本文へスキップ

ヘルスケア分野と異業種との境界領域最適化

非常時医療事業継続計画Medical Business Continuity Plan (m-BCP)

トップページ > m-BCP (医療サービス事業継続計画) > COVID-19特設ページ > いま、自然災害が起きたら!?

COVID-19 新型コロナウイルス感染症 特設ページ


新型コロナウイルス感染症流行中の今、自然災害が起きたら!?

COVID-19 BCP

災害

 災害とは暴風雨雪や大規模火災などが法令で定義されていますが、社会に影響を及ぼす『災害級』の出来事としては脱線事故や停電、テロなど枚挙にいとまがありません。

 新型コロナウイルス感染症の流行も『災害』ではありませんが、『災害級』の被害をもたらし、社会や経済に大きなダメージを与えています。

 この混乱に乗じた強盗や詐欺も発生し、社会の不安は更に高まっています。
 また、マスクなどの衛生用品は絶対量が足りず、デマによりトイレットペーパーなどは品薄が続くなど、消費生活にも多大な影響を及ぼしました。

災害対策基本法 第二条 一 災害

暴風、竜巻、豪雨、豪雪、洪水、崖崩れ、土石流、高潮、地震、津波、噴火、地滑りその他の異常な自然現象又は大規模な火事若しくは爆発その他その及ぼす被害の程度においてこれらに類する政令で定める原因により生ずる被害をいう。

災害対策基本法
国民生活センター: 新型コロナウイルスに便乗した悪徳商法にご注意を!
消費者庁: 新型コロナウイルス感染症の拡大に対応する際に消費者として御注意いただきたいこと



COVID-19 BCP

自然災害

 日本で自然災害と言えば地震と台風が毎年のように発生していますが、近年は豪雨や竜巻なども発生頻度が高くなっています。

 台風は季節性がありますが、地震は季節や時刻を問わず発生し、ときに甚大な被害を及ぼします。

 自然災害が発生すると、衛生状態の悪化から二次的に感染症が流行することがありますが、新型コロナウイルスが流行しているいま、もし自然災害が発生してしまうとどのような事が起こるのでしょうか。

 また、その際の自己防衛策、地域自治とはどのようなものかをシミュレーションします。

BCPとは? (サイト内リンク)

内閣府 防災情報のページ: 報告書 1923 関東大震災



防護策

 自然災害の発生以前に、現在の感染症流行の状況からみて、マスクの装着などの自己防護策は最低限となります。

 その上に、いったい何が必要になるのかを考えなければなりません。

 もし、いま、自己防護策をせずに避難所などの人が集まる場所へ行けばどうなるのかを考えることから始めると、想像が膨らむと思います。

 とはいえ、命からがら逃げだしてきて一命をとりとめた人にとっては、マスクどころか靴さえも履いていないかもしれません。
 自然災害の恐ろしさも一緒に御想像ください。





自然災害が起きたら!?

COVID-19 BCP

地震災害発生

 大きな地震が発生すれば死傷者が多数発生します。
 過去の大震災でも多くの命が奪われ、負傷者や家屋を失った人が居ました。

 家屋の倒壊が起これば避難を余儀なくされますが、停電や断水でも避難生活を選ばざるを得ない場合があります。

◆死者・行方不明者
 ▽東日本大震災(2011年):18,428人
 ▽阪神淡路大震災(1995年):6,434人
 ▽関東大震災(1923年):105,385人

NHK: 南海トラフ巨大地震 被害想定 死者32万人



公衆衛生

 大きな地震が発生すると、公衆衛生が悪化します。

 家屋の倒壊等により塵埃が舞い、断水によりトイレの排水ができず手洗いも簡略化され、停電により冷蔵庫が停止して食品の腐敗が始まります。
 市のゴミ回収が追い付かなくなり、ゴミステーションを中心に異臭や害虫が発生することがあります。

 塵埃は呼吸器感染症を誘発し、トイレ未処理はノロウイルス感染症などの原因になります。
 手洗い不足や食品腐敗は大腸菌やサルモネラ菌などの感染症を惹起します。



避難

 災害が起これば避難者が発生することは当然です。

 家屋が倒壊してしまった場合は、避難以外に選択の余地がありません。

 そうでない場合、自宅に残ることと避難することの利欠点を比較します。

 主な避難先は指定避難所になります。
 指定避難所とは、国の指定基準に適合する公共施設等で、市町村長が指定します。指定施設としては小中学校等を指定している場合が96.7%です。

