研修・講演 | BCP | NES株式会社

医療安全研修会併用

 定期開催されています医療安全(患者安全)研修会等に講師をご案内する、これが最も多いお仕事です。

 特に災害や停電などは、医療安全や医療機器安全などとも密接であり、研修内容としては重複する点が多くあります。

 私たちは、医療法および医療法施行規則に準ずる研修の開催をお手伝いいたします。

医療法 第六条の十二
病院等の管理者は、前二条に規定するもののほか、厚生労働省令で定めるところにより、医療の安全を確保するための指針の策定、従業者に対する研修の実施その他の当該病院等における医療の安全を確保するための措置を講じなければならない。

医療法 第六条の十二(医療安全)



防災訓練・消防訓練併用

 みなさん小中学校でも経験している避難訓練。病院でも実施していると思いますが各施設の『消防計画』に基づき定期的に実施されています。
 火災が起きたら避難する(避難させる)という計画があり、その実行可能性を高めるために避難訓練が行われますが、自衛消防団などがあれば初期消火についても訓練されます。

 医療機関は特殊性があり、避難させることが最善とは限らなこともあるため、院内の消防訓練や防災訓練ではBCPに基づいた研修の実施もあり得ます。

 阪神淡路大震災や東日本大震災など大地震に対するリスクマネジメントは社会的に広く認知されていますが、近年は暴風や浸水による医療機能喪失も懸念されており消火や避難だけでなく『災害訓練』の実施も広く行われています。



BCPに特化した研修

 お忙しい医療従事者様のために他の研修との併用をご提案しておりますが、BCPに特化した専門研修も承っています。

 BCPは災害を対象とする事が多いため台風シーズン後に振り返りながらの研修、防災機運が高まる3月11日や9月1日を軸にした啓発的研修などを実施する施設さんがあります。

 BCPの新規導入や未対応テーマへの着手など新しい動きが始まる際には、スタッフ間の共通理解を得るための研修を実施します。

 ワークショップでは4~6人程度のグループに分かれ、あるテーマについてグループ毎に答えを探って頂きます。
 医療安全研修などでお馴染の方法かと思いますので目新しい事ではないと思います。テーマがBCPに寄っているため、平時の診療体制から想像しづらい事を考えて頂く機会として実施します。

 テーマを例示すると『200人分の患者給食と100人分の職員の夕飯を調達』というお題に対し、議論を深めてもらいます。
 前提条件はその場で決める事もあります。厨房がボヤで使えない、広域で停電しスーパーやコンビニが臨時休業などの情報を追加します。

パンなら何個必要か?
カロリーや塩分の調整は必要か?


図上演習・ロールプレイ

 図上演習とは兵棋(へいぎ)演習やMilitary simulation、War gameなど様々な呼び名があります。

 進行役(コントロール班)と実行役(プレイヤー班)に分かれ、コントロール班から出される課題をプレイヤー班が対処していくというものです。

 例えば『13時、大きな揺れを感じた』という状況が投げかけられるところから始まり対処を演習、途中でコントロール班から『外来天井から大量の水、全館断水』『北側のガラスがほぼ全損し屋内に散乱』など、起こりそうだが経験していなさそうな課題が示され、プレイヤーが対処していきます。

 コントロール班は、プレイヤーのスキルアップにつながる話題を提供しなければならないため、話題提供のための基礎知識と創造力が求められます。




研修テーマ事例

医科向け(院内研修・職能団体研修・学術勉強会等)

[001] いま求められている医療を続ける ~ 災害BCPとは ~

[002] BCPの基本的な考え方 ~病院で働く者としての基礎知識~

[003] BCP策定の進め方 ~はじめてのBCP~

[004] 身近な脅威の停電 ~停電を甘受するBCP~

[005] 在宅医療の被災と自助のすすめ ~患者を守る自衛策の検討と実践~



患者・市民向け

[001] 停電時の在宅医療の対応策 ~事例で学ぶ患者と家族の保護~

[002] 医療機器と共に停電を生き抜く ~自宅避難3日を目指す自助と共助~



全国の講演承ります

 全国どこへでも行きます。

 時間帯、曜日を問いません。

 リモート講演も、充実した機材とコンテンツで、ご依頼をお待ちしております。




研修後

Business Continuity Management (BCM)

 BCPは計画(plan)ですが、実際の非常事態ではマネジメントが不可欠となります。

 BCPとセットでBCMが必要とされています。

 BCMはBCPの見直しや改善といった作業のほか、施設や設備の見直し、非常事態を想定した訓練なども範疇です。

中小企業庁:BCM(事業継続マネジメント)の効果と課題, 中小企業白書2016 第4章第2部, p246

BSI: Moving from BS 25999-2 to ISO 22301



BCP見直し

 BCPの機能性や習熟度を観察するための訓練サービスを提供しています。

 マネジャー級だけで実施する机上訓練、スタッフ総出で行う災害訓練、BCPの読み合わせ研修などご希望に沿ったサービスを提供しています。

 PDCAの"A"は平時は"Action"、ただしBCPが活きる場面は災害等の"Accident"に遭遇したときであり、そのaccidentを糧に新しいBCPの策定に役立ちます。





リソース

 当社では研修に役立つ資器材やコンテンツを用意しています。お気軽にご相談ください。

カセットガス式可搬型発電機を使った演習
新聞で紙薪を作るワークショップ
高精細カメラを活用したリモートセミナー