カテゴリー
BCP BLOG

減災に向けた軽トラックの調達検討 | NES株式会社

 当社の中核事業にBCP(事業継続計画)に関するコンサルティング業務があります。

 BCP導入当初は『いま、この瞬間に災害が起きても対処できる計画』を念頭に置きますが、その後のBCP(事業継続マネジメント)では備蓄の見直しや従業員の研修などを重ねていきます。




軽トラック

 軽トラックとはトラック型の軽自動車で『軽トラ』(けいとら)と呼ばれているものです。

 一般的に座席が2つ(ツーシーター)で、車室部分はさほど広くありません。

 11年連続販売台数日本一というダイハツのHIJETは荷台長1,940mm、荷台幅1,410mmです。畳がスッポリと入るサイズです。

 車両重量は800kg程です。軽乗用車でよく売れているN-BOXが900~1,000kgなので、大人2~3人分くらい軽いです。

軽乗用車

[Link] ダイハツ: ハイゼットトラック

[Link] ホンダ: N-BOX




減災と軽トラ

 今回、減災をテーマに軽トラックの調達を検討した理由はいくつかあります。

 非常事態に陥ったとき、物資の枯渇が発生します。

 2018年に大規模停電が発生した際には、概ね30分圏内の商店はほとんど臨時休業となりました。
 当時、勘を頼りにバイクで走行し開店中のお店を見つけて物資調達できましたが、ある程度の備えがあったことや、対象人数が少なかったのでバイクに積める量で事足りました。

 職場や地域コミュニティを想定すると食料だけでも段ボール数箱になります。毛布など軽い物でも容積は大きくなりますので運搬に課題が生じます。

 また地震や台風のあとはゴミ処理も問題になります。大量のごみを処分場まで運ぶ必要がありますが、浸水した場合は泥だらけの物を乗用車の車内に積むのは気が引けます。

 災害自体を止めることはできませんが、発災後の被害を少しでも小さくするために軽トラの導入を検討しました。




合法的ではないが、人も運べる

 1度に何人もを寝かせたまま運びたい、大地震ではそうした状況が起こり得ます。

 阪神淡路大震災で大きな被害を受けた神戸市の病院には当時、リアカーで人を運んでくる光景が見られたそうです。当時でもリアカーは少なくなっていたと思いますが、今はほとんど見かけなくなっています。

 大震災では半径20kmくらいは被災し大混乱、ある程度の遠方まで患者を運ばなければ助からない事も考えられるので、最悪のケースとして人も運べるという事に価値があると考えます。

 また、酸素ボンベや人工呼吸器を搭載した車椅子は乗用車に積載しようとしてもたくさんは積めません。軽トラなら、チューブを患者につないだまま人と車椅子を荷台に積むこともできます。しかも複数積載できると思いますので、緊急避難的な考え方として軽トラの活路があるように思います。




GOA拡大

 私たちは『GOA』を推進しています。

 GOAとはgoal-oriented action、目標志向型の行動です。

 極端に言えば、目標のためには手段を選ばないという事です。

 実際には『良心と秩序に基づくGOA』として、どこまでが許容される行動であるかを事前に議論し、緩い基準を設けておきます。

 あまり強いルールで縛ると救い得る生命を落とす可能性もあるので、縛り過ぎない事が大事です。

 軽トラで何を運ぶことができるのか、軽トラをどのようなシーンで活用するのか、当社ではGOAを踏まえた議論が始まっています。




実勢価格は50~100万円

 軽トラックの車両本体価格は100万円程です。

 値引き交渉はできるのだと思います。オプションの有無でも金額が増減します。スマホ全盛時代なのでナビは要らなそうですがドライブレコーダーは欲しいところです。寒冷地仕様が必要な地域の方々も居ると思います。

 そこに軽自動車税17,300円、自動車重量税6,600円、自賠責保険料20,310円の44,210円の値引き不可な諸経費がかかります。

 新車としてディーラーさんで支払う額は100~120万円程度になると見られます。


 視点を中古車に向けると、年式の新しい物では新車並みの価格で販売されていました。

 10年落ちで10万km未満に絞ると50万円以下でも販売がありました。ただし、殆どが5速マニュアル車です。軽トラの中古車の半数以上がマニュアル車なので仕方ありません。

 走行距離を5万km程度に絞ると、平均して50万円という価格帯でした。

[Link] グーネット中古車: 軽トラック・軽バン




諸費用・維持費

 車の維持費として車検と保険があります。

 自動車保険をシミュレーションしてみました。10年前の軽トラで30歳以上ゴールド免許、本人のみ運転で試算しました。
 業務用とすると年間5万円程、自家用で年間3千km以下なら3万円程でした。災害備蓄としての軽トラであれば走行距離はそれほど多くないでしょう。

 車検については自家用軽トラとして自賠責などの法定費用が4万円程、ここに車検費用が加わって総額10万円程です。

 自動車税は車検が無い年にもかかります。軽自動車(4輪)の自家用貨物は5千円です。

 駐車場を借りる場合は月5千円~2万円くらいですが、減災のための車両を駐車場代を払ってまでという事は少ないかなと思います。




総じて月1万円~

 軽トラを買って10年で廃車にすると仮定します。

 50万円の中古車、2・4・6・8年目に車検を受けて4回で40万円、損害保険が10年で30万円とすると、合計120万円です。

 年12万円、月1万円という計算になります。実にキレイな数字になりましたが、偶然です。

 これが新車だと車両が50万円upなので170万円、120月で除すると14,166円です。

 もし事故などを起こさずに中古で売ると負担額を軽減できます。8年目の車検で手放せば2・4・6の3回車検で30万円、保険は8年分で24万円、中古買取が30万円とすると差引支出124万円となり、96月で除して12,916円となります。
 もしかすると10年目で無価値になる前に、8年で売ってしまった方が総額として安く済むかもしれません。




乗りつぶすならリースより買取(?)

 軽トラのリース費用を調べてみると新車9年リースで月々15,620円でした。下図はボーナス加算ありの場合です。

 走行できる状態を借りる(リース)ので自動車保険は別途かかります。前述の例ですと月3千円程です。

 10年乗って下取りがゼロ円だとしても、買取なら保険込で14,166円という試算でした。車検代が多少高くなったとしても十分に負担額は安いです。

 8年で乗り換えて行けば、リースで9年よりも高頻度で乗換ができて、しかも月額平均の負担額が5千円近く安くなります。




発電機を運べる

 当社では停電対策の研究を行っています。

 研究するために、機材を医療機関等へ持ち込む事もありますが、発電機となるとなかなか運べません。

 某倉庫型店舗で見かけた発電機の重量は92kg、しかもガソリンを使うという事で燃料漏れした際の影響は多大です。

 軽トラなら、そのあたりの事を気にしないで済むのでアリなのかなと思いました。

 ただし、いま当社が推しているのはLPガス(プロパンガス)発電機です。燃料の保管がラクで、災害時にも比較的調達しやすい燃料だからです。




N-BOXなら月2万円

 軽トラではなく軽ワゴンのシミュレーションもしてみます。

 ミリ波レーダーなどのセンシング技術による衝突軽減ブレーキ搭載、アイドリングストップなどのエコカー減税対象の装備を実装できる軽自動車です。

 諸費用込みで160万円くらいのようです。上を見ればオプションもたくさんあるのでキリがありません。

 自家用情報軽四輪の自動車税は7,200円、損害賠償保険(二に保険)は年3万円、車検は10万円とします。

 10年間で総費用240万円とすると120月で2万円/月となります。

 人気の軽乗用車なので、少し高めのグレード、自動スライドドアなどが付いたタイプを買って中古で売る事を想定しても良いと思います。
 8年前の車種でも走行距離が短ければ半値の80万円くらいで売られていますので、買取価格もそれなりに高いと思います。

 




車中泊や長距離ドライブならワゴン型

 『軽キャン』などと言われ軽ワゴンで車中泊する人が増えています。

 軽ワゴンなら確かに寝れます。デスクワークをするならハイエースのようなワゴン車が欲しいですが、ある程度の事は軽ワゴンでもできます。

 長距離ドライブをする際の仮眠にも軽トラより快適です。

 ある程度のグレードの軽ワゴンならドライブアシスト機能もあるので、長距離の運転もラクになります。

 ただし本体価格が倍近くになるので、月々の負担が大きくなります。備蓄用や減災用というレベルではなく、普段使いもしたくなるレベルなので、それであれば自家用車の見直しをした方が良いかもしれません。




非常事態を再考

 今回は物資調達や人の運搬など、非常時に発生する業務を支援する視点から軽トラックを検討しました。

 普段は必要ないが、非常時にのみ使用するという軽トラに月1万円以上も負担するのは少々重いと思います。

 では、常用と非常用を兼用するとどうなるか。そこを考えると軽トラではなく軽ワゴンという方向に傾いていきました。元の考えに立ち戻ると、ベッドや車いすを載せるといったこと、泥だらけのゴミを運搬すること等を考えてみるとN-BOXのような車は勿体ないなとも思います。

 10年に1度も遭遇しない非常事態だとすれば、10年間乗り続けても1度も汚れた物を載せないかもしれません。

 まずは非常時に何をしたいのかをしっかりと考えて、それに合う備蓄としての車両を再検討したいと思います。

カテゴリー
BCP Press Rerease

停電時の冷蔵品保管の新知見発表ならびに医学論文掲載のお知らせ | NES株式会社


Press release

停電時の冷蔵品保管に関する当社データの医学論文掲載

 停電すれば冷凍冷蔵庫内の温度は上昇する事は容易に想像できますが、何時間で何度程度の上昇があるかについては公開されているデータは多くありません。

 当社では2019年6月に冷凍冷蔵庫の庫内温度調査の結果を公表しました。同年、台風15号で千葉県内では大規模な停電が発生しました。この台風により未使用のインスリン製剤が不適切な温度管理下にあったのではないかとお考えになられた医師が調査を実施し、医学論文(報告)として発表されました。その文献に当社の調査データが掲載されましたのでお知らせします。

 掲載雑誌は2021年9月30日発行の日本糖尿病学会誌の第64巻9号の502~505ページです。インスリン製剤は未使用状態では2℃~8℃の冷蔵保管が必要であり、使用開始後は30℃以下の室温で補完するよう指導されています。インスリン製剤は自己管理、自己注射している患者が多く停電による不適切な管理があったのではないかと考えられたためアンケート調査を実施なさった先生方のご報告になります。

