カテゴリー
Press Rerease research 医工連携

全国の医療機関リストのExcelデータ無償提供開始、および集計システムの自社開発 | NES株式会社


Press release

全国の医療機関リストのExcelデータ無償提供開始、および集計システムの自社開発について

 平素より弊社事業につきまして、ご理解とご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

 弊社の主要事業であります医工連携事業化推進コンサルティングにおきましてお客様より、成果物の販売先となる医療機関のリストを御請求頂くことがあります。弊社では最新データを迅速に提供できるよう新たにアプリケーションソフトウェアを開発し、ご契約先様へExcelデータを無償提供するサービスを開始しました。

 厚生労働省の地方厚生局では毎月、最新の保険医療機関・保険薬局の指定一覧を公開しておりますが、そのフォーマットは厚生局間で統一されておらず、同じ局内でも異なるフォーマットを使用している場合があります。フォーマット自体も集計しづらい物があり、エクセルデータで1施設1行ではなく複数行で情報を示しているフォーマットが存在し宛名ラベルの作成などには不向きなデータとなっています。

 このたび弊社ではVisual Basic 6.0を用いたシステム開発を独自に行い、厚生局が公開するデータから47都道府県を統一フォーマットでExcelデータ化するアプリケーションソフトウェアを開発しました。厚生局からのダウンロードは自動化できませんが、都道府県名を付けたExcelファイルを同一フォルダに収納する事でワンクリックで47都道府県のデータをインポートしデータベースを作成する事が可能となりました。

 ソフトウェアは社内で使用しますが、お取引先様や連携先様にはExcelデータを無償提供いたします。


プレスリリース: 全国の医療機関リストのExcelデータ無償提供開始、および集計システムの自社開発について


出力されるExcelデータ

2021年5月24日
NES株式会社




サンプルデータ(見本)

 当社で集計して無償提供するExcelデータの見本です。

 1つは全47都道府県の400床以上の医療機関(病院)を1つのエクセルファイルにまとめたものです。

 もう1つは兵庫県内の医療機関(病院および診療所)を病床の多い順にリスト化したエクセルファイルです。

47都道府県の400床以上の病院リスト
兵庫県内の病院・診療所リスト



データ出典

 データは当社で調査する訳ではありません。

 厚生労働省(地方厚生局)が毎月公開するデータに基づいたリスト作成を行います。

北海道厚生局 https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/hokkaido/

東北厚生局 https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/tohoku/

関東信越厚生局 https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kantoshinetsu/

東海北陸厚生局 https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/tokaihokuriku/

近畿厚生局 https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kinki/

中国四国厚生局 https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/chugokushikoku/

四国厚生支局 https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/shikoku/

九州厚生局 https://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kyushu/

厚生労働省: 医療施設調査・病院報告(結果の概要)




独自の集計システム

都道府県データをインポートしDB化

 当社が独自開発したシステムでは、厚生局のホームページに掲載される都道府県別のExcelデータを独自のアルゴリズムで読込み、独自のファイルに取り込んでデータベース化する仕組みとなっています。

 都道府県別のExcelデータは統一されたフォーマットではないため、そのタイプ別に処理を分けています。
 見た目には1つのシステムですが、内部的にはいくつかの異なるプログラムが書かれています。



DBから出力

 データベース化した医療機関情報は、様々な条件でExcelファイルとして出力できます。

 病院限定、有床クリニック限定、400床以上限定、兵庫県限定などExcel出力前に調整が可能なため、Excelで47都道府県分の集計をしなおすような必要はありません。

 本システムは医工連携の販売戦略に活用する目的があるため、Excel上のリストの並び順は病床順だけでなく、エリアがわかりやすいように所在地順にも並べる事ができます。

 特に医工連携では、連携する医療機関が在る場合が多く、その医療機関から物理的に近い医療機関への営業活動が奏功しやすいという事もあり、所在地で絞り込むことが有意義になります。



開発言語を手入力

 今回の開発言語はVisual Basic 6.0(VB6)です。
 この開発言語は1998年秋にリリースされた古い言語なので、色々と課題があるため他人に提供するシステムには使いませんが自己完結するシステムの開発に専ら利用しています。

 VB6を使う理由は『20年来の使い慣れた言語』だからです。
 Visual Studioも保有しているため、しっかりしたシステムはそちらで開発しますが、今回のようにインポートとエクスポートの2つしか機能がないような場合、手引書などを読まずにプログラミングできるVB6を利用してしまう事が多いです。

