医療機器(ME)安全管理 | 統合医工学 | NES株式会社

法定管理と任意管理

 2007年の第五次医療法改正までは、医療機器安全管理は任意の業務でした。
 改正後は医療法第6条の規定により管理が行われるようになり、一部の医療機関では臨床工学技士が常勤しています。

 私たちは法改正以前から医療機器安全管理に取り組んできた経験から、法定管理も任意管理もノウハウを有しています。

 加えて、弊社代表が独自開発し400施設以上に提供した医療機器安全管理システムのユーザーや協力者から寄せられた様々な意見がここに集約されており、サービスを基調しています。


体制構築

 ゼロからの医療機器安全管理体制構築を実施します。

 無床診療所から300床程度までが私たちの主眼に置いている医療機関様です。
 最短2週間程度での体制構築、200床規模でも2~3か月で構築できる見込みです。

 体制構築は形式的な体制、実務的な体制をお選び頂けます。
 形式的な体制構築では、組織図やドキュメントを整備し、保健所等にもわかりやすくお示しできる体制を構築します。
 実務的な体制構築では、現在の人員や業務の中で負担なく対応できる方法を模索します。例えば『年1回は点検したい』というご要望に対し、簡単な点検方法をご提案し、点検スケジュールをシミュレーションして計画を策定します。


非常勤・非常駐

 常駐人材を派遣するME業務はたくさんありますが、私たちは常駐しない方法で、比較的規模の小さい、機器の少ない医療機関様に向けたサービスを提供しています。


技士長職支援

 技士長経験者が、技士長業務の代行や支援、補完をします。

 技士長はマネジャー、臨床業務に長けているだけでは務まりません。
 業務の維持や拡大、機器更新や廃棄の計画、課員の育成や統治などあらゆる面でお手伝いします。

 過去のご提案事例では、技士長職に用意された人件費から、技士長に満たない技士長候補者の人件費を差し引き、残った費用から支援業務をご依頼頂くといったケースもございました。
 医療機関として予算の過不足なく、技士長という席を複数名で作り上げる新たなサービスをご提案いたします。


安全研修・セミナー

 職能団体等のセミナーでは多数の講演経験があり、院内では小さなレクチャーを幾度も実施してきた人材が講師を務めます。

 ある分野に精通したスペシャリスト人材もアテンドできます。