 文献には『謝辞』という項目を設ける事が許されていますが、今回は貴重な文面に3行も費やして頂き謝辞欄を設け、『冷蔵庫内温度変化のデータを提供していただいたNES株式会社西謙一氏に深謝いたします。』と書いて頂けました。大変光栄なことがありましたので、お知らせいたします。

[Link] 日本糖尿病学会誌 第64巻 9号

[Link] 瀧澤 裕樹, 小川 理, 西田 藍: 令和元年房総半島台風後の真夏日,長時間停電時におけるインスリン保管状況に関する質問票調査, 日本糖尿病学会誌, 第64巻9号, p.502-505, 2021年


 文献には、2019年に当社が実験して公開したデータが利用されています。

 雑誌掲載されたグラフはインターネット等では公開していないグラフ(図)になります。

停電時の冷凍冷蔵庫の庫内温度調査の公表について (2019年6月18日)




停電時の冷蔵品保管の新知見データ

 当社では今週、クーラーボックスを使った冷蔵庫代替実験を実施しておりました。本実験はクーラーボックスの容積に2割相当の氷を入れた状態で、経時的に庫内温度がどのような変化をするか確認する事を目的としています。約30℃の室温から庫内温度が下がり切るまでに2時間程を要しましたが5℃に達するまでは30分程でした。停電後に冷蔵庫が10℃に達するには半日程かかるため、クーラーボックスに移し替える場合は庫内温度が安定するまで十分な時間的猶予があることが示唆されました。

 庫内は2日程は5℃前後を維持し、更に2日程は10℃前後を維持できることがわかりました。本実験によりクーラーボックスが4日程度まで冷蔵庫を代替できる事が示唆されました。

 当社では今後も、同様の実験を重ね、現実味のあるBCP策定に努めて参ります。


プレスリリース: 停電時の冷蔵品保管の新知見発表ならびに医学論文掲載のお知らせ(NES株式会社)


2021年10月1日
NES株式会社


お問い合わせ

  本件に関するお問い合わせはこちらからお願い致します。




関連ページ

停電時の冷凍冷蔵庫の庫内温度調査の公表について (2019年6月18日)

避難所を想定した温度調査の公表 (2020年1月3日)

非常電源と医療機器(ME)

冷凍庫のドアが閉まっていないことに気づきたい。1,000円で閉め忘れ防止!! 




お問い合わせ

カテゴリー
BCP BLOG

明日の台風に備えて | NES株式会社

 今夜から明日にかけて関東や伊豆諸島には台風の影響が出ると見られています。

 特に伊豆諸島では電柱が折れるほどの強風が予想されており、すでに強い風が吹いているようです。

 雨の量も伊豆諸島では24時間で300ミリ、関東や東海でも100ミリを超える場所があるようです。




明日はこうなる

 伊豆諸島では様々な被害が出ることが予想されています。

 関東でも太平洋側では高潮や暴風の影響が出る可能性があり、電力会社でも警戒を呼び掛けています。

 鉄道は既に計画運休が発表されていますので、出勤はできても帰宅できない可能性があります。

 停電が起こればスーパーやコンビニ、自動販売機などあらゆるものが臨時休業になります。

 大雨が無ければ自家用車は動かせるかもしれませんが、冠水や倒木などがあれば大渋滞が予想されます。




計画運休

 JR東日本によれば、明日は一部で計画運休、それ以外でも運休の可能性がありそうです。


 JR東日本千葉支社発表の資料では鴨川などに向かう外房線、内房線が午前で打ち切りとなる予定です。

 銚子や鹿島へ向かう電車も同様です。


 下図は2019年の荒天で鉄道が運休した際の千葉市内の様子です。

 撮影者は出張で幕張に行っていたので、この日はホテルを取っていましたので困りませんでしたが、少し前まで幕張で一緒に居た知人は千葉県内の自宅には戻れず、東京へ行って宿泊しました。

 明日は出勤できても帰宅できない、そのような天気です。

 はじめから出勤しないという選択をとるか、今からホテルを予約するか、車中泊覚悟で車で行くか、何か策を持っておくと良いと思います。

[Link] 直面、帰宅困難者(千葉)…帰宅難民が多発した千葉みなと駅に居合わせました




停電

 台風ですから停電の可能性もあります。

 2018年の台風21号、2019年の台風15号・19号は記憶に新しいと思います。

 今回の台風による停電が警戒されている千葉では、2019年には鉄塔の倒壊や、ゴルフ練習場のネット倒壊など暴風による大規模な被害がありました。

 我々は2018年の台風21号で52時間の停電を経験しました。

 停電対策としては、停電しても強く生き延びられるようにしておくことです。

 もっともわかりやすい対策は発電機や蓄電池を使って電力を供給し続けることです。

 その実証結果についてか下記をご参照ください。

[Link] 52時間停電で実証 現場適応性の高いNESの強靭住環境


 電力が数日無くても生きていくことはできますが、かなり不便です。

 もし、今はまだ台風が来ていないのであればスーパーでもドラッグストアでも良いので、食糧などを調達しに行きましょう。

 明日を予想するならば、下図のような状況でしょう。

 停電によりレジも空調も冷蔵庫も使えないので臨時休業になるか、お店は開いても物流が途絶えて日配品などは空の状態になるかのいずれかです。物流が途絶える理由の1つが信号のブラックアウトです。身動きが取れないほどの大渋滞が起こります。




我々は発電機

 2018年の台風では、メインの電源を発電機でまかないました。

 まだ9月4日は暑かったので、エアコンを使って過ごしました。冷蔵庫も使いました。光回線がダウンしていたのでネット等を使えませんでしたが、ビデオを観ることはできました。

 約50ccのエンジン、原付バイク程のものですが、それを何十時間も運転させ続けて電力を地産地消しました。

バイクのホンダから出されている原付バイクほどのエンジンを積んだカセットガスを燃料とする発電機です。約10A程の発電ができます。キャリーバッグのように転がして移動できるので、水平移動にはさほど力は要りません。
ホンダの4ストエンジンオイルです。エネポを動かす際にこれが無いと始まりません。発電機を買って、ガスボンベを用意して安心していると、停電してから困る事になります。
カセットガスの元祖であるイワタニのガスボンベです。発電機は2本1組で使いますので偶数で保管しておくと良いです。最短では1時間くらいで2本使います。長いと2時間以上ですが、12本でも半日分程度です。

[Link] HONDA: 発電機 EU9iGB 取扱説明書




蓄電池

 2018年には無かった物ですが、2021年春には蓄電池を調達しました。

 この蓄電池の特徴は出力400Wまで対応できる点です。

 少し大きめの消費電力の家電品も使う事ができます。

 当方ではバイクに載せて遠方でも使えることを確認しています。

 この蓄電池は新型コロナウイルス感染症の臨床でも使用しました。まさに写真に映っているものを現場に持ち込んで実証試験を実施しています。
※.メーカーとは関係なく自主的に実施した試験です。
※.メーカーからの協力は一切受けておりません。本体の調達も検証費用もメーカーから1円も支援を受けていない弊社の独立した検証です。

電池容量120,000mAh(444Wh)、iPhoneを約700時間、電気毛布を約18時間、車用炊飯器を約3回利用できる容量です。正弦波AC400Wの出力です。
折り畳み式で81Wハイパワー発電。ポリエステル600Dの生地を採用



冷蔵庫

 冷蔵庫は停電すれば停止します。当たり前のことですが、その後はどうなってしまうのかについては意外にもデータが少ないです。

 弊社では実際の家庭用冷凍冷蔵庫を使って実験をしました。

 幾度か実験を行いましたが、概ね同じような結果になっています。

 冷蔵庫は約1日で常温に近づいてしまいますので、食品は腐っていく事を想定するべきだと思います。

 冷凍庫は、開けなければ0℃に近い温度をキープします。

 この温度データを見て、どのスペースに何を入れるべきかシミュレーションしておく必要があります。

[Link] 停電時の冷凍冷蔵庫の庫内温度調査の公表について


 我々の調査データが医学論文に掲載されました。

[Link] 瀧澤 裕樹, 小川 理, 西田 藍: 令和元年房総半島台風後の真夏日,長時間停電時におけるインスリン保管状況に関する質問票調査, 日本糖尿病学会




最新研究:クーラーボックス

 今週から始めた実験なのでまだ結果が出ていないのですが、クーラーボックスを使った保冷試験を実施中です。

 24時間経過の最新データを初披露します。

 今週は秋らしい天気でしたので昼間は30℃近く、晩は20℃近くになっています。

 そのような中でクーラーボックスに氷を入れて実験してみたところ、24時間後でも5℃あたりを保っています。

 前述の冷蔵庫のデータをご覧いただくと、冷蔵庫は最初から10℃程で24時間後には15℃を超えていますので、クーラーボックスに期待が持てるデータを得ています。

ダイワの最高峰クーラーボックスです。容量は27L、自重は6.9kgです。極厚6面真空で4~5日の保冷力があります。



浴槽

 台風で断水は起こりづらいのですが、マンションなどでは揚水ポンプの停止などで断水が起こります。

 こうした自然災害を前にしたときは、できれば浴槽に満杯の水を張っておくことをお勧めします。

 私たちは、風呂自動運転で湯を最大量まで張り、その湯を桶で取りながら使います。浴槽の湯を腐らせないために慎重に取り扱います。

 そして、使わないときは蓋をして汚れ防止と、湯温維持に努めます。台風シーズンであれば最低気温は20℃前後、湯温も20℃くらいで落ち着くと思います。沸かし直しをする際のエネルギーはなるべく最小化するように気遣っています。

 2018年の台風21号ではガスと水道は使えましたが、停電が続きました。発電機の電力で給湯器を起動させていたので、給湯時間を1分でも縮められた方がよかったので、この保温蓋は役に立ちました。