 今回は5月18日に開発を開始し、5月20日までにプロトタイプが完成、幾度かのインポート/エクスポート試験を経て5月21日に完成しました。4日間の作業です。

日経XTech: マイクロソフトの最新開発ツールの発売日と価格が決定 (1998年9月4日)



手抜きアイコン

 外部にリリースして人目につくのであればアイコンも入念に検討しましが、今回は内部でわかれば良いということで、簡単なアイコンにしました。




お問い合わせ

  本件に関するお問い合わせはこちらからお願い致します。

カテゴリー
BCP Press Rerease research

季節性インフル予防接種全国費用調査 | NES株式会社


Press release

季節性インフルエンザワクチン予防接種の全国費用概況調査について

 新型コロナウイルス感染症に感染されてしまった方々にお見舞い申し上げます。また、この状況下でも休むことなく働く医療従事者の皆様に心より感謝申し上げます。

 その新型コロナウイルス感染症は医療や医学の常識や常態に変化を与え、今後の社会や経済の情勢によっては医療経済も大きな変化が想定されるところであります。

 一般的な医療は国民皆保険制度の中で行われる保険診療がほとんどであり中央社会保険医療協議会(中医協)を経て診療報酬が決められているため、全国一律の価格設定がなされています。一方で季節性インフルエンザのワクチン予防接種は自由診療で行われており、多くの国民が接種するため全国の医療機関で施行されています。

 そこで、このワクチン接種の費用が地域医療の実情を反映しているのではないかとの仮説の下、全都道府県の費用をインターネットで調査しました。

 隣接県間でも平均値で1,000円差が出る地域があることが明らかになるなど、今後の医療動向を検討する上で何らかの役に立つのではないかと考えます。

 精緻なデータではございませんが、医工連携を推進するコンサルティング企業として、他にはない独自データを収集し、リアリティある医療事業の推進に努めて参ります。


プレスリリース: 季節性インフルエンザワクチン予防接種の全国費用概況調査について (NES)


成人費用のヒストグラム

成人費用の都道府県別平均額


厚生労働省: ワクチンの供給状況について

厚生労働省: 季節性インフルエンザワクチンの供給について(更新情報), 厚生労働省健康局健康課, 事務連絡, 2020年10月23日

厚生労働省: 季節性インフルエンザワクチンの供給について, 厚生労働省医政局経済課長・健康局健康課長・健康局結核感染症課長, 医政経発0909第1号・健健発0909第1号・健感発0909第3号, 2020年9月9日

厚生労働省: 第24回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会研究開発及び生産・流通部会, 厚生科学審議会, 2020年8月29日

2020年10月31日
NES株式会社

カテゴリー
BCP Press Rerease research

避難所を想定した温度調査の公表 | NES株式会社

避難所を想定した温度調査の公表(自験例)

 弊社の主要事業であるBCP(事業継続計画)策定支援で用いるデータの多くは行政資料や論文等を引用させて頂いております。当然ながらお客様も他社様も同じデータを利用することができます。
 より付加価値の高いサービスの提供を目指し、私たちは自験例の積み上げに努めております。

 今回公表させて頂くデータは、避難所となる体育館を想定し、コンクリート上の温度を独自に調査しました。本調査は昨年夏にも実施しておりますが、今回は冬の調査結果を得ましたので公表致します。

 調査場所となった兵庫県伊丹市は約25年前の阪神淡路大震災で震度6を記録、今回の調査場所の敷地内では住宅が倒壊するほどの被害がありました。震災のあった1月、寒い中で避難所生活を強いられた住民が多く居る地域であることを回顧し、調査を実施しました。
 結果を見ると日影の温度は12月の調査では約10℃、8月の調査では約30℃でした。10℃の床上で何時間も過ごし、毛布1枚で寝る事は過酷であることを察することができます。また夏場には床上で30℃となり、トイレ事情が悪い避難所では水分摂取を控えてしまう被災者も少なく無いため、熱中症の危険が迫りやすいことが予想されます。