 小中学校等への避難と、自宅に残る事の比較において、余震の恐れや食事の配給など点から避難する方が多く居られますが、新型コロナウイルス感染症が流行している今では、集団生活をすることの安全性は確保できるのかがカギとなります。

内閣府 防災情報のページ: 避難所の生活環境対策



避難時持参品

 避難せざるを得ない場合、何を持っていけば良いでしょうか。

 まず一般的な物として衛生用品があります。歯ブラシやタオル、オムツ、生理用品など家族の分を数日分は確保しましょう。着替えや毛布もあると良いでしょう。食料やラジオなどは不可欠ではありませんが、あれば持っていきましょう。預金通帳やキャッシュカードは念のため持参、それよりも現金を持っていた方が自由度が高まります。

 新型コロナウイルス感染症が流行している今だからこそ、個人防護具としてのマスクや手袋、手指消毒液などは必需品になります。

 





避難所

COVID-19 BCP

集団生活

 避難所は公共物であるため、集団生活を余儀なくされます。

 集団生活の好き嫌いに関わらず、プライバシーは無くなります。

 生活を覗き見られる事は仕方ないとしても、同じ屋根の下で生活するという事は飛沫感染や接触感染のリスクを伴います。

 厚生労働省の資料では『新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染により感染します。空気感染は起きていないと考えられていますが、閉鎖した空間・近距離での多人数の会話等には注意が必要です』と書かれています。

厚生労働省: 新型コロナウイルスを防ぐには



過密体育館

 避難所の計画上の数字では一人当たり1畳(1.8m×0.9m≒1.6平米)程度を見込んでいます。
 平均的な小学校の体育館で300〜400人程度の収容という計算になります。

 児童数500人の小学校区でも5千人程度の人口があり、児童数1,000人の地域では2万人の人口という事もあります。地域人口の1割が避難するだけで、500〜2,000人もの人が小学校に集まる事になります。1畳に2〜5人の収容となると過密状態であることは容易に想像ができます。

 これまでの災害では、この過密状態も『仕方がない』として被災者は甘受して来られたと思いますが、治療法が確立されていない新型コロナウイルス感染症が流行している間においては、過密状態に居る事が生命を脅かすリスクにもなります。

大阪府堺市: 避難者収容可能数



避難しない選択

 避難所に行けば過密状態であるとすれば、避難所に行かないという選択肢を採る事の方がメリットがありそうです。

 避難所に行かないようにするためには、自宅に居続けられるように備える必要があります。

 家屋の倒壊、土砂崩れや類焼による家屋被災などの場合は何を準備しても仕方ない可能性があります。

 停電や断水などであれば、備蓄や設備改修で避難を免れる可能性があります。
 電気や水は何に使うのかを想像して下さい。その中で、発災後にも必要な事を絞り込んでください。
 水について、トイレは必要ですが、炊事や入浴には水を消費しない手段がありそうです。
 電気については、無いと不便ですが、カセットコンロや懐中電灯など代替手段がありそうです。

医療機器と共に停電を生き抜く 〜自宅避難3日を目指す自助と共助〜 (サイト内リンク)



新たな避難所

 自宅避難は困難、指定避難所は混雑し過密状態となれば、新たな避難場所を確保するしかありません。

 東日本大震災では廃墟となった店舗に避難していた人を自衛隊が発見したという事も聞いたことがありますが、行政の指定を受けていない避難所には水や食糧といった救援物資は届きません。

 新型コロナウイルス感染症が流行しているこの非常事態に、自然災害という非常事態が重なったときに、行政が『指定避難所のみ支援』というポーズを取ると市民は苦渋の選択を迫られる事になります。

 ホテル、ショッピングモール、物流倉庫、市場、街には様々な民間施設がありますが、このような施設を借り受ける事ができれば、避難者を分散させる事が可能になります。
 ただし、民間施設であればビジネスを停止や縮小させる事にもなりますので、相応の補償が必要になります。受益者負担の原則に立てば避難者が負担となりますが、好んで被災した訳ではないので社会保障的に考えれば税負担という事になります。そうなると、自宅避難できるように自費で備えて来た方々からは不満が出る可能性があります。

 スマートな対策としては、指定避難所に許容人数以上が避難して来ないように自宅避難への備えに対する助成を行い、1人でも多くの人が自宅避難することで避難所でのクラスター感染を未然に防止する事ではないかと考えます。
 また、避難所に居る人にだけ情報が行き渡って弁当などの配給を受けられるといった不公平感をなくすため、情報提供の在り方や、配布場所の工夫なども発災前から出来る準備の1つではないかと考えます。