トイレ

 断水しても、下水が開通していれば水洗トイレは使えます。

 実際に試してみました。上水道を止栓した状態で排水、便器にあった水(汚物)は流れていきます。

 便器に水は貯まらないので、風呂から桶で水を運んできて満たします。


 もし、冠水して下水管が使えない場合や、水をストックしていない場合はドライトイレが使えます。

 方法は動画を見てもらうのが早いのですが、ゴミ袋にオムツを入れて、便座に座って用を足すという方法です。

 子供やお年寄りでも、いつもと同じように排泄するだけで済むので、トレーニングが要りません。




生命を守る行動

 災害時、最大の目標は生命を守る事です。

 次に家屋などの財産を守る事が挙げられるかもしれません。

 生命を守る行動とは何でしょうか。食事は我慢できてもトイレは我慢できない、しかしお腹も空きます。

 ヒトが生きるために必要なこと、サバイバルを考えると良いと思います。

 この1日、無理に出勤や登校をして生命を落とすくらいなら、お休みするという考えを持っても良いと思います。特に今はコロナウイルスの治療法が確立されていないので、感染リスクが高い場所に長時間の滞在を強いられる可能性を考えると、家から出ないという選択肢は生命を守る行動と直結します。

 空腹はどこまで我慢できるかわかりませんが、食糧は備蓄するか、今から買いに行くか、誰かに借りるか、有る物で工夫するか、色々と考えてみましょう。

 火が使えるかどうかは大きく左右します。ルクルーゼのような鍋があると、短時間の加熱でじっくり調理できるので、安全で省エネです。

 可能であれば、電力を確保すると良いです。

 発電機、蓄電池、太陽光発電、何らかの設備を持っていると強いですが、小さなところから言うと、停電前にスマホとモバイルバッテリは充電しておきます。

 出来る限り、スマホの電源は消費しないように準備します。例えば、使っていないアプリは『無効化』や『削除』をして、電池消費を抑止します。機内モードにするのも良い手段です。停電してから設定していると、それだけで電池を消費してしまいます。

 風速30メートル以上が予想されている場合、早めにシャッターを閉めたり、ベニヤ板を貼って飛来物からガラスを守って、巣ごもりを始めましょう。

 皆さんの安全を祈っております。

カテゴリー
BCP Press Rerease 医工連携 医療機器・設備・環境 講演

3日連続3回登壇・第50回日本医療福祉設備学会 | NES株式会社


Press release

第50回日本医療福祉設備学会で3日連続・3回登壇します。

 50回目の開催となる日本医療福祉設備学会にて、弊社代表が3日連続で登壇します。

 初日(11月24日)はサテライトセッションとしてHOSPEX Japan 2021の会場にて『物資枯渇改善に貢献するホスピタルエンジニア(CHE)の目標志向活動(GOA)』と題した講演を予定しております。CHEとは、一般社団法人日本医療福祉設備協会が主宰する検定試験であり、演者である西謙一は第1回試験で取得しております。

 2日目は学会の本会場にて一般演題『停電対応の分散化による医療BCP実行性向上』を発表します。重厚長大な発電設備に依存せず、小出力発電設備を分散的に院内配備する事による停電対応について論じます。

 3日目は一般演題『後発機器の緊急的供給を目指した医工連携による感染制御機器開発』を発表します。昨年春から取り組んで参りました簡易陰圧システムの開発ストーリーに沿って行動や判断の良し悪しを聴衆の皆様と共に判断し、今後の参考にして行きたいと考えております。

 いずれの話題も根底にはBCPがあり、非常時であっても混乱を最小化して業務を続ける事を目指しています。弊社では目標志向の活動を推進する『GOA』(Goal-oriented action)をBCPに取り入れ、特に医療では平時に行っていた診療を止める訳にはいかないため、その継続のために選び得る手段を豊富にするためのトレーニング等をサービスとして提供しています。


プレスリリース: 3日連続3回登壇・第50回日本医療福祉設備学会(NES株式会社)


2021年9月24日
NES株式会社


お問い合わせ

  本件に関するお問い合わせはこちらからお願い致します。




外部リンク

第50回日本医療福祉設備学会 (HEAJ-50)

HOSPEX Japan 2021 (ホスペックス・ジャパン2021)

株式会社シズン(SISM)

株式会社昭栄 (ガス電くん)




お問い合わせ

カテゴリー
BCP BLOG

防災の日 | NES株式会社

 本日は防災の日です。

 1923年(大正12年)9月1日11時58分32秒発災ですので、今年で98年が経過したことになります。

 まだ調理機器や消火設備なども発達していない時代の正午2分前、被害が広がったであろう事が容易に想像できます。

 死者105,385人、全壊・全焼・流出した家屋は293,387軒です。
 2021年3月現在の東日本大震災の死者・行方不明者は1万8千人余りですので、関東大震災の甚大さが伝わってきます。

 関東大震災の直後には大雨が降ったとされ、土砂災害も多発したとの記録があります。

 関東大震災の最中に流言飛語(流言蜚語)がありました。
 富士山大爆発や井戸に毒が盛られたなどのデマが流れた記録があります。警視庁『大正大震災火災誌』をまとめた文献にも類似の記載がありますが、全体として目立つのが朝鮮人による悪事があるかのようなデマです。デマですので事実ではないのですが、このデマにより虐殺事件がありました。

[Link] 内閣府: 報告書(1923 関東大震災第2編) 第4章 混乱による被害の拡大 第1節 流言蜚語と都市


 近年もフェイクニュースやデマが問題視されています。

 2016年の熊本地震では動物園から猛獣が逃げ出したというデマが写真付きで流されました。
 2018年の北海道地震でもSNS上でデマが拡散されました。
 2020年春、新型コロナウイルス感染症流行拡大に伴い、トイレットペーパーなどの輸入が減るなどのデマが流れ品薄になりました。紙製品は国産が多く品薄にはならないはずでしたが、このデマにより品薄になってしまいました。

 情報を発する側、受ける側の双方のリテラシーを高めていかなければデマを信じてしまう人が絶えないと考えられます。

 2016年の熊本地震の際、知人がNHKニュースの情報を東京から熊本へ発信し続けていましたが、日時を確認せず、発する情報にも日時を付与していなかったため、断水などの情報が前後してしまい現場を混乱させました。
 周囲から止めるよう告げられても、本人は善行だと思い込んでいるため止まりません。悪意のないデマ情報の流布を関係者は目の当たりにしました。

北海道地震の際のデマ
新型コロナウイルスの際のデマ

 今日は情報発信の重要性を鑑みて、当社の2つの取り組みをご案内します。

 1つはホームページの災害モードです。通信が制限される中でアクセス数が増大する非常時には、ライトなページを提供する事が自治体等のサイトでは定着しつつあります。

 もう1つが院内掲示物です。来院した人に状況を正しく明確に伝えることで、限られたマンパワーを説明や謝罪という労務から解放し、診療に注ぐことができます。スタッフ向けにも、わかりやすく情報提供する事で無用なストレスを掛けずに済みます。

 今回は特別に、当社が制作したファイルもダウンロードできるように開放しますので、ぜひご活用ください。


 98年前とは大きく異なる点としてエネルギー依存があります。特に医療は電力依存が高まり、電源喪失にどこまで対処できるかわかっていない部分もあります。

 後半では、停電対策について当社の取り組みなどをご紹介しております。

 電気工事業の業許可を持っている医療BCPコンサルは稀です。臨床工学技士と電気工事士の実務経験に基づく停電対策を、この防災の日に再考してみます。




災害モード

 ウェブサイトは単位時間あたりのアクセス数やデータ量に上限があり、それを超えるとウェブサーバへのアクセスが一定時間遮断されるか、特定本数だけ接続されます。

 災害が発生すると避難所や給水などの情報を求めて市民が役所のサイトにアクセスするため混雑します。

 データ量を抑止するために、ウェブサイトから画像やボタンなどを取り払います。なるべく白背景と文字だけのページにします。

ダウンしてしまった市役所ウェブサイト
災害モードに切り替わったウェブサイト

 市役所などは世帯数からアクセス数を予想できますが、医療機関では予想しづらいです。
 大災害では、エリアで1割程の人が負傷し、持病なども含め2~3割の人が医療に関心を高めると思います。その中の半数はウェブ検索すると想定すると、おおよそのアクセス数を予想できると思います。

 下記ボタンから、災害モードの病院ホームページのデモ版をご覧いただけます。当社ウェブサーバ上に置いています。


 災害モードのウェブサイトはMicrosoft Wordがあれば編集することができます。前述のデモページはWordで制作しています。


 災害モードに関するお問い合わせは下記のお問い合わせフォームよりお願い致します。

お問い合わせ



院内掲示物

 当社より提供させて頂いている掲示物です。

 A3判で印刷して頂くと見やすく、貼る場所の確保にも困らないと思います。

 発災後はプリンタの電力を確保するのも容易でない可能性がありますので、印刷して保管しておくと良いです。
 できれば、ラミネートして、両面テープを付けておくと良いです。


 院内掲示物についてのご意見、ご要望、リクエストなどございましたらお気軽に当社宛にお申し付けください。

お問い合わせ



令和時代の停電対策

 日本初と言われる電力会社『東京電燈』の創立は1886年、関東大震災は1923年ですので電力の普及や依存度はそう高くないことが想像できます。

 2011年の東日本大震災の時点では多くの電子医用機器が普及し、パソコンの普及率は8割、スマホの普及も急伸している頃でした。2000年問題の時に医療現場では強く警戒しましたが、その比ではないほどに電子機器が多く使われていました。

 2021年のいま、医療現場で電力を使わない機器は非常に少なくなりました。
 体温計や血圧計なども電子化が普遍化しましたが、これらは電池式が多いため停電の影響は軽微です。
 それよりも電子カルテやナースコール、圧縮空気や吸引器、電動ベッドやエレベーターなど生命維持に直結しない部分でも電力依存が強く、人工呼吸器や血液浄化装置など生命維持管理装置はほとんどが電子制御された電子機器となっています。

 停電しない病院を作る事は容易ではありません。どんなに大きな発電機があっても、分電盤が浸水すれば電力供給できません。

 令和時代の停電対策は『分散管理』だと当社は考えます。

 大型の自家発電装置や蓄電池で中央から供給する方式は温存しつつ、その補完、または中央方式に全く依存しない形で分散型を備える事に大きな意義があると考えます。

 例えば病棟のハイケアユニット(HCU)に4床配置があったとして、最低限必要な電力はどの程度とお考えでしょうか。
 仮に1床あたり1000W、圧縮空気や吸引器など共用できる設備で1000Wとした場合、4床のHCUで5000W、100V換算で50Aあれば足りる計算です。
 ここに55Aの発電機が専用で配備されていればHCUの患者を救う事ができます。HCUの患者は病棟を離れてコンセントの無い食堂に移したとしても、発電機を帯同させれば診療を継続することができます。

