カテゴリー
お知らせ 電気工事

調剤薬局への防犯カメラ設置 | NES株式会社

 弊社代表は臨床工学技士であり、電気工事士です。

 先日、大阪の調剤薬局に強盗が入ったニュースを聞き、同じ医療従事者の身を守る術として、当社シーズの1つである防犯カメラ設置で協力したいと思いました。




まずは4台

 薬剤師1~2名で運営する調剤薬局であれば、まずは4台のカメラで運用開始すると良いと考えます。

 下図の通り店に入ってくる人を店外カメラで捉え、待合室の様子とレジカウンターを1台のカメラで俯瞰的に映し、残る2台でレジ付近を集中的に撮ります。
 レジは人や周囲を映すものと、商品(薬剤)の受け渡しの瞬間を映すものがあれば、何かのミスがあったときの振り返りにも使えます。

当社が提案する基本プラン(800万画素×4台)



調整室・倉庫・事務所

 調製室への防犯カメラ設置は慎重にならざるを得ないと思います。

 スタッフとしては監視されているようで気分の良い物ではありません。

 ただし、強盗が入っている最中などでは、外部から全体を把握したいので、調製室にカメラがあると良いと思います。
 今回の事件ではお薬の引き渡しも要求されたようですので、調製室や倉庫で何があったかの記録も重要になると思います。

 事務所も、現金が保管されるのであれば強盗や窃盗の被害に遭う場所だと思います。
 空き巣狙いであれば従業員にケガを負わせることはないと思いますので、最初に設置すべき箇所ではないかもしれませんが、可能ならば設置する事をお勧めする場所です。




半額で協力

 事件を受けて『早く設置したい』とお思いの調剤薬局の方々のために、優先的にスケジュールするよう努めます。

 費用については、カメラや録画機(レコーダー)などは仕入れにも実費がかかるため通常どおり費用を回収させて頂きますが、工事費は当社の利益部分になりますので、ここを大きくディスカウントします。

 2021年7月末までの先着10件の発注に限り、防犯カメラに係る標準工事費(税別80,000円)を半額にします。

 カメラは防水対応の800万画素のタイプを4台、レコーダーは最大8台のカメラ入力を録画できる物を使います。
 レコーダーは3週間分程度の録画データを保持し、古い物から自動上書きします。

防犯カメラ4台・レコーダー1台1式90,000
資器材費1式30,000
標準工事費1式80,000
特別値引き1式-40,000
消費税1式16,000
2021年7月末までの指定域に所在する調剤薬局様向けのお見積もり
お問い合わせ

※.特価対象は事件のあった大阪市内、および大阪市淀川区に隣接する吹田市、豊中市、尼崎市とさせて頂きます。
※.店舗は原則10坪以内とし、大きな店舗や配線長が著しく長い場合は別途お見積もりをさせて頂きます。店舗が大きくても施工範囲が狭ければ標準工事とさせて頂きます。




寄付

 今回、防犯カメラ工事をご依頼頂きました場合、その売り上げの一部を犯罪被害者支援団体へ寄付します。

[Link] 認定NPO法人 大阪被害者支援アドボカシーセンター




施工方法

 建物の状況に応じて工法を選定します。

 隠蔽配線を優先し、露出させざるを得ない場合は配管や配線カバーを使います。

 カメラシステムはPoE方式を採用し、通信線はLANケーブルを敷設します。

 取り付け予定の機種はローカルでハードディスクに保存(録画)できるほか、インターネット経由でリアルタイムの画像確認あるいは録画データの確認ができる機種です。
 インターネットが無い環境でもローカルでの録画はできます。標準工事ではインターネット接続なしですが、ご要望に応じて施工致します。

800万画素PoEカメラ
画角の調整作業風景

 これまでに調剤薬局がテナントで入る既築ビルへの設置実績があります。

 直近では先月末、治療院が入居する既築建物に防犯カメラ8台を設置しました。


 工事は第1種電気工事士(第2種も保有)が行います。電気設備工事の実務経験があるプロ仕様の工事を実施します。

 加えて、臨床工学技士の実務経験もあり、医療機関として注意すべき点については、一定程度の理解があります。




事件概要

 2021年7月1日14時過ぎに大阪市淀川区の薬局に刃物を持った男が押し入り、現金と向精神薬を奪って逃走したもの。
 従業員にケガは無かった模様。

Yahoo!ニュース: 【速報】大阪市淀川区の薬局に包丁持った男 現金と薬奪い、現在も逃走中 (2021年7月1日16:38)

テレ朝news: 大阪の薬局に刃物男 向精神薬数百錠と現金奪い逃走 (2021年7月1日18:35)

FNNプライムオンライン: 薬局に刃物男 現金と薬奪う 店員トイレに入れ…逃走中 (2021年7月1日19:26)

KSB5ch: 大阪 薬局に“刃物男”向精神薬と現金奪い逃走 (2021年7月2日6:35)

類似事件

産経新聞: 狙われた薬局 医療用麻薬など窃盗被害相次ぐ…大阪府内30件、被害総額400万円超 (2017年11月2日)

大阪府薬剤師会: 保険薬局を狙った強盗事件が発生しました! (2018年1月12日)

海外事件

CNN: 薬局に強盗、「病気の子どもいる」とメモ見せ金奪う 米フィラデルフィア (2020年1月9日13:15)
CNN: Man who robbed a pharmacy gave clerk a note that said, 'I'm sorry, I have a sick child,' cops say (Jan. 9, 2020)




その後(2021年7月30日)

“向精神薬”2400錠と現金奪った疑い 薬局強盗で36歳の男逮捕 大阪・淀川区




ご挨拶(2021年7月31日)

 被害に遭われた方々、店舗の関係者様には改めてお見舞い申し上げます。心身ともにご無事である事を願っております。

 当社として微力ながら防犯カメラ設置に関する半額キャンペーンを展開させて頂きました。本日までのお問い合わせ等を頂いた皆様、ありがとうございました。

 昨日、大阪府警のサイトで検挙の事例を探っていたところ、それらしき事件があったのでYahoo!ニュースで調べましたら、当該事件であったという事で、まずは一安心です。

 何が背景にあったのか、どのような対策を打つべきなのか、業界にも周知してもらえるとありがたいなと思いました。

 今月、当社で設置した防犯カメラ映像が事件解決に寄与した事例が報告されました。大阪府警が足取りを追っていた事件でした。
 画像が鮮明であり、知りたい部分が画角に収まっていて非常に有用であったと警察官から言われたそうです。設置されたビルオーナー様も安心感が高まったと述べておられました。

 リスクとは危害要因ですが、これを制圧する事は難しいです。しかし危害発生の可能性を低減する事は可能ですので、リスクマネジメントとしての防犯カメラ、有用性や費用対効果などについて当社でも深く検討していきたいと思います。