本文へスキップ

ヘルスケア分野と異業種との境界領域最適化

非常時医療事業継続計画Medical Business Continuity Plan (m-BCP)

トップページ > m-BCP (医療サービス事業継続計画) > ライブラリ > 災害廃棄物


災害廃棄物

 大規模災害が発生すれば町中にゴミが溢れます。

 ゴミ処理は遅れる一方で、瓦礫や廃家電などの災害ゴミは増える一方であり、『処理が追い付かない』というレベルは度を越してきます。

 交通混乱もあり、遠方からの支援を受けるにも数日間は手出しができない状態となることも想定されます。




感染性廃棄物

 医療機関の規模にもよりますが、日に何トンもの感染性廃棄物を出している病院も少なくありません。

 廃棄用の段ボールが20kgだとしても、10箱あれば200kgになります。

 平時であっても感染性廃棄物の管理は厳重に行われますが、公衆衛生の低下している災害時には特に注意が必要になります。



感染性廃棄物は貯まる一方

 感染性廃棄物は市町村のゴミ回収では持って行ってくれないことはご存知の通りです。

 それは災害が起きても同じことです。
 医療機関で出たゴミは、医療機関が責任を持って捨てなければなりません。

 災害により患者が殺到し、大量のゴミが出ても廃棄物回収が再開するまで責任を持って保管し、処分しなければなりません。
 普通のゴミ袋では捨てられないので、感染性廃棄物の廃棄ルールに則った方法で管理しなければなりません。

 公衆衛生のために、医療機関に課せられた重大な責務のひとつです。





関連資料

省庁・通知等

環境省: 災害廃棄物に混入している感染性廃棄物の取扱いについて (2011年3月30日)

環境省: 有害物質を含む災害廃棄物等の処理について, 災害廃棄物対策情報サイト

環境省: 災害廃棄物対策情報サイト

国立環境研究所: 災害廃棄物情報プラットフォーム

衆議院: 東日本大震災により生じた災害廃棄物の処理に関する特別措置法



報告書等

熊本県: 平成28年熊本地震における災害廃棄物処理の記録 (2019年3月)

環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部: 東日本大震災等の経験に基づく災害廃棄物処理の技術的事項に関する報告書 (2017年3月)

国土交通省: 災害廃棄物等処理・活用事例集 (2015年2月)

宮城県: 東日本大震災に係る災害廃棄物処理業務 総括検討報告書 (2015年2月)

福島県いわき市: 東日本大震災に係る災害廃棄物処理実行計画書 (2013年3月)

岩手県: 東日本大震災津波に係る災害対応 検証報告書 (2012年2月)

神戸市: 災害廃棄物処理事業 業務報告書 (1998年3月)



災害廃棄物処理計画

千葉県: 市町村災害廃棄物処理計画策定モデル (千葉県内用) (2018年8月策定)

埼玉県: 平成30年度災害廃棄物対策 図上訓練

大阪府: 災害廃棄物対策について

神戸市: 災害廃棄物処理指針

伊丹市: 伊丹市災害廃棄物処理計画の策定について

宝塚市: 宝塚市災害廃棄物処理計画の策定について

岡山県: 岡山県災害廃棄物処理実行計画について

高知県: 高知県災害廃棄物処理計画




療養住環境最適化・強靭住環境
ブラックアウト病院BCP(全域停電医療BCP)
今月のイチオシ(NES)

↓ 広告 ↓

↑ 広告 ↑