避難先分散

COVID-19 BCP

集団避難

 問題は数字ではなく、被災される人が存在することです。
 2004年の新潟県中越地震は『大震災』に比べれば死傷者数は少なかったかもしれませんが、山古志村では『全村避難』となり、全村帰村には38ヶ月もかかりました。

 大人数が、長期間の避難となると検討すべき課題が山積します。

 受け入れ先を探す事、その受け入れ先に自治体の拠点も構えること、そこまでの移動手段を確保することなどがあります。

国土交通省: 新潟県中越地震 (災害発生日 平成16年10月23日)

ウエザーニュース: 新潟県中越地震から15年 震災で全村避難した山古志村はいま



受入先を見つける

 2020年2月、新型コロナウイルス感染者が乗船していたクルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号が横浜港に入港し、陰性が確認された乗客が次々と下船していきました。3,700人という乗客・乗員を収容し続けられたのは、客船であったからでしょう。

 中国の武漢から政府チャーター機で帰国した日本人たち191人を受け入れた勝浦ホテル三日月は、受入から1カ月は通常営業はできませんでした。
 営業再開後は、風評被害もあった一方で、称賛する声も多数聞かれました。

 『クラスター感染』『3密』『社会的距離』などのワードが耳に馴染んだ現在において、被災者が集団で市境を超えて避難してくることに対して、地域住民の感情はどのように揺れるのかが心配されるところです。

 地震による避難となれば、隣接市町村も被災しているため受入れは困難でしょう。
 概ね20km離れれば被害に大きな差があり、50km離れればほぼ被害の無い地域に到達するとすれば、50km以上も離れた地域との交渉が必要になります。
 しかも、過密を避けるため1箇所に集中させられないため、仮に1,000人を遠隔地へ避難させるとしても5カ所程度の体育館を確保しなければなりません。

勝浦スパホテル三日月: 新型コロナウイルスに対する取り組み



集団の分散移動

 山古志村のように、もし2,000人規模の大移動が強いられるとなると、バスは何台必要でしょうか。
 50人乗りの観光バスに詰め込めば40回、そこに20人しか乗らなければ100回になります。

 片道50km、発災直後であれば4〜6時間はかかるでしょう。
 乗車時間が長くなるとすれば、やはり乗車率は下げなければなりません。

 観光業がダメージを受けている現在であれば、観光バスを100台手配すること自体は難しくないと思いますが、感染リスクを負わせて運転させる事が倫理的に正しいかどうかはわかりません。

 目的地を定め、移動人数を定めた上でバス会社へ打診し車両と運転手を手配するので相応の時間がかかりますが、その間も居場所がない人は避難所に集まってきますので、過密状態は発災直後から始まることになります。





サバイバル生活

COVID-19 BCP

Dusaster Survival

 厳しい条件下で生き残る術を持てば、避難所に行かずに済みます。

 趣味としてのサバイバルはお好きな方が極めれば良いと思いますが、本当に生き残るための災害時サバイバルは老若男女を問わず身に付けておくべき術です。
 特に器具の有無が生死にも関わりかねないため、できれば寝袋や調理器具などは備えておくことをお奨めします。



寝袋+テント

 サバイバル生活として安直かもしれませんが、テントと寝袋があればどこでも寝床を確保できます。

 避難所生活をする場合でも、体育館の床に寝るよりは寝袋の方が快適性が高まります。テントは保有せずとも、寝袋はあると便利です。

関連商品について調べる



車中泊

 2016年の熊本地震では車中泊がクローズアップされました。

 新型コロナウイルス感染症対策としての個室確保という意味では車中泊は有用ですが、家族との距離は相当に密になります。

 エンジンをかけて過ごすのであれば、駐車できる場所には限りがありますので場所の確保と、燃料の確保が必要になります。

AmpiTa: 車中泊



屋外調理

 バーベキューなどアウトドアクッキングの道具やレシピが活きてきます。

 網とダッチオーブンがあれば多様な調理が可能になります。
 雰囲気を味わうには炭火が良いですが、サバイバル生活では紙薪でもカセットガスコンロでも良いと思います。

 冬場であれば、七輪で餅や魚を焼きながら暖を取ると良いですが、車中泊の方は一酸化炭素中毒に御注意ください。

AmpiTa: 手づり新聞紙ブロック(ペーパーログ・紙薪)の作り方

関連商品について調べる





備蓄

COVID-19 BCP

調達候補(個人・家庭)