 このような臨機応変な病床再編にも対応するためには、中央方式だけでは難しい事が窺い知れます。

 当社では発電機メーカーと連携し、分散型の電力保持について研究し、現場配備を進めています。


 病棟や病室よりも小さな単位として『個人』があります。

 在宅医療における人工呼吸療法の患者保護を目指した停電対策を10年以上前から実施してきましたが、当社では2018年の台風21号で実際に停電被災し、その対応を実証しました。

 カセットガスボンベで動く可搬型発電機enepoを使い、52時間の停電にも対応できました。

 いくつかの課題は見えましたが、2018年9月4日~6日の停電期間中、冷蔵庫やエアコン、テレビ、洗濯機などを動かす事が出来ましたので、人工呼吸器を装着した家族が居ても乗り切れると考えています。

 enepoを使った停電対策については、医療的ケア児を抱えるご家庭にも展開していこうと考えております。COVID-19が無ければ昨年にもご家族向けのセミナーを開催予定でしたが、残念ながら実施できていません。

 災害は忘れた頃にやって来ると言われますが、COVID-19が流行しているからといって自然災害が来ない訳ではないので、この防災の日を1つのきっかけに、改めて在宅医療の停電対策についても現場の意見を聴いて回ろうと思います。

停電中に大量のガスボンベを消費
懐中電灯とビニル袋で即席ランタン
作業灯(クリップライト)とラジオ付扇風機

 個人対応用のデバイスとして去年、蓄電池を調達しました。
 それが今年、コロナ専門病院における患者搬送用に使われました。救急車内での患者呼吸管理用の電源について相談があり、当社保有機を貸出ました。
 enepoは救急車には積載できませんので、このような蓄電池が役立つシーンもある事を実感しました。
 常に先読みして実験、その実験結果があったからこそ医療現場でも即時試用できました。試用にとどまらず、同院では同じ機種を調達して患者搬送に使い続けました。

 当社では電源品質アナライザを用いた試験や、現場で想定される環境の再現試験などを実施しています。

 在宅医療にお勧めの機器類は、Amazonで買えるような汎用品です。医療用の物はありません。医療機器に安全に使えるという確約はありませんが、何も手を打てないよりは良いと考えます。


 令和時代、電力なしの医療は考えづらい中、当社は独自に停電対策を研究し、社会実装を目指しています。

 停電対策にご意見、ご相談などございましたらお気軽に当社宛にお申し付けください。

お問い合わせ



アーカイブ

 官民を問わず関東大震災を振り返る資料を提供しています。簡単にまとめましたのでご参照頂ければと思います。

公共・公的

内閣府: 防災情報のページ, 報告書(1923 関東大震災)

東京消防庁: 震災対策のはじまり

公立公文書館: 関東大震災と帝都復興事業

国立国会図書館: 史料にみる日本の近代 第3章 大正デモクラシー, 3-11 関東大震災

国税庁: 租税史料, 関東大震災と税務署の対応

横浜市: 関東大震災を調べる

民間

NHK for School: 関東大震災

消防防災博物館(一般財団法人消防防災科学センター):大正期の消防

味の素: 関東大震災。復興への道のりとは!?

住友電工: 住友電工の1枚 - あの日、あの時 1923 関東大震災発生

東京海上日動: 1923 関東大震災への対応

鹿島: 関東大震災を知る

Yahoo!天気・災害: 関東大震災(1923年)




お問い合わせ

カテゴリー
BCP BLOG 電気工事

停電分散管理 | BCPと電気工事のNES株式会社

 少し前まで電力会社(電気事業者)は地域に1社、発送電を一括して担ってきました。

 今では発電と送電は分業化され、昔からあった電力会社(電気事業者)は、発電事業者・送配電事業者・小売電気事業者に分けられました。

 寡占は崩れ分担・分業されました。
 太陽光発電の普及により売電も普及したので、発電の分散は始まっていましたが事業としてではなく、買い取りという方式が一般的でした。

 これからは、誰がどのように作ったエネルギーを買うのか、工場などでは自給率100%以上を維持して発電事業者になるという事も考える時代です。

[Link] 経済産業省資源エネルギー庁: 発電事業者一覧

[Link] 経済産業省資源エネルギー庁: 送配電事業者一覧

[Link] 経済産業省資源エネルギー庁: 登録小売電気事業者一覧




中央or分散

 今日の記事は中央管理or分散管理、一括供給or分散供給といった対比的な中で話題を進めます。

 平時の電力は一般的に、発電事業者(東京電力や関西電力等)から送配電事業者を経て受電し、消費していると思います。何百万世帯分もの電力を大きな発電所で発電しています。

 停電時には事業所毎に自前の発電機(自家発電設備)で一時的な対応をすると思います。
 この自家発電設備は、防災用の場合は大型の物が1~2基設置され、関係する設備に供給される仕組みが多いと思います。中央で大きく発電して中央で管理する手法です。

 これに対し、ある範囲内で必要な分だけ電力をまかなう方法があります。
 サーバ室のUPS(無停電電源装置)はその例の1つですが、中央の発電機が動くか否かに関わらず、サーバ室だけ電源を確保するために設置されます。

 今回はこの分散電源や分散管理について述べて参ります。




小出力発電設備

 小出力発電設備は電気事業法施行規則第48条に定義が明文化されています。

 電圧600V以下の発電用の電気工作物であって、以下1から6に掲げるものとなっています。

  1. 太陽電池発電設備であって出力50kW未満のもの
  2. 風力発電設備であって出力20kW未満のもの
  3. 次のいずれかに該当する水力発電設備であって、出力20kW未満のもの
    a.最大使用水量が毎秒1m³未満のもの
    b.特定の施設内に設置されるものであって別に告示するもの
  4. 内燃力を原動力とする火力発電設備であって出力10kW未満のもの
  5. 次のいずれかに該当する燃料電池発電設備であって、出力10kW未満のもの
    a.固体高分子型又は固体酸化物型の燃料電池発電設備であって、燃料・改質系統設備の最高使用圧力が0.1Mpa未満のもの
    b.道路運送車両法第二条第二項に規定する自動車に設置される燃料電池発電設備であって、道路運送車両の保安基準第17条第1項及び第17条の二第5項の基準に適合するもの
  6. 発電用火力設備に関する技術基準を定める省令第73条の二第1項に規定するスターリングエンジンで発生させた運動エネルギーを原動力とする発電設備であって、出力10kW未満のもの

 ただし、同一の構内で1~6の小出力発電設備が電気的に接続された場合の出力合計が50kW以上となった場合は、小出力発電設備ではありません。

 同一種類の小出力発電設備が同一構内に複数ある場合においては、種類毎に合算したその種類の上限値では判断せず、個別の小出力発電設備の合算値が50kWの上限値以上であるかどうかで判断します。

[Link] 経済産業省: 電気工作物の保安

[Link] 電気事業法

[Link] 電気事業法施行規則

[Link] 小型発電設備の規制の見直しについて (2010年1月)




太陽光発電への事故報告制度適用

 以前から法に基づく報告制度はあったのですが、その適用が広がりました。

 電気事業法第106条の規定に基づく、電気関係報告規則が2021年4月1日に改正され、電気事業法第38条第2項で定める小出力発電設備のうち、以下のものが追加されました。

  • 10kW以上50kW未満の太陽電池発電設備
  • 20kW未満の風力発電設備

 太陽光発電は、パネル損傷による本体の発火、土砂崩れなどによりパネルと配線が断絶され、パネルが発電し続けた事による落ち葉などからの発火などが報告されています。
 また、パネルが小さくても発電能力が高まっていますので、感電事故のリスクも高まっています。

[Link] 経済産業省: 事故報告制度について, 電力の安全




内燃式の発電設備

 内燃力とは、シリンダーとピストンを有しその中で燃料を燃焼させることにより発生する往復運動を回転運動にして動力を取り出すタイプの原動機(エンジン)のことを指します。

 昔からある発電機です。

 エンジンが動かなければ無力、100kVAの高出力発電設備でも不始動なら出力ゼロ、家庭用の1kVAの発電機より小さいです。

 発電機が動かないという事が本当にあります。

 岩手県から出されている資料の40ページに非常用電源のきじがありますが、途中で停止してしまうリスクなどが書かれています。

 日本内燃力発電設備協会の報告書では東日本大震災での始動率が99.6%、阪神淡路大震災が95.3%であった調査報告がされています。

[Link] 岩手県: 東日本大震災津波からの復興 岩手からの提言

[Link] 日本内燃力発電設備協会: 東日本大震災における自家用発電設備の稼働・被災状況 その1, 内発協ニュース 2012年3月号

[Link] 日本内燃力発電設備協会: 東日本大震災における自家用発電設備の稼働・被災状況 その2, 内発協ニュー1ス 2012年4月号

[Link] 日本ガスタービン学会: 東日本大震災におけるガスタービン設備の信頼性の調査研究結果

[Link] 河北医療財団: 河北医療財団の災害対策, かわぴたる 特別号

[Link] 総務省消防庁: 消防用設備等の点検と自家発電設備に関する留意事項, 防火対策の推進等




送電事業者の復電対応は想定外の連続

 発電機が始動しないというのは想定外ですが、報告書で示されているので、ある意味では想定内にしておく必要があります。

 2019年の台風15号は、鉄塔が倒れるというすさまじい風を伴う台風でした。

 倒木により停電した場所へ入れない、建柱車が入れないなどのトラブルが続き、復旧が遅れた事も記憶に新しいと思います。

 このようなトラブルは2018年の台風21号でも関西電力管内で発生しており、山林でなくても商店街のアーケードが崩落して立ち入れないなどの事例がありました。

2018年の台風で折れた電柱(2年後も放置)
2018年の台風で折れた電柱(2年後も放置)

[Link] 経済産業省: 台風15号の停電復旧対応等に係る検証結果取りまとめ




電気自動車による分散型の停電対応

 電気自動車に搭載されている電池は進化しています。

 そして、自動車に見合う価格へと近づいています。

 一般住宅でも、電気自動車用の充電設備を設ける家庭が増えていますが、更に自動車からの給電もできるようにする家庭も増えています。

 当社では以前から、訪問看護などに使われる社用車を電気自動車にし、それを病院の補助電源にしてはどうかと提案を続けてきました。
 電気自動車の購入に補助する制度もありますし、医療機関の行動範囲はさほど広くないので燃料切れ(充電切れ)を起こすような事も滅多にないと思います。

