本文へスキップ

ヘルスケア分野と異業種との境界領域最適化

サービスと技術Services & Solutions

トップページ > アーカイブ


開発前に必要なステップ 〜市場調査・特許を中心に〜

NES archives

メディカル・デバイス産業振興協議会(名古屋商工会議所)

 2019年10月9日夕方、名古屋商工会議所で開催の医工連携セミナーで登壇の機会をいただきました。

 前回は2017年11月末、同会場で講演の機会を頂戴しています。

[講演]名古屋商工会議所2017 (サイト内リンク)


開催案内(第2回医工連携セミナー)



NES archives

御礼

 登壇の機会を与えて下さいました主催者側の皆様、ご聴講いただきました皆様ありがとうございました。

 お聞き苦しい点や早口でわからなかったこと、気になったことなどがございまいしたらお気軽にお問合せ下さい。





第2回医工連携セミナー (2019年10月9日)

NES archives

医療現場に求められる商品を開発していくには

 上記テーマで講演させて頂きます。

 講義の中で出て来るパブリックな資料についてはリンクを貼っておきます。


2019年10月09日





講演周辺資料

NES archives

医療機器の研究開発マネジメントにおけるチェックポイント/ステージゲート

 AMEDが公表している医療機器の製品化をめざしたロードマップと、そのマイルストーンとなるステージゲートです。

医療機器開発マネジメントステージゲート



NES archives

病院早わかり読本(飯田修平/医学書院)

 患者さんのために書かれた本なので非常に読みやすいです。
 医療保険制度や医療従事者、病院の種別など国の制度設計により動いている医療というものがよくわかる本です。
 私の手元には第2版、第4版、第5版があります。はじめは大学の教科書として購入し、その後は医療従事者として働きながら、制度変更などを理解するために購入しています。
 1社に1冊は必要なマストアイテムだと思います。



NES archives

国民衛生の動向(厚生労働統計協会)

 厚生労働統計協会から出版されている定番の書籍。看護学生などは全員が一度は手にしたことがある本です。毎年10月頃に新刊が発行されます。
 製造業など非医系企業の方々がこの本を簡単に取り扱えるようになれば情報収集や分析がある程度まで内製化できると思われます。



NES archives

厚生労働白書

 厚生労働省の全体を網羅した白書。
 全体概要をまとめた『100人でみた日本』『日本の1日』もこちらからダウンロードできます。




NES archives

薬事工業生産動態統計調査

 厚生労働省の調査。
 医薬品、医療機器、再生医療製品に関する生産の実態を反映する調査として毎月おこなわれています。
 Excelの統計表もダウンロードできます。
 本公演では医療機器の貿易赤字の項で引用しています。



NES archives

医療施設調査

 厚生労働省の調査。昭和23年から続く長期調査。
 病医院数、病床数、医療従事者数などが開設者別や都道府県別などで調査されています。
 患者数推移や人口10対の病床数などから医療供給体制についてシミュレーションすることができます。




NES archives

PMDA医療機器基準関連情報

 医療機器の承認・認証手続きは厚生労働省からPMDAに移管されています。

 医療機器には基準があり、その情報はPMDAから提供されています。

PMDA: 医療機器基準

PMDA: 医療機器の一般的名称等一覧



NES archives

経済産業省近畿経済産業局

 いくつかおもしろい資料を提供されています。
 近畿地区は特区や関西広域連合、iPS細胞、バイオクラスターなど医工連携が盛んな地域でもあります。
 参入事例集ガイドブックでは『1人の医師のニーズは多数の医師のニーズかの確認が必要』との記載もあり、生々しい声が聴けます。

経済産業省近畿経済産業局:中小企業の医療機器分野への参入事例集・中小企業の医療機器分野への参入可能性及び競争環境調査報告書
経済産業省近畿経済産業局:中小企業の医療機器分野への参入ガイドブック 〜成功のための4つのポイント〜



NES archives

くまもと医工連携推進ネットワーク

 熊本では熊本大学・熊本県庁・熊本市役所・熊本商工会議所・熊本県工業連合会を推進本部とする医工連携組織が立ち上がっています。
 詳しくは事務局を担当している熊本県工業連合会までお問い合わせください。



NES archives

献血ルーム

 献血ルームの紹介ページです。足りない血液の確認や、成分献血の予約ができます。



NES archives

認定ホスピタルエンジニア

 医療福祉設備協会が主宰する検定試験の紹介です。



NES archives

AmpiTa

 アンピタは『安否確認タスクフォース』から生まれた研究開発プロジェクト。これまで10本以上のオリジナルソフトウェアを開発。医療機器安全管理システムCEMEは400施設以上が調達。
 安否確認や医療機器安全管理の研究が発展して非常時対策、特に医療機関における事業継続計画や災害発生後の対応について深く研究しています。



ER 緊急救命室

 非常にリアリティの高い医療ドラマとして有名です。



グレイズ・アナトミー

 医師の恋愛模様も描かれているので、治療ばかりで疲れることはありません。

 ロボット手術装置『ダヴィンチ』が使われる回もあります。



CHICAGO MED

 シカゴ・メッドは医療ドラマですが、クロスオーバーする3つのドラマで成り立ちます。

 シカゴPDは警察、シカゴファイアは消防のドラマです。




新聞記事

日本経済新聞: 白血病薬3349万円 保険適用 中医協、キムリア承認 医療保険財政 圧迫の恐れ(2019年5月15日)

日本経済新聞: 社会保障、懸案素通り 18年度予算案、薬価頼みで改革停滞 (2017年12月23日)

日本経済新聞: 薬価3.2%引き下げへ 厚労省見通し19年10月改定(2018年12月5日)

日本経済新聞: 健保組合4割が赤字 17年度決算、黒字額1030億円減(2018年9月25日)

日本経済新聞: 人材派遣健保が解散決定 加入者約50万人(2018年9月21日)

日本経済新聞: 健保組合2割「解散予備軍」 税投入膨らむ恐れ 高齢者医療費の負担増大(2018年4月23日)

日本経済新聞: 保険料は誰のため? 苦境の健保組合、4割は高齢者へ(2018年4月23日)

日本経済新聞: 薬価 1400億円引き下げ 厚労省方針 医師の技術料・介護報酬、微増の公算 (2017年12月3日)

日本経済新聞: オプジーボ、胃がんにも追加適用 小野薬品 (2017年8月3日)

日本経済新聞: 大企業の健保、4分の1が解散危機 25年までに 健保連試算、高齢者「支援金」増で (2017年7月15日)

日本経済新聞: 大企業健保料率、10年連続上げ 17年度平均9.1%超見通し (2017年4月13日)

日本経済新聞: オプジーボ、異例のスピード値下げ 業界に不満も(2016年11月16日)

日本経済新聞: 高額な薬価なぜ 抗がん剤投与に年間3500万円… 製薬会社「開発費増加」、算定過程は非公開(2016年6月29日)

日本経済新聞: 特許切れ品・後発薬、米で薬価つり上げ横行 寡占化 メーカー優位に(2016年3月1日)




療養住環境最適化・強靭住環境
ブラックアウト病院BCP(全域停電医療BCP)
今月のイチオシ(NES)

↓ 広告 ↓

↑ 広告 ↑