カテゴリー
BCP BLOG

COVID-19 (2020年4月14日) | NES株式会社

COVID-19 April 14, 2020 update


本日も平常通り

 当社では、本日も通常通り営業しました。

 COVID-19(新型コロナウイルス)に関する特設ページは下記バナーをクリックして頂ければご覧いただけます。

 本日の気になった記事などは、下方に記載しています。あくまで私見ですので会社の総意や公式見解ではありません。




今日のトピック


医療崩壊が目前!?

 患者の急増が医療崩壊を招くという報道がありますが、今の状況ではそれだけが原因ではないという見方もできそうです。

 『院内感染』というタイトルで報じられる事案が多数ありますが、このように報じられた医療機関は診療機能の低下のみならず、医療従事者へ様々な負荷がかかっています。

 また、物資不足、特に個人防護具(PPE)の不足は深刻となっており、今ではゴミ袋を身に付けて仕事をする医療従事者が居るほどになっています。



感染した場所が病医院

 『医療崩壊』を抑えようと様々な活動が行われ、外出自粛も行われていますがそのような中でも仕事を続けているのが医療です。

 新型コロナウイルスに感染している人、感染が疑われる人、一見すると感染とは関係なさそうな人も含めて健康に何らかのトラブルを抱えた人が訪れる場所が医療機関です。

 その場所で、偶然にも何らかの形で感染してしまう事があります。

 医療機関には、感染制御室などを構え、感染について細心の注意を払い、様々な対策を講じています。

 それでも、医療機関という場所で感染が起きてしまうのは、医療従事者や施設の不注意ではない事が多いと思われますが、ニュース等では『院内感染』として報じられるため、医療機関には罪悪感が残ってしまいます。地域からも冷たい目で見られたり、職員や家族が差別的な扱いを受けた医療機関もあります。

 感染した場所が医療機関であったことは事実かもしれませんが、感染させたのが医療機関という訳ではないと思いますので、このような風評が減る事を願っています。


北播磨総合医療センター: 新型コロナウイルス感染症の影響による誹謗中傷・風評被害について (2020年3月22日)

NHK: 神戸 院内感染で救急医療危機感 (2020年4月14日)



病院閉鎖ドミノ

 病院内での感染が発生した場合、感染エリアを封鎖して消毒等を行いますが、そのエリアでの業務再開には一定の期間を要します。

 エリア限定の業務制限であれば診療機能・量・質への影響は少ないかもしれませんが、病院名が公表され、医療機関全体の業務が制限されると影響は多大になります。

 病院が業務を停止した場合、まずは外来が休診となります。手術や救急受入も中止になる可能性が高いです。最後に、現に入院している患者さんを他院へ転院してもらうことで、病院の機能を完全に停止する事になります。

 完全停止までならずとも、外来や救急が停止することにより、1日に数百人という患者が他院へ振られることになりますので、地域の医療機関に負荷がかかります。
 仮に、患者2割増となれば業務量も2割増ですが、新型コロナウイルス感染症が迫っている現在、普段よりも注意すべき事項が増えているため業務量は数割増しとなっており、そこに2割増しとなれば過負荷は免れません。

 患者が増えた医療機関で、新たにクラスターのような事が起これば、同様に外来や病棟が閉鎖され、他院へ患者が振られることになり、医療機関数が少ない地域や、人口の多い地域では早々に破綻を招くと考えられます。

 1施設の閉鎖が、ドミノ的に閉鎖を呼ぶことになる可能性があります。



物資不足で医療崩壊

 医療従事者は感染制御と患者安全について基礎教育を受けています。

 患者を守るだけでなく、医療従事者自身を守るための術を身に付けており、マスクや手袋を装着するのは当然となっています。

 その、最低限の装備品が足りなくなっています。

 医療従事者を志し、医学部や看護学科等を卒業し、国家試験に合格し、医療に従事しながら日々研鑽してきたプロフェッショナルの皆さんが、ゴミ袋を纏って仕事をしている姿は目も当てられません。

 『この空気を吸っていたら感染する』と分かっていて、マスク無しでそこへ入っていく事はできませんが、患者を目の前にした医療従事者がガラス越しに見物している事はできず、もしそのような事を強いられるとなれば大きなストレスを抱える事になります。

 個人防護具に不備があれば医療従事者が感染します。重要な戦力を失いますし、チームの士気が低下します。1人欠けるだけでも乱れる医療現場で、複数名の感染となればチームが崩壊していしまいます。



雨カッパ

 防護服不足を懸念し、大阪府市でも調達に努めてきましたが、本日、松井市長から雨合羽を提供してくださいというメッセージが送られました。

 コンビニ等で販売されている薄手のカッパで良いので、大阪市に売って下さいというものです。

 それほど、切羽詰まっているということです。
 もし、在庫をお持ちの方は大阪市へご連絡ください。

◆問合先…大阪市健康局総務部総務課 06-6208-9892

MBS: 「雨ガッパ送って下さい」医療現場で“防護服が不足”…大阪の松井市長が協力呼びかけ (2020年4月14日)



家に居よう

 できれば、家に居ましょう。

 仲間と遊ぶことも大事ですが、違う遊びも考えてみましょう。

 悪いシナリオはいくらでも書けそうですが、良いシナリオは『人との接触を避ける』以外には無さそうです。

 できれば、家に居ましょう。




過去の関連記事

2020年04月10日

2020年04月09日

2020年04月05日

2020年04月04日

2020年04月01日

2020年03月30日

2020年03月29日

2020年03月28日

2020年03月01日