 在宅人工呼吸療法を行う患者宅にも電気自動車を勧めています。

[Link] 国土交通省: 災害時における電動車の活用促進マニュアル

[Link] 経済産業省: 災害時における電動車の活用促進マニュアルを取りまとめました (2020年7月10日)




汎用ガス発電装置

 在宅医療における停電対応の研究のために調達したenepoはカセットガス2本で動作します。

 災害対策本部で使われる電力程度であればまかなえるので、医療機関でも使えると考えています。

 片手でも持ち上げられるくらいなので、ベランダや屋上などに置いて使う事もできるため、使用場所を選ばない発電機だと思います。

 ガス交換時に停電することと、1~2時間程度でガス交換時期を迎える点が難点ですが、医療機器は電池内蔵機種も多いので、さほど大きな問題ではないと思います。




保安用ガス発電装置

 プロパンガス(LPガス)を燃料とする発電機です。

 プロパンガスは可搬性があり、容器に密封されているのでガソリンなどよりは安全です。

 ボンベをマニホールド経由で発電機に接続すれば、ボンベをどんどん交換して何時間でも供給し続けられます。

 当社では昭栄様の『ガス電くん』に対し医家向けのカスタマイズなどをお願いしています。昭栄様と直接連携しています。

[Link] 日本内燃力発電設備協会: 『ガス電くん』納入実績300件超 LPガス非常用発電装置を設計製造, 内発協ニュース 2017年3月号

[Link] 高齢者施設への非常用自家発電設備等の導入に関する調査研究事業報告書

[Link] 日本内燃力発電設備協会: 非常用自家発電設備を電力需給対策に使用する場合の留意点等, 自家発Q&A 33, 内発協ニュース 2018年12月号

[Link] 総務省消防庁: 第24 非常電源(自家発電設備)




透析施設の停電対策

 自治体では透析医療の継続について注力している所が多いですが、その規模感については臨床と一致しているか確認が必要です。

 わが国の透析患者数は30万人以上、人口比で0.3%近くです。人口10万人都市で300人程の計算になります。

 透析は1回4時間、入替時間を考慮すると2日あたり8件が限界に近いと思います。300人を透析するには38床必要です。

 災害に市内患者を全員透析しようと計画するのであれば、10万人都市であれば最低38床が必要であり、クラッシュ症候群などの急性血液浄化にも対応するのであればそれ以上が必要になります。

 市立病院等の透析を維持するために公費を充当する例は多く見られますが、市内透析患者を市外に出さずに治療する計画までは見る事がありません。

 過去の災害では、患者だけ市外に避難させようとして、家族とは離れたくないと拒まれて計画通りには進まなかった事例が多くあります。市内に留めるか、患者数の数倍のバスを用意する必要があります。

 断水に対しては給水車で搬入できますが、電力は容易ではありません。
 市内患者を市内透析施設で対応するためには、透析施設での発電が不可欠になります。

 小出力発電設備は重量0.5トン未満の物も多く、テナントビルのエレベーターでも運べる場合もあります。
 屋上や駐車場などに設置でき、維持管理もさほど難しくなく、キュービクル式であれば消防法にも抵触せずに設置できます。

 透析施設においては機械室と治療室に分けて考えます。
 機械室が動かなければ透析は出来ないため、機械室の最低限の稼働を検討します。
 治療室はベッドサイドコンソール1台あたりの消費電力を実測して調整します。機械室が上手く稼働できない場合はECUMやHFでの治療も視野に調整します。

 当社では独自に透析装置の電力消費量や発災時の配置について研究しています。
 貴院の透析関連の消費電力等を調査したい場合はご相談ください。

ベッドサイドコンソールの電力測定
ベッドサイドコンソールの電力測定

[Link] 日本透析医学会: 東日本大震災学術調査報告書 -災害時透析医療展開への提言-

[Link] 日本透析医学会: 震災による透析医療の被災の実態




過負荷

 発電機にとってボトルネックとなるのが過負荷による遮断です。

 特に医療では、非常電源につなげば安心という意識から、生命危機に関わりそうな医療機器が非常電源に接続されます。

 しかしながら常用電源に比べて供給量が少ない非常電源ですので、過負荷が起こりやすくなります。

 非常時に過負荷を起こさないためのルール作りやトレーニングを推進し、危機的状況に陥らない備えを我々はお手伝いしています。

 一般に『過負荷保護』とは電路上での安全、電線が燃えてしまったりしないように保護するものであって、負荷側にある生命を守る物ではありません。
 医療の特殊性として、負荷である医療機器の動作停止が生命や健康に関わるため、過負荷保護装置(ブレーカー)が作動する事で電路の安全が守られても患者には危険が迫ります。

 過負荷を避ける努力が不可欠です。

[Link] Panasonic: 知っておきたい電気の基礎知識




大規模停電

 大規模停電は毎年のように起きています。

 当社も2018年9月に3日間停電していますし、停電が解消された9月6日には北海道胆振東部地震が発生し全道停電も起きています。

 大停電は起こる事を『想定内』にしておかなければならない時代です。

[Link] Honda発電機: 国内の大規模停電事例

[Link] 停電52時間




大阪北部地震での事例

 2018年6月に発生した大阪北部地震では、国立循環器病研究センターでの停電が話題となりました。
※.詳細はリンク先の新聞記事等をご参照ください。


 停電が発生し自家発電に自動的に切り替わって供給される仕組みは同センターにも備わっていました。
 自家発電設備は正常に動作しても、臨床まで送電されないというトラブルが現に発生し、多くの患者を他院搬送して救うという事態に発展しました。


 このようなケースはどこでも発生し得ると考えられます。
 電気工事業をしていると少なからず経験するのが小動物です。特に農家さんでネズミやイタチなどが感電死したという事で対応した経験が何度かありますが、受変電設備(通称キュービクル)の中に昔ですと猫が、小動物対策された近年でも蛇などが入って電源を喪失するという事故は絶えません。


 構内送電設備の途中で小動物のトラブルが発生するので、自家発電設備が稼働しても、構内での送電ができないので無力化されてしまいます。


[Link] 日本経済新聞: 病院、地震後あわや一大事 自家発電に不備・診療休止も (2018年6月29日)

[Link] Yahoo!ニュース: 【特集】大阪北部地震から3年…あの日起きていた「医療の危機」 命に関わる「非常用電源」をどう守る? (2021年6月18日)

[Link] 朝日新聞: 国立循環器病センター混乱 入院患者40人を他院へ搬送 (2018年6月18日)

[Link] 経済産業省中部近畿産業保安監督部近畿支部: 電気事業法の遵守について(厳重注意), 2018年7月25日

[Link] 国立循環器病研究センター: 国立循環器病研究センターの自家発電機に係る法定の保安検査の状況について (2018年6月22日)

[Link] 厚生労働省: 病院の非常用電源の確保及び点検状況調査の結果 (2019年7月31日)




分散発電による強靭化

 中央から一括供給される自家発電設備は、力強さがありますが構内送電網のトラブルなど脆弱性も顕在化しています。

 それを補完するのが分散型の発電機です。

 すべての需要に対して分散発電で対応しても良いと思いますが、それには課題もありますので、合理的な方法を選択する事が重要になります。

 中央発電の良さは1基の稼働で広範に供給できる事であり、消火設備や避難エレベーターなどが1基の稼働で賄われます。保守点検も1基だけで済みますので経済的です。


 分散発電は中央発電の1基分の電力を10基や20基で賄うので保守点検の件数は増加します。
 一方で不始動や停止の影響は10分の1以下、仮に10基中1基のエンジンがかからなかったとしても、残る9基から延長コードなどを使って補完できればリスクは激減します。


 医療機関における自家発電設備は、診療報酬などの収入に直結しないコストであると言えます。
 また、災害拠点病院等でなければ、災害時に新患を受け入れて積極的に医療を提供し続ける必要は無いと考えられます。
 そのような背景がありながらも、現に入院中の患者を守るためや、地域の求めに応じるために自家発電設備を設置しています。


 自院が守るべき医療、提供すべき医療に合わせて発電も再考していくとなれば、分散発電が非常に便利だと考えます。

 従来の考え方では建築や設備に主導権があり、管理のし易さなどから中央発電方式が採用されてきましたが、消防法や建築基準法に拠らない自助のための自家発電であれば、分散発電でも良いと考えられます。
 『20基も面倒を見られない』ではなく、どのようにすれば20基を管理できるのか、必要に応じて臨床家の手も借りて管理していく方法が必要であると考えます。




小出力・多数・現地

 私たちは小出力発電設備を多数使用し、現場で必要な分の電力供給を担う方法を研究しています。

 2013年には災害対策本部の単独電源としてのカセットガス式可搬型発電装置に関する研究に1つの結果を得ました。
 連絡や情報管理用のパソコンとプリンタ、テレビが視聴できてカンファレンスで情報共有もできる大型テレビ、携帯電話や無線機などの充電器、作業に最低限必要な照明などが1台の発電機で対応できました。


 2019年にはプロパンガス(LPガス)を燃料とするやや大型の可搬型発電機を用いた実験を大学病院で実施しました。
 人工呼吸器などの生命維持管理装置をはじめ、多くの医療機器が正常動作することがわかりました。

 2021年には、分散発電を病院の停電対策に展開するための研究を進めました。

 私たちは、医療機関が停電に負けず事業を継続できるよう、独自の研究結果もまじえてコンサルティングしています。




お問い合わせ
カテゴリー
BCP BLOG

停電対応に真空クーラーボックス | NES株式会社

 真夏、停電すると恐れられるのは熱中症です。その後、食中毒も懸念されます。どちらも、温度が関わっています。

 電化が進む先進国において、冷房や冷蔵庫の停止は生命危機にさらされる状況になります。

 過去の経験から、半日程度の停電は月に数回はどこかで起きているものと考えられます。

 台風などの到来により3日程度の停電も、毎年どこかで発生しています。

 3日間も冷蔵庫が使えなければ、すべてがダメになるのかというと、そうでもないかもしれません。

 今回、クーラーボックスに着目して調査しました。




夏の気温

 下図は真夏の外気温を示した物です。

 よく『今日の気温は35度』などと聞いて『暑いなぁ』と思う事がありますが、天気予報などで言われているのは百葉箱の中の気温です。

 実際、生活していて感じることになる温度は、それよりも10度は高くなることが我々の調査で明らかになっています。

 エアコンが使えなければ、家の中に居てもこのような状況になることは容易に想像がつきます。


 詳細は下記ページに掲載しております。

[Link] 避難所を想定した温度調査の公表




冷蔵庫挙動

 停電が発生すると冷蔵庫はただちにダメになるかというと、実は猶予期間があります。

 その猶予期間は冷凍庫の方が長いと言えます。

 冷蔵庫は12時間後には15度のラインを越えてしまい、室温へと近づきます。15度は食品にとって厳しい温度ですので、モノによっては廃棄すべき時間帯が24時間以内に来てしまいます。