 実際に何を調達しておくと良いのか、当社では何を調達したのかといった視点でリストをまとめています。


寝袋(シュラフ)

 身体がすっぽりと入る一人用の寝袋です。

 丸めて収納袋に入れておけば、自転車のカゴに入る程度の小ささになります。

 冬場の体育館の床面は冷蔵庫〜冷凍庫並みの冷たさになりますので、ダウン等を着用して寝袋に入るなどの対応をしなければ凍えてしまいます。

 財布やスマホなども寝袋に入れて寝れば、盗難対策にもなります。

衛生用品セット

 歯ブラシ、歯磨き粉、シャンプー、ソープなどの衛生用品は持参することをお奨めします。

 救援物資が届き始め、箱を開けて配布されるまで2〜3日はかかると思いますので、その間をしのげれば良いかと思います。

タオル

 タオルは不可欠です。

 できればバスタオルを1人あたり1〜2枚くらい持っていると良いでしょう。

 入浴できる機会は滅多にないので、入浴用のタオルは無くても良いと思います。
 顔を洗ったりはできるので、ハンドタオルも数枚あると便利です。

 ずっと座っているか、寝ているかになりますので、毛布代わりに使ったり、座布団のようにして使ったりできるサイズがあると便利です。

 マスクが不足している状況にありますので、タオルを口元に当てておけるように、1人1枚は確保していく必要があると思います。

上履(足袋)

 体育館などで生活しなければならないので、外履きの靴では上がれません。

 しかし、体育館の床はコンクリートのように冷たく、硬いので靴下で生活していると足が痛くなりますし、冷えてしまいます。

 私たちは足袋の着用をお奨めしています。

 足袋は、室内履きとして使いますが、もし余震で外に飛び出さなければならないような事態になったとき、そのまま外履きとして歩き回ることができます。

 スニーカーでも良いですが、寝転がるときなどに不便があると思います。 

手袋(グローブ)

 使い捨てではない手袋(グローブ)は1人1枚ずつ持っていた方が良いです。

 避難時には、瓦礫や材木などを手すりのように触りながら移動することもあり、手に傷を負う可能性があります。素手は危険です。

 このグローブを装着していれば、多少の尖った面であっても傷が入ることがないため非常に安全性が高いです。

 ずっと装着していると、手が汗ばむくらいになりますので、寒さをしのぐ場合にも多少は役立つと思います。

ダッチオーブン

 煮る、蒸す、焼くなど使い方次第で様々な調理ができます。

 ネット上にはレシピもたくさん出ており、ご飯を炊いたりパンを焼いたりもできるようです。

 私たちは焼き芋を作ってみましたが、非常に美味しくできました。

カセットガスコンロ

 避難所で使用する事は許されないと思いますが、自宅避難中に電気やガスが止まっていても調理ができます。

 私たちは複数台保有し、お湯を沸かしながら焼き料理をするなど、並行調理ができるように備えています。

 今年は宴会などをする雰囲気ではないかもしれませんが、忘年会の景品などに出して貰っても良いと思います。



公助(避難所)

 バーベキューなどアウトドアクッキングの道具やレシピが活きてきます。


体温計

 入口に常設し、入退場管理に用います。

 また、毎食前などに定期的に測定するため、複数台の配備が理想的です。

手指消毒・ハンドソープ

 手指消毒剤は簡便で良いのでゲートなどに配備します。

 しっかりと洗い流してもらうためにハンドソープは水道の数だけ用意しておきます。

血圧計

 体調変化を確認しやすいバイタルサインの1つである血圧は、1日1回は測定したいです。

 消毒しやすいように、接触面積が狭い手首式血圧計の方が良いかもしれません。
 手首式であれば、間にティシュを挟んで測定できると思います。




COVID-19 パンデミックとオーバーシュート米国ニューヨークのCOVID-19対応COVID-19 BCP・BCM 企業・一般向けCOVID-19 BCP・BCM 医療向けCOVID-19 BCP・BCM 地域社会向けCOVID-19 いま、自然災害が起きたら!?COVID-19 デバイス需要・新規開発・国産化ニーズ新型コロナウイルス感染症対策 Stay at home新型コロナウイルス(COVID-19)特集


療養住環境最適化・強靭住環境
ブラックアウト病院BCP(全域停電医療BCP)
今月のイチオシ(NES)

↓ 広告 ↓

↑ 広告 ↑