本文へスキップ

ヘルスケア分野と異業種との境界領域最適化

非常時医療事業継続計画Medical Business Continuity Plan (m-BCP)

トップページ > m-BCP (医療サービス事業継続計画) > COVID-19特設ページ > 業態変容と医療産業参入

COVID-19 新型コロナウイルス感染症 特設ページ


COVID-19 業態変容と医療産業参入

COVID-19 BCP

廃業危機!!

 新型コロナウイルス感染症流行拡大により、感染しない、感染させないための行動を促されました。
 『3密』『ソーシャルディスタンス』『手洗い励行』『自粛』は国民に浸透した言葉ですが、事業者にとっては苦しい対応を迫られたワードでもあります。

 既に観光業や飲食業などでは廃業したというニュースも見られますが、今後も同様のことは起こり、またその業種は拡大することが予想されます。

COVID-19 廃業危機 (サイト内リンク)



創業好機!?

 "New normal"や『新常態』などの言葉で表現されるこれからの新しい正常状態では、社会や経済も大きく変わることになると考えられます。

 握手・ハグ・キスが日常的なアメリカでも、腕でタッチする新しい挨拶が広まり、否定的であったマスクも装着者が増えたと言います。

 日本における新常態では、どのような物やサービスが求められるでしょうか。それを探り当てる事で新規事業・創業のチャンスがあるかもしれません。

 健康への関心が高まった2020年春、ヘルスケア関連の新産業が芽生える時期かもしれません。

COVID-19 新規事業創造 (サイト内リンク)



国産回帰

 数年前、新潟のツインバード社が苦難の末、国産回帰を果たしたことが話題となりました。

 マスクやガウンなどの医療物資の不足、トイレやキッチンなど住宅設備の部品調達困難など新型コロナウイルスでは多くの産業で品薄が続きました。

 特に医療物資は国民生活、国防にも関わる事態であると指摘する声も多く、今後の国産回帰は必至であると考えます。

 また、素材や産業機械の国産化も重要になります。今回、マスクを製造する技術があっても不織布が入手困難、増産体制をつくるにも製造装置が入手困難という事態に陥り、結局国内製造量は大きくは増えませんでした。

 医療用ガウンは縫製工(縫い子さん)が不足しており、ミシンがあっても手を動かせる職人が居ない事が課題として浮き彫りになりました。
 ある縫製工場の方からは『日本の教育を根本的に見直す必用がある』と指摘され、縫製工に対するリスペクトも大事な要素であると教わりました。



最低賃金

 令和元年の最低賃金は時給800円〜1,000程度です。昭和50年は300円前後、平成元年は500円前後でした。

 今後、失業者が増えた場合、最低賃金を見直さなければ仕事にありつけない人が続出してしまいます。『時給300円でも良いから働かせて下さい』と来られても、最低賃金を大きく下回って雇用する事は最低賃金法違反となります。

 例えば建築職人の世界に見習いで入りたい人が大勢いた時、親方は何人も雇えないので雇用枠は限られます。手に職をと考えても、職人にはなれない人が多くなるという事です。
 師匠に弟子入りすれば雇用関係にならないとすれば、無償で働く見習いが増えてしまい、ダブルワークなどで生活をつなぎながら見習いを続けることになります。
 時給300円でも見習いを続けて職人になるべきか、職人になるためにバイトで食つなぐべきか、中高年には厳しい選択が迫られることになります。

厚生労働省: 地域別最低賃金の全国一覧
最低賃金法 (e-Gov)



労働時間

 法改正により時間外労働は月45時間、年360時間に定められました。これを超えれば違法と言うことになります。

 前述の最低賃金の項と重複する部分もありますが『働きたい』という人にどこまで制限をかけるべきか、難しいこともあります。

 筆者は26歳で大学入学、生活費と学費は自己負担のため9時〜18時までが大学で講義、21時〜翌6時までがバイトという生活でした。
 昼間が大学ではなく見習いの仕事であったとすれば、労働時間は毎日16時間、インターバルタイムは3時間では『過労』と認定されてしまいます。確かに健全な生活とは言えませんが、妻子ある40歳が失業すれば住宅ローンと教育費を稼ぐために目先の収入を確保しつつ、第二の人生の天職として学び直す事も必要になるかもしれません。

 過去がすべて無駄になることはありませんが、業界自体が壊滅的であればスキルを活かす場面が無くなってしまうため新常態で生きる術を身に付ける必要があります。






新規事業のチャンス

 2020年秋以降、新常態の中で求められるであろう新たなビジネスについて真剣に考えました。

 どん底から立ち上がる、独立開業して一気に駆け上がる、新しい世界へ飛び込む。様々な人の『創』に役立つことができればと考えています。

COVID-19 新規事業創造 (サイト内リンク)



廃業のピンチ

 新常態に移行するにあたり廃業の危機にさらされそうな業種や業態などをピックアップしています。

 示された全ての業種等で廃業が進むわけではなく、それぞれの努力であったり消費者の意識変化などにより状況は一変すると考えられます。

COVID-19 廃業危機 (サイト内リンク)



存続・継続するビジネス

 多くのビジネスが2020年以降も継続されていくと考えられます。

 しかしながら、軽微であっても何らかの変化は訪れるものと予想されます。

 教育現場も金融機関も、変化を望まなくても変化せざるを得ない状況にあるかもしれません。

 変化に適応できないビジネスは、廃れていく可能性が高くなります。





COVID-19 パンデミックとオーバーシュート米国ニューヨークのCOVID-19対応COVID-19 BCP・BCM 企業・一般向けCOVID-19 BCP・BCM 医療向けCOVID-19 BCP・BCM 地域社会向けCOVID-19 いま、自然災害が起きたら!?COVID-19 デバイス需要・新規開発・国産化ニーズ新型コロナウイルス(COVID-19)特集


療養住環境最適化・強靭住環境
ブラックアウト病院BCP(全域停電医療BCP)
今月のイチオシ(NES)

↓ 広告 ↓

↑ 広告 ↑