 冷凍庫は6時間ほどで0度になってしまいますが、そこから徐々に解凍が始まるので、庫内は約0度で横ばいになります。冷凍食品の表面が溶け始めるので形は悪くなりますが、食品としての価値は損なわない可能性があります。

 下図を見て頂くと、冷蔵庫の方が先に救うべきであることが理解できると思います。


 詳細は下記ページに掲載しております。

[Link] 停電時の冷凍冷蔵庫の庫内温度調査の公表について




冷蔵庫の中身をクーラーボックスへ

 よく聞く話ですが、実際にクーラーボックスへ移して本当に良い結果が得られるのか疑問でした。

 以前、海辺でバーベキューをするからと大量の氷とキンキンに冷えたビールをクーラーボックスに入れて持っていきましたが、3時間くらいで氷は消えていました。開け閉めしたのも悪いとは思いますが、それにしても溶け過ぎだろうと思いました。

 サーモスの真空水筒は10年以上愛用していますが、あの原理ならクーラーボックスも強力になっているのではないかと思い調べた所、同様の技術を応用した商品が出ていました。

 真空保温技術は、幹細胞や精子・卵子などの凍結保存でも使われている信頼性の高い技術なので、費用もそれなりにかかりますが期待できると思います。




釣り具のダイワ・シマノ

 釣り具で有名なダイワやシマノで調べてみると、釣り用のクーラーボックスで真空技術を使った物がありました。

 直方体の6面すべてに真空を使っている物、熱をジワリと受け続ける底面だけ真空にしたもの、最大面積である全面・背面の2面だけの物、側面と底面の3面の物などがありました。

 シマノでは6面真空パネルを『PREMIUMシリーズ』、3面の物を『LIMITEDシリーズ』、1面は『BASISシリーズ』としてラインアップしています。BASISには発泡ウレタンのみで真空面ゼロも含まれています。全面が発泡ポリスチレンの商品は『LIGHTシリーズ』という名称で軽量がウリです。

 ダイワは保冷力での分類はなく、形状や機能での分類になっています。よくある形のクーラーボックス、車輪が付いたトランク型などそれぞれのシリーズに真空タイプもラインアップしています。

[Link] シマノ: クーラー断熱構造

[Link] シマノ: 製品一覧 フィクセルシリーズ




主な商品ラインアップ

6面真空

メーカー名称・型番容量定価・備考
ダイワプロバイザーHD EX (ZSS 2700EX)27L62,400円、極厚6面
ダイワプロバイザーHD EX (ZSS 2100EX)21L59,800円、極厚6面
ダイワプロバイザーHD EX (ZSS 1600EX) 16L53,500円、極厚6面
ダイワプロバイザーHD (ZSS 2700) 27L53,500円
ダイワプロバイザーHD (ZSS 2100X) 21L53,000円
ダイワプロバイザーHD (ZSS 1600X) 16L51,500円
ダイワライトトランクα (ZSS2400) 24L42,300円
ダイワライトトランクα (ZSS3200)32L46,500円
ダイワプロバイザートランクHD (ZSS3500)35L57,400円
ダイワDAIWA700 (ZS700) 7L31,500円
シマノフィクセル ウルトラプレミアム (NF-030U)30L63,500円 、極厚6面
シマノフィクセル ウルトラプレミアム (ZF-522R) 22L60,000円 、極厚6面
シマノフィクセル ウルトラプレミアム (ZF-517S) 17L55,000円 、極厚6面
シマノフィクセル プレミアム (ZF-022R) 22L47,500円
シマノフィクセル プレミアム (ZF-017R) 17L45,000円
シマノフィクセル プレミアム (ZF-012R) 12L38,000円
シマノスペーザ プレミアム 350 キャスター (NS-B35U)35L58,500円
シマノスペーザ プレミアム 250 キャスター (NS-B25U)25L52,500円

※.メーカー名には公式サイトのリンク、商品名にはAmazonサイトのリンクが張られています。


20リットルクラスで比較

 ダイワ・シマノの両社には21~22Lのクーラーボックスとして極厚6面真空と普通の6面真空があります。
 AmazonではNedfossという聞きなれないメーカーもあったので一緒に掲載しています。レビューでは冷えたという報告があり他社の半額程度ですので魅力的です。

 ざっと言うと極厚6面タイプの場合の保冷は4日以上、普通6面真空は2日以上と考えると良いと思います。

 自動車内で放置など過酷な環境下であれば時間は短縮されますが、屋内の日陰であれば条件は良い方になると思います。

 魚釣りに行くのか、部活動で使うのか、停電対策で使うのかで持続時間や使用環境が異なりますので、費用対効果も変わって来ると思います。




公称値で見る保冷力

 シマノの最高位はフィクセルウルトラプレミアムの30L、ダイワの最高位はプロバイザーHD EXの27リットルです。いずれも500mLのペットボトル1ケース(24本)が入る容量です。

 シマノの資料では外気温31℃で氷が110時間キープできるとしています。容量の20%(6L)の氷で4日半以上は氷が残る計算だそうです。

 ダイワの資料では"KEEP 120"という保冷力になっています。27Lの25%(6.75L)分の角氷を入れ、40℃の部屋に放置して氷がなくなるまでの時間が120時間という事です。




シミュレーション

 前述の数値から見れば、内容量の20~25%の氷を入れれば4日以上は氷が残る計算でした。

 氷をどれだけ入れるかが重要ですが、非常時なので『入れられるか』について考えなければなりません。

 一般家庭ではおそらく6リットル分の氷はストックしていないと思います。

 しかし、冷凍食品など凍った物を集めれば6リットルくらいはあると思います。

 熱交換の都合で言うと、固形物は芯が凍っていても表面が溶けてしまえば、表面は0℃を保てないので効率が悪いです。
 できれば液状の物を保冷剤として使う事が望ましいと思います。

 6リットル分の凍った物が用意できれば、残る20リットル余りの容量に冷蔵庫の中身を詰めれば3日くらいは大丈夫だと思います。

 ここで注意すべきは、冷蔵庫の中身は氷点下ではないことです。
 停電時、冷凍庫から出してきた物は0℃以下ですが、冷蔵庫から出してきた物は10℃前後ですので、温度差10℃です。温度差があるので熱を奪います。
 メーカーの実験結果はあくまで氷を使ったものなので、冷蔵品が混在して100時間以上キープされるものではありません。

 したがって、冷蔵庫の中身をクーラーボックスに移しても、4日以上冷えているというのは期待過剰だと思います。




半値でも高い能力の日本製
KRクールBOX-SV(R)

 市価でいうと2万円台からある関東冷熱工業の『KRクールBOX』シリーズは、その冷温維持性能に自信を持っています。

 例えばダイワの6面真空・21Lタイプは市価4.5万円程です(プロバイザーHD (ZSS 2100X) )。KRクールBOXの20Lタイプは最も安いタイプで2.2万円程、アルミボディで3.3万円程度です。

 冷え方については(たぶん)ダイワの発泡スチロールタイプと発泡ウレタンタイプのクーラーボックスと比較して、下図のとおり差が出ています。

(クリックすると詳細表示・メーカーサイトへ遷移)

 冷蔵庫の中がおよそ5~10℃ですので、だいたいそれを3日間維持できるデータです。

 ドライアイスにも対応しているという事で、業務用冷凍庫から出してきたアイスは」2日経っても溶けなそうです。

 業務用ゆえに修理部品が入手しやすく、修理対応もしてもらえそうです。

 ネット通販では一部、アズワンブランドで掲載されていますが、この製品は関東冷熱工業さんの物なので、おそらくアズワンカタログに掲載されているというだけの事だと思います。

 何でも安いイメージのAmazonが最安値では無さそうです。価格にはかなりバラツキがあるので、もしかするとネット通販より一般の物販業者から買った方が安いのかもしれません。
 電材卸や厨房機器専門といった業者に当たるのも良いかもしれません。

一体成形だからできる隙間の無い断熱構造で庫内温度を維持できる製品です。業務用の保冷庫に使われている技術なので、家庭での2~3日の保冷にも使えます。ガルバニウム鋼板は銀色のブリキとでも言いましょうか、そのような表面です。

一体成形だからできる隙間の無い断熱構造で庫内温度を維持できる製品です。業務用の保冷庫に使われている技術なので、家庭での2~3日の保冷にも使えます。ステンレスなので海水にも耐性が高いです。

一体成形だからできる隙間の無い断熱構造で庫内温度を維持できる製品です。業務用の保冷庫に使われている技術なので、家庭での2~3日の保冷にも使えます。アルミニウムなので重さ半減です。



KRクールBOX-SV(R)は真空断熱

 ダイワやシマノのクーラーボックスの項でもご紹介した真空断熱ですが、KRクールBOXシリーズにもラインアップされました。

 KRクールBOX-Sがすごいデータを出していましたが、真空断熱になるとさらに長時間の温度維持ができるようです。

 丸3日、72時間の冷蔵保存を本気で目指すなら真空タイプですかね。
 下図はメーカーサイトでご覧になれるデータです。
 冷蔵庫の代替として使うには十分な性能がありそうです。真空でないタイプでも2日ならOK、確実に3日を目指すなら真空という事になりそうです。

(クリックすると詳細表示・メーカーサイトへ遷移)

 私が経験した3日間の停電ですが、臨家は29時間で復電していたので、おそらくどこかのスーパーかコンビニへ行けば氷を手に入れられたかもしれません。

 もし、途中で氷を足す事ができるのであれば、真空でなくても良いかもしれません。

 氷の溶ける速度のデータもメーカーが出しています。
 ここまでの流れで言うと、おそらくダイワの6面真空タイプとの比較でも6時間くらい優るという事だと思います。

(クリックすると詳細表示・メーカーサイトへ遷移)

