助成・補助・競争的資金 | 医工連携 | NES株式会社

補助金事業は狙いを定める

補助者の狙い

 補助金を主宰する側の意図を理解しなければ獲得は難しいでしょう。
 私たちはまず、補助金の狙いが何であるかを解析し、提案者様と共有します。

 例えば、産業振興の補助金に医学的基礎研究で応募しても通りません。そこまでズレていなくても、微妙に的を外した提案は数多とありますので、それにならないように配慮します。


評価者の視点

 補助者とは少し異なる視点を持つ評価者も居ます。
 特に医工連携では医学・医療系と、工業・製造系、商業・経済系、行政・公共系の視点から、別々な評価者が出てくることがあります。

 評価者が何を見たがっているか、評価者に何を見せるか、勝負の分かれ目になります。


欲しい物より取れる物

 応募者が欲しい物があったとしても、補助金の性質を鑑みて別の物を狙いに行くことがあります。

 例えば汎用性の高い3Dプリンタが欲しくても、専門性や特殊性が高い物を補助しようと用意された補助金の場合、独特な測定器や加工機を補助金で獲得し、それらを買おうと用意していた資金を3Dプリンタに充てたりします。




ものづくり補助金

 年に数回募集がかかる補助金です。各地の経済産業局単位で様々な提案が出されます。

 私たちもお手伝いします。


サポイン

 春ごろに募集がかかる補助金です。研究者にとって定番ともいえる補助金です。

 私たちもお手伝いします。




自治体

 自治体や自治体の委託を受けた財団などが実施する補助金です。

 かなりローカルなので応募件数は少ないです。


業界団体

 業界活性化のための助成が多いです。




医家の業績

 研究助成を受けられるという事は、その事業に対して一定の評価を受け、助成に値するというレッテルを貼ってもらったようなものです。

 大半のお金は企業のモノづくり等に使われ、連携する医療従事者は1円も使われないというケースも少なくありませんが、助成を受けたという事が医療従事者の業績になる事もあります。

 実際に、研究助成の申請をする際には過去の論文発表や学歴などと並んで、研究助成なども記載する欄があります。研究費の重複を避ける目的での記載になりますが、審査員の目には入りますので、安心して託せる相手であるのかの評価につながる事もあります。




当社の獲得実績

 当社では、医工連携に関する競争的資金の獲得をお手伝いするサービスを実施し、実際に獲得に至ったケースもあります。

 大きな事業では、AMEDの医工連携イノベーション推進事業というもので、初年度6,000万円助成、最大3年度継続できるので1億8,000万円、ただし2年度目以降で治験がある場合は最大1億1,500万円の助成が受けられるので、治験が行われれば3億円に近い助成を受けられる事業です。


 AMED事業ほどの高額ではなくとも、100~200万円の助成を受けたケースの申請書作成支援や事業計画策定支援などで深入りした案件がいくつもあります。