 今回の公表結果以外にも1週間の変動や地方気象台のデータとの比較なども行っており、さらに精査を進めてお客様のBCP策定に役立てたいと考えております。

 私たちは根拠に基づくサービスの提供を目指し、新たな調査・研究を進めて参ります。

2020年1月3日
NES株式会社




試験概要

標題

避難所を想定した屋外温度調査

方法

  • 温度計を3個用意し、3箇所の温度を1分間隔で測定
  • 測定箇所Aは壁の無いテントで作った日影の高さ1mの温度
  • 測定箇所Bは1日中直射日光が当たらない日影に置いたブロックの下の地表面
  • 測定箇所Cは昼間に直射日光が当たる日なたに置いたブロックの下の地表面
  • 結果をグラフにまとめて考察

期間

2019年8月の3日間、12月の3日間、各日0時~24時

実験者

西 謙一(臨床工学技士・電気工事士)

場所

NES株式会社 (兵庫県伊丹市野間5-10-13)




結果

 夏・冬ともに日影は温度変化が少なかった。

 夏の昼間、日なたでは45℃を超える時間があり、35℃以上が5時間以上続いた。日影であってもほとんど30℃程で推移した。

 冬は気温から大きく差が出ることなく推移した。日なたでは1日の温度差が10℃以上ある日もあったが、日影では概ね10℃で上下幅少なく推移していた。

 夏・冬ともに健康上の危険が迫る可能性があると考える。

 夏日や熱帯夜の基準温度である25℃を下回る事は一度もなかった夏場は常に汗ばむような気温であり、体育館のような人が密集する場所では湿度が高まり、熱中症リスクが高まると考える。また、避難所はトイレ事情が悪いため水分摂取を敬遠する人が多くなることが既知であり、水分補給の少なさが熱中症リスクを更に高めると考える。

 阪神大震災や東日本大震災が発生した冬場は、気温が高くならないため避難所でも寒い状況が続く。本調査でも15℃を超えたのは日なたで僅かな時間であり、10℃前後が長時間続いた。食品衛生法では冷蔵を10℃以下と定めており、気温10℃は正に冷蔵庫並みと言える。深部体温が35℃以下になれば低体温症を発症し生命危機にもつながりかねないため、毛布1枚で過ごす事となる避難所では体温維持のための方策が不可欠であると考える。

カテゴリー
BCP Press Rerease research

避難所の熱中症注意喚起について | NES株式会社

避難所の熱中症注意喚起について

 弊社では事業継続計画(BCP)策定支援事業を展開させて頂いておりますが、少しでも精緻な計画を立案できるよう根拠データの取得に努めて6月には冷凍冷蔵庫の停電後庫内温度の調査結果を公表しました。

 最高気温が35℃を超え熱中症のニュースを多く耳にするこの時期に、避難所での生活を安全に過ごすためには熱中症リスクについて把握すべきであると考え、温度測定を実施しました。

 結果の概要として、気象観測用の百葉箱で測定される公式の気温と生活上の温度には差があることがわかり、昼間で5℃程の差を確認しました。更に日なたの温度は10℃程の差があり、この日の最高温度は45℃を記録しました。体育館を模擬した日影の地表面の温度は昼夜の差が少ないものの、30℃を下回る時間はわずかであり、1日の大半を体育館の床上で過ごす場合、30℃に耐えられる身体であるかを観察し続ける必要があると考えます。

 皆様の生活に役立つ情報提供を続けられるよう、これからも努めて参りますので引き続きのご愛顧をよろしくお願い申し上げます。

2019年8月10日
NES株式会社




概要

標題

避難所を想定した屋外温度調査

方法

  • 温度計を3個用意し、3箇所の温度を1分間隔で測定
  • 測定箇所Aは壁の無いテントで作った日影の高さ1mの温度
  • 測定箇所Bは1日中直射日光が当たらない日影に置いたブロックの下の地表面
  • 測定箇所Cは昼間に直射日光が当たる日なたに置いたブロックの下の地表面
  • 参考値として神戸地方気象台発表の10分毎の気温
  • 結果をグラフにまとめて考察

期間

2019年8月9日(木) 0時~24時

実験者

西 謙一(電気工事士/臨床工学技士)

場所

NES株式会社 (兵庫県伊丹市野間5-10-13)




結果

 夜間は測定する場所の違いによる温度差は少なかったが、日の出とともに温度は上昇し昼10時頃には差が顕著となりました。

 この日の神戸地方気象台発表の最高気温は13時30分の33.0℃、その頃の日なたの実測温度は45℃に達していました。
 実験場所の高さ1mの温度は最高で39.4℃となり、百葉箱で測定されたものと5℃以上の差が見られました。環境省熱中症予防サイトによると、この日の神戸の暑さ指数(WBGT)は29.9℃で『厳重警戒』レベルにありました。