 真空タイプになるとネット通販では入手先が限られてしまいます。この記事を書いている時点ではAmazonでは取扱いなし、楽天とYahoo!では1軒だけが取り扱っています。
 額も大きくなるので、どこか業者さんに見積依頼をした方が良さそうです。私は厨房機器屋さんに聞いてみようと思っています。あてが無ければ、ネット通販でも良いと思います。

KRクールBOXシリーズの真空版です。ステンレスボディです。




平時の汎用性

 KRクールは業務用なので、車載など業務に徹するのであれば非常に良い商品だと思います。

 ただし、ハンドルやショルダーベルトが無いため持ち運びには多少の難がありそうです。

 停電対応としての備蓄専用ならば空での持ち運びだけ考えれば良いのですが、中身を入れてどこかへ運ぶのであれば相応の装備が必要だと思います。

 ダイワやシマノのクーラーボックスには共通してハンドル(把手)とショルダーベルト(肩ひも)が付いています。

 上蓋は両開きなので車内でも自由度が高いです。ダイワに限って言えば21Lと16Lタイプの上蓋には釣った魚を投入する口が付いています。

 庫内の水抜きはコックを開くだけでできます。 

 2021年8月の独自調査では両社の最高位・最大容量の機種の市場価格は下記のとおりです。
 ダイワの最高峰『プロバイザーHD EX(ZSS 2700EX)』はAmazonで42,703円楽天で44,500円Yahoo!ショッピングで43,240円フィッシングマックスで42,380円でした。
 シマノの最高峰『フィクセル ウルトラプレミアム (NF-030U)』はAmazonで46,920円楽天で44,588円Yahoo!も44,588円フィッシングマックスで44,000円でした。

メーカーダイワシマノ
名称
型式
プロバイザーHD EX
ZSS 2700EX
フィクセル ウルトラ プレミアム
NF-030U
内容量27L
500mLペット×24本
30L
500mLペット×24本
定価62,400円63,500円
市価A:42,703円
楽:44,500円
Y:43,240円
A:46,920円
楽:44,588円
Y:44,588円
上蓋 両開き 両開き
セフティロック
排水栓排水栓あり排水栓あり
外寸57.5×35×3458.3×35×35
内寸43×25×2544×25×26
自重6.9kg7.7kg
保冷40℃
角氷25%相当
120時間
31℃
氷20%相当
110時間
発売2019年5月2021年1月
パネル極厚6面真空極厚6面真空

ダイワの最高峰クーラーボックスです。容量は27L、自重は6.9kgです。極厚6面真空で4~5日の保冷力があります。

シマノの最高峰クーラーボックスです。容量は30L、自重は7.7kgです。極厚6面真空で4~5日の保冷力があります。


 ここにオプションで色々とアクセサリを付けることで利便性が高まります。
 例えば庫内に直接魚を入れたくない人のための『バッカン』は釣り具ならではのアクセサリです。

ダイワのクーラーボックスにちょうど収まるバッグinバッグのような『バッカン』です。純正品なのでロゴも入っています。ここに魚と氷を入れて釣果を保存すれば、クーラーボックス自体は汚れず、生臭さも残りにくくなります。

シマノの純正バッカンです。




実物で実験(したい)

 ここはやはり、実物で実験せねばと思っています。

 しかし、滅多に使う機会のないクーラーボックスに6万円をかけるには中々の決意が必要なので、少し様子観察します。

 釣り好きの人に、この商品を保有していないか聞いてみたいと思います。


実験方法(案)

 クーラーボックスメーカーの実験では容量の20~25%程度の角氷で庫内温度を測定しているようですので、踏襲します(案)。

 ダイワの最高峰であれば容量27L、20%ならば5.4L、25%ならば6.75Lです。
 シマノの最高峰であれば容量30L、20%ならば6L、25%ならば7.5Lです。

 調製しやすさからすると2Lのペットボトルを3本用意し、2kgずつ水を入れて冷凍させれば6L(6kg)の角氷に近い物ができると思います。

 凍らせるペットボトルとは別に、500mLのペットボトルに水を入れて冷蔵庫で冷やしておきます。

 実験開始時に用意するのは以下の物です。

  • クーラーボックス
  • 凍らせた2Lのペットボトル×3本
  • 冷やした500mLのペットボトル×1本
  • 電子温度計×3台
  • 新品電池(温度計用)

 温度計は3個用意します。
 1つはクーラーボックス内の庫内温度(空気)を測定するもの、1つはクーラーボックス内の水の温度を測定するもの、1つはクーラーボックスを置いた環境温度(空気)を測定するもの。
 水温測定用はプローブが必要である事を確認します。
 新品の乾電池で測定しないと、おそらく4~5日の連続測定になるので途中で切れてしまいます。

 クーラーボックスに冷凍・冷蔵したペットボトルを入れ、冷蔵したペットボトルは口を開けて温度計のプローブを挿入します。
 クーラーボックス内に温度計2台、クーラーボックスの外に1台置いて測定を開始します。
 ペットボトルには水滴が付着すると思いますので、庫内の温度計は両面テープで上蓋に貼るか、庫内に台を置いて水没させないようにします。

 数日測定しデータを回収します。
 概ね4日で氷は溶けるはずですが、庫内温度が室温より低く維持されている場合には室温に近づくまで実験を継続すると良いと思います。想像では、5℃を超えると一気に室温まで上がっていくのではないかと思っています。

 温度計は無線(Bluetooth)通信対応とし、温度を確認して実験を終了させることになります。




実験準備中

 記事を書いた8月20日時点ではクーラーボックスは手元にありませんでした。

 しかし、9月4日を迎えて、これは実験すべきだなという機運が高まりました。

 2018年9月4日13時半頃、私宅は停電しました。
 台風21号の影響で、そこから52時間の停電生活となりました。

 自然災害が原因でしたが、9月6日には北海道胆振東部地震が発生し、電力会社の建柱車や通信事業者の基地局車両が関西から東へと移動していく姿を高速道路などで見かけました。
 復旧が遅れた遠因ではないかと思っています。

 あの9月4日の出来事が再び起こる事を考えると、わが身だけでなく多くの人にも関わる事になるので、実験をしようと考えました。

 クーラーボックスは調達、あとは実験するだけです。
 いまはペットボトルを集めているので、準備ができ次第、実験したいと思います。

2021年9月7日追記




停電時の食品選抜

 もし3日間、蓋を開けなければ温度が保てるとすれば、何を入れるべきでしょうか。

 冷蔵庫の容量を300L前後とした場合、クーラーボックスに映せるのはせいぜい20L程。形状の問題もあるのでもっと少ないと思います。

 まず、冷蔵庫を開けずに中身を思い出し、仕分けします。
 すぐに食べてしまえる物、常温でも保存できそうな物、冷蔵保存を継続すべき物、諦めて廃棄する物に分けます。

すぐに食べる・食べられる

 非常時であっても空腹になります。
 先に示した通り冷凍庫は数日はキープできますので、冷蔵庫の中身から食べていきます。
 肉や魚などの生鮮食品は急いで食べます。少なくとも生のまま置いておかず、火を通して常温保存に切り替えます。
 牛乳や玉子などの日配品も積極的に消費します。ガスが使えるならお菓子作りをしても良いと思います。

常温保存可

 野菜や果物などは常温保存に切り替えます。
 真空パックされた漬物や総菜などで、スーパーでは常温でも販売されている物は未開封であれば常温保存可能です。
 調味料は、風味が変わってしまう可能性もありますが、常温が不可ではない物もあります。
 ビールやジュースはそのまま常温になっても問題ありません。ゼリーは比較的大丈夫ですが、ヨーグルトやプリンなどは長持ちしないので、冷蔵庫から出したならばその日に食べてしまいましょう。
 目薬などを冷蔵庫に入れている方も多いようですが、それらも常温保存可能な物がほとんどです。

冷蔵保存継続

 バターなどは常温になると分離してしまうのでクーラーボックスに保存します。
 味噌やジャムなども常温は好ましくありません。値段と残量から、諦めるべきか判断します。
 玉子や乳製品も、スペースが許せばクーラーボックスへ移します。
 生魚など傷みやすい物はお勧めしません。

廃棄

 どれにも当てはまらなかったものは廃棄せざるを得ません。非常時なので仕方ないですが、残念です。
 無理して食中毒にでもなると、非常時には受診機会が平時より悪化していますので、すぐに診てもらえない可能性があります。




おわりに

 2018年9月4日の台風21号では関西や中部では3日以上の停電を経験しました。あれから3年、まだまだ暑い秋に停電した場合をどうやり過ごすのか、再考してみました。

 小容量で6万円のクーラーボックスを買って備えるべきか、10万円の発電機を買って冷蔵庫を生かし続けるべきか、そのあたりも総合的に考える必要があるなと思いました。

カテゴリー
BCP BLOG

医療的ケア児のためのBCPとマイタイムライン | NES株式会社

 医療的ケア児を抱えるご家庭の不安をすべて解消する事はできませんが、1つでも減らす努力はできると思います。

 当社では以前から医療的ケア児の療養住環境に目を向けており、大阪府立母子医療センターの医療従事者様とコミュニケーションを取りながら、知見を重ねているところであります。

 筆者が医療的ケア児と初めて出会ったのは大学生のときでした。医系大学に在籍中、テルモの営業さんのご紹介でお宅を訪問したのが初めてでした。
 そのお宅では、お母さんがケアの中心に居ましたが、お父さんは発電機の準備など周辺環境を固める担当でした。
 このお宅訪問で感じたのは、患者中心の医療ではあるもののケアする家族にもスポットライトが当たらないとなかなか続かないなと実感しました。お父さんの陰なる努力も重要だと感じました。

 コロナ禍では2回目の防災の日まで2週間、今日は医療的ケア児の生命を災害時でも守るための術について考えてみます。




BCPとは?

