "Stay at home" というメッセージとともに宅内での過ごし方について動画配信しています。

 特にアスリートは自宅に居てもトレーニングが欠かせないという事で、家で出来ること、今していることを紹介しています。

 日本国民の皆さんも、いまできることは "Stay at home"、不要不急の外出を自粛することです。

Stay at home (サイト内リンク)





WHO

世界保健機関 (World Health Organization)

 COVID-19の拡散先に関するWHOの最新情報をご覧ください。


WHO: Coronavirus disease (COVID-19) Pandemic



関連記事

WHOからの新型コロナウイルス(COVID-19)に対する一般人向けの助言 (サイト内リンク)

WHOからの新型コロナウイルス(COVID-19)に関する職場の安全性情報 (サイト内リンク)





厚生労働省情報発信

プッシュ型

厚生労働省 公式 Twitter (ツイッター)

厚生労働省 公式 facebook (フェイスブック)

厚生労働省 公式 LINE (ライン)


LINE友達追加用QRコード



個別資料

厚生労働省: 『新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の手引き・第1版』の周知について, 厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部 (2020年3月17日)



ウェブサイト

厚生労働省: 新型コロナウイルス感染症について

厚生労働省: 新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)

厚生労働省: 新型コロナウイルスに関するQ&A(医療機関・検査機関の方向け)

厚生労働省: 新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)

厚生労働省: 新型コロナウイルスに関するQ&A(労働者の方向け)

厚生労働省: 新型コロナウイルスに関するQ&A(関連業種の方向け)

厚生労働省検疫所 FORTH: 海外感染症発生情報

MHLW: About Coronavirus Disease 2019 (COVID-19)

MHLW: Q&A (COVID-19)





関連リンク

関連リンク

 関係省庁等のリンクです。



中央省庁・政府

厚生労働省: 新型コロナウイルス感染症について

厚生労働省: 新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)

厚生労働省: 新型コロナウイルスに関するQ&A(医療機関・検査機関の方向け)

厚生労働省: 新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)

厚生労働省: 新型コロナウイルスに関するQ&A(労働者の方向け)

厚生労働省: 新型コロナウイルスに関するQ&A(関連業種の方向け)

首相官邸: 新型コロナウイルス感染症に備えて 〜一人ひとりができる対策を知っておこう〜

内閣官房: 新型コロナウイルス感染症対策

経済産業省: 新型コロナウイルス感染症関連

文部科学省: 新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について

総務省: 新型コロナウイルス感染症対策関連

金融庁: 新型コロナウイルス感染症関連情報

環境省: 新型コロナウイルスに関連した感染症対策

農林水産省: 新型コロナウイルス感染者発生時の対応・業務継続に関するガイドライン

厚生労働省検疫所 FORTH: 海外感染症発生情報

観光庁: 新型コロナウイルス感染症関連情報

外務省: 各国・地域における新型コロナウイルスの感染状況

外務省: 海外安全ホームページ

法務省: 外国人生活支援ポータルサイト(医療)

政府インターネットテレビ: 正しい手洗いの仕方


(厚生労働省) MHLW: About Coronavirus Disease 2019 (COVID-19)

(厚生労働省) MHLW: Q&A (COVID-19)

(経済産業省) METI: METI’s Support Measures for Companies Concerning the Impacts of the Novel Coronavirus Disease

(文部科学省) MEXT: [COVID-19]Information about MEXT’s measures

(法務省) MOJ: Information related to New Coronavirus Infection(COVID-19) from Immigration Services Agency



国家機関・政府関連機関

国立感染症研究所 NIID: コロナウイルス感染症

国立感染症研究所 NIID: 新型コロナウイルス(COVID-19)関連情報ページ

日本貿易振興機構 JETRO: 特集 新型コロナウイルス感染拡大の影響

国民生活センター: 新型コロナウイルス感染症関連

自衛隊中央病院: 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)について

日本政策金融公庫 JFC: 新型コロナウイルスに関する相談窓口



国際機関

WHO: Coronavirus disease (COVID-19) Pandemic



サイト内リンク

感染症・パンデミック・アウトブレイク

COVID-19とオーバーシュート

WHOからの新型コロナウイルス(COVID-19)に対する一般人向けの助言

WHOからの新型コロナウイルス(COVID-19)に関する職場の安全性情報

BCP策定支援サービス (パンデミック・新興感染症・アウトブレイク)





ポスター


首相官邸: 新型コロナウイルス感染症に備えて 〜 一人ひとりができる対策を知っておこう 〜




COVID-19 パンデミックとオーバーシュート米国ニューヨークのCOVID-19対応COVID-19 BCP・BCM 企業・一般向けCOVID-19 BCP・BCM 医療向けCOVID-19 BCP・BCM 地域社会向けCOVID-19 いま、自然災害が起きたら!?COVID-19 デバイス需要・新規開発・国産化ニーズ新型コロナウイルス感染症対策 Stay at home新型コロナウイルス(COVID-19)特集



療養住環境最適化・強靭住環境
ブラックアウト病院BCP(全域停電医療BCP)
今月のイチオシ(NES)

↓ 広告 ↓

↑ 広告 ↑