 直射日光を遮るだけのテントでは日の出とともに温度は上昇し朝8時には35℃を超えました。体育館の床を模した日影地表も朝8時には33℃程になり、それが8時間以上も持続するため熱中症リスクは高いと考えられます。

 体育館で運動する場合に比べれば座って過ごす方が熱中症リスクは低くなりますが、好条件の場所であっても高温となるため看過はできません。

 日なたに置いたブロックの下では45℃を超えたため、この状況はただちに熱中症の危険が迫っているものと考えられます。
 被災者は体育館の中で待機できたとしても、救援物資や食事の運搬等で、屋外での活動を強いられる市役所職員らの熱中症リスクは相当に高く、仮に日陰で活動したとしても40℃近くまで温度が上昇しているため危険度は高いと考えられます。
 更に被災者優先の心遣いにより飲水を控える職員が居た場合、熱中症リスクを更に高めてしまう恐れがあり、BCPや災害マニュアル等でも配慮が必要であると考えます。

 本実験を通じ、気象庁発表の気温に比べ避難所の環境温度は5℃以上高温である可能性があり、熱中症リスクは相応に高まると考えます。

避難所を想定した屋外気温調査(NES)
カテゴリー
BCP Press Rerease research

停電時の冷凍冷蔵庫の庫内温度調査の公表について | NES株式会社

停電時の冷凍冷蔵庫の庫内温度調査の公表について

 昨年6月、私たちの本社がある兵庫県伊丹市でも大きな揺れを感じた大阪北部地震から1年が経過しました。いまだ復旧は進まず、ブルーシートがかかったままの住宅も散見されています。

 この地震のあとには西日本豪雨(7月)、台風21号(9月)による大規模停電、北海道地震(9月)による全道停電が発生しました。

 弊社では事業継続計画 (BCP: Business Continuity Plan)の策定支援を生業の1つとさせて頂いていることから、常日頃より『根拠に根差した提案』に努めているところであります。その中で、停電時の冷凍冷蔵庫の挙動について根拠あるデータが少ないことが既知であったため、このたび独自に実験を行いました。

 皆様に生活に役立つ情報提供を続けられるよう、これからも努めて参りますので引き続きのご愛顧をよろしくお願い申し上げます。

2019年6月18日
NES株式会社




概要

標題

停電時の冷凍冷蔵庫の庫内温度調査

方法

 家庭用冷凍冷蔵庫にペットボトルを入れて冷却後、電源を断ち温度変化を観察。ペットボトルは容量900mL、冷凍庫と冷蔵庫にそれぞれ10本ずつ収納し、観察中は扉を開けずに庫内温度の変化を記録。

期間

2019年6月16日(日)~6月18日(火)

場所

NES株式会社 (兵庫県伊丹市野間5-10-13)




実験

様子

 冷蔵庫内の様子。水を充填したペットボトルを置き、温度計のセンサーを置いて扉を閉めます。

 冷却は特別な事はせず、普通の家電品の使い方と同じ方法で冷やします。

 冷凍庫内の様子。冷蔵庫と同じ方法です。

 冷蔵庫は電源を通電することで冷えるので、十分冷えた頃合いを見計らってコンセントを抜き、停電状態にしました。


実験結果

 冷蔵庫10℃、冷凍庫5℃の状態で停電状態に切替えました。
 この温度は冷凍冷蔵庫の防霜機能が働いている状況を想定しています。

 室温(気温)は25℃前後で推移していました。

 冷蔵庫内の温度は徐々に室温に近づいて行き、およそ2日で室温に達しました。

 冷凍庫は約6時間で0℃に達し、以後は長時間0℃を維持しました。


考察

 冷凍庫は開けなければ0℃を維持でき、何もしないことで保冷効果を得られることが示唆されました。

 本実験では庫内温度が高めの状態で開始したため、次回はマイナス15℃を下回る冷凍庫内温度の状態から開始する停電実験を行う予定です。




お願い

 本実験は当社独自のものです。

 実験データの無断利用はできません。

 研究等でご利用になりたい場合は許諾請求してください。

 社会貢献を目指して実験しましたので、ぜひご活用ください。