 BCPとは何か、それは"Business Continuity Plan"で和訳すると事業継続計画となります。

 産業界で言えば、災害が起きても迅速に操業を停止しつつ社員と顧客の安全を確保し、一定期間操業停止し、一日も早く復旧して事業を再開しようというものになります。
 その中で、取引先が事業停止しても自社が事業を続けられるようにするための代替手段確保や、本社機能の一時移転などによる被災地以外での事業活動の継続などが盛り込まれます。

 医療においては少し色が違います。

 まず、操業停止は考えません。
 外来や手術の中止はあっても、現に入院している患者を見放して休業するような事はしません。

 災害拠点病院でなくても、災害時に外傷患者を受け入れる施設もありますし、内科疾患や精神疾患の患者受入を続ける医療機関も少なくありません。

 在宅医療においては、1人の患者であり家族が生き続けるために医療提供体制の継続を実践します。
 このときの主役はケアにあたる家族になります。
 医療従事者は来れませんし、普段の闘病と違い患者には成す術が無いことも想定されます。電源さえ確保できれば、酸素ボンベさえ調達できれば、といったサバイバルになります。

 在宅医療では、御一人様BCPが必要になります。




お一人様BCPをつくる前に

 医療的ケア児のためのBCPをつくる前に、まずは患児や家族に何が必要であるかをリストアップします。


一時限目(個人)

 最初は一人で、頭の中で考えてみます。

 いま行っているケアや生活の中でパッと思いつくものからメモをしていきます。

 『お薬』『お水』『おむつ』といった感じでリストアップしていくと良いです。

 モノだけでなく『食事』『体交』『吸引』など行為もリストアップします。

 情報収集すべきことも検討すると良いです。『被災状況』『避難所開設状況』『給水車状況』『主治医開院状況』など思いつくことを書きだします。


二時限目(家族会議)

 家族がそれぞれに考えたものを出し合います。

 重複したこと、しなかった事を書き留めておきます。

 『これは絶対に必要!』というものだけでなく、『こんなこともあるかなぁ』『これも考えておくべきかもね』とラフに話し合いながらリストを作っていきます。

 ヒト、モノ、コト(行為)、情報などをグループ分けしておくと、後々便利です。コピー用紙1枚に1グループとしておくとあとで管理しやすいです。

A4コピー用紙1枚に1グループ)ずつ書き込んでいく

三時限目(自助・共助・公助)

 前回までに、平時に何を行っているのか、何が使われているのか、どんな情報が欲しいかなどを抽出できたと思います。

 それらに関する自助、共助、公助について考えます。
 もちろん、リストに無かった自助、共助、公助についても触れて構いません。

 自助については今、この瞬間に揃っている備蓄品や家族でもできるケアなどを考えてみます。
 『こうすべきだ』『これが足りない』といったことは、色々と考えた後で再考します。まずは現実を見ます。

 共助については、自治会やボランティア団体、患者会などの取り組みなどをまとめておきます。
 共助は皆無、まったく期待できない場合もありますので、その場合は共助が無い前提での計画を立てる事になります。
 もともと、共助は義務や責任が無い『助け合い』のような物ですので、共助が得られない事を想定外としないようにします。

 公助については概ね制度化されたことなので、市役所などから貰っている資料を参考に、必要であれば福祉窓口に行って聞いてみます。
 『避難所にはオムツはありますか?』『備蓄食は事前に貰えますか?』『車椅子の子供の救助には来てもらえますか?』などを問い合わせてみると良いです。


四時限目(ドリルダウン)

 前回までに集まった情報について、さらに深く掘り下げていきます。

 例えば『食糧』と書いたリストも、それは誰のための、どのくらいの量になるのかなどを話し合います。
 恐らく、患児用、兄弟用、大人用など食べる人で分けられたり、停電時用、断水時用などシーンで分けられたりもします。
 単に『食糧』とだけメモしておくと、BCP作成時に漏れが発生してしまう事があります。

 また、BCP作成中に細かいことに気づいて作業の手が止まると、全体の流れを把握しづらくなるので、BCP作成時は集中できるよう、事前に細かい事を洗い出しておきます。


五時限目(医療従事者と協議)

 家族会議でまとめた意見は、清書して話し合いができる状態にしておきます。パソコンでも手書きでもどちらでも良いです。

 主治医や訪問看護師らに時間をとってもらい、清書した物を見てもらいます。
 受診のときに急にお願いしてもあまり時間を取って貰えないと思いますので、受診時に『災害対応について相談があるので』という事を伝えて、別に対応してもらうようにしましょう。

 かなり細かいリストができていると思いますので、補足や修正など部分的にコメントを貰うようにお願いすると、医療従事者の手間を軽減できます。

※.災害対策は善意や使命感による『協力』という位置づけで医療従事者は対応する事になると思います。診療報酬という対価を得る事は難しい上に、責任を負わせられるとコメントしづらくなります。お薬の処方などとは違い、専門家の意見を拝聴するという位置づけが良いと思います。


六時限目(事前準備まとめ)

 ここまでで、事前準備はだいたい終わりです。

 集まった情報はグループ別にまとめておきます。

 それは後に、参考資料として使い続けますので、あとで見てもわかるようにしておきます。




御一人様BCP策定

 医療的ケア児のためのBCP策定ですが、在宅医療においては家族全員のBCPでもあります。

 基本的には、前回の1~6時限目でまとめたことを転記していく作業になります。

 簡単に分類すると、目標、目的、方法、期待される結果、関連情報といった事を記載します。

 BCPは『計画』ですので、計画通りにいかないことも踏まえて、曖昧さや現状合わせといった『後から考える』というものも載せるのが医療BCPの特徴になります。

 完璧は、目指さなくて良いです。




マイ・タイムライン

 マイ・タイムラインとは、非常時に想定される様々な場面において、自身が選びえる行動をまとめておくものです。

 例えば水害。暴風雨の中では避難は無理だという場合、避難先まで30分の移動が想定されるとすれば、暴風雨の30分前までが避難開始の期限となります。
 暴風雨の30分前に家を出るためには、その前に持参物を用意しておく必要がありますし、帯同する家族は長靴や合羽などの装備品も着用できるようにしなければなりません。家の戸締りも必要です。

 地震の場合では、発災は予測できませんが、酸素ボンベや薬剤の残量から逆算する事があります。

 津波の場合、早ければ15分程で到来してしまうので、そもそもの避難が無理と言うタイムラインができてしまうのであれば、転居を考えるなど大掛かりな対策へと発展する事があります。




避難場所はケアに不向き

 ハザードマップでは『避難場所』を表示することができます。

 これは『避難所』ではありません。

 あくまで、身を守るために一時的に待避する場所なので、浸水の被害は免れても、場所によっては雨風もしのげないただのグラウンドに避難と言うこともあります。

 下図は兵庫医科大学を中心とした洪水ハザードマップです。最寄りの避難場所は、図下方(南方)にある最寄県営西宮東鳴尾団地の1号棟と2号棟です。いかにも団地という建物と、庭がある建築物です。一時的に逃げ込む場所です。
 その先にある『鳴尾センター』(西宮市立共同利用施設)は、中に入れれば電源は借りれそうですが、営業時間外の場合にどのように使えるのかわかりません。

[Link] ハザードマップ: 兵庫医科大学


 避難場所は色々とあるのですが、医療的ケア児が逃げ込んで、長居ができるような場所は限られています。

 避難すべき場所を探すのは、ハザードマップだけに頼らず行政からの情報提供を得たり、親戚や友人宅に身を寄せられるように予めお願いをしておくなどの事前準備が必要です。

 自宅から目的地までの経路については、ハザードマップを見て危険域を避けたルートを計画します。




医療的ケア児が居る家庭でのマイ・タイムラインの作成

1.ハザードマップを見る

 まずは自宅周辺のハザードマップを確認します。

 ハザードマップの『ハザード』(危険の要因)には種類があります。洪水や土砂災害、津波などハザードによって被害エリアや避難場所が異なりますので、まずは何を恐れるか考えます。

 ハザードマップは地元自治体が発行しているものより、国土交通省の『ハザードマップポータルサイト』を見ることをお勧めします。

 下の地図の中央に弊社がありますが、黄色く塗られているあたりは浸水の恐れがあります。弊社はもう一段高い危険度を示す緑色に塗られています。
 黄色の部分の下(南)は太い線を境に安全という訳ではなく、尼崎市との市境なので色が塗られていないだけです。

 すなわち、伊丹市のハザードマップでは伊丹市しか表示されておらず、危険が示されていないエリアが安全とは言えないのです。

 津波のハザードマップは深刻で、伊丹市の南側の尼崎市には海があり津波の危険性が高いのですが、伊丹市のハザードマップでは尼崎市に入ると色が塗られていない安全域に見えてしまうのでマイ・タイムラインの作成を誤ってしまいます。

[Link] 国土交通省: ハザードマップポータルサイト


2.自宅避難(待機)か、外へ避難か

 避難とは『災難を避ける事』(広辞苑)です。

 場所を移す事が避難ではなく、自宅に留まる事も避難です。

 下図の中心(+印)は2020年の球磨川氾濫で被害を受けたJCHO人吉医療センターです。
 色は赤色です。薄い方が3~5m、やや濃い方は5~10mの浸水が想定されるという事で、同院では敷地内は3~5mですが周囲は5~10mの水に囲まれるという想定が必要になります。

[Link] ハザードマップ: JCHO人吉医療センター


 自宅が洪水の危険度が少なく、病院が危険である場合、病院に逃げ込むという計画を立てるのは、自ら(患児)の生命にとって危険ですし、病院側も負荷が大きくなります。

 2020年のこの水害では県内30施設程の医療機関が浸水被害を受けたそうです。医療的ケア児にとって、平時は頼れる先の医療機関も、自院が被災してしまっては機能不全に陥ります。自院が被災しなくても、近隣の他院で被災があれば患者が流入して来る可能性があり、超多忙となってしまう可能性もあります。
 マイ・タイムラインを作成する上では、病院を避難先として選定する事はあまりお勧めしません。

 ハザードマップでは避難場所を表示させる事もできます。
 その表示も参考にしながら『もし自宅を飛び出すなら』というシミュレーションをします。


3.経路を計画

 どこかへ避難する場合、自宅からその場所までの経路が使える事が大前提となります。

 水害を想定する場合、川は渡らずに済む方が無難です。道路が冠水していなくても、濁流で橋が崩落する事はよくあります。崩落までしなくても橋脚にダメージを受ければ早々に通行止めになります。

 下図は珍しいケースですが、洪水・津波・高潮のマップを重ねると地図の中心エリアだけハザードがありませんが、周囲を囲まれて孤立します。

 中心にあるのは国立大阪医療センターです。すぐ北側が大阪城です。大阪府庁や大阪府警察本部などもすぐそばです。

 もし、この白いエリア内に住んでいるのであれば、下手に逃げようとして巻き込まれるより、自宅に避難している方が安全かもしれません。

[Link] ハザードマップ: 国立大阪医療センター

 地図の中心である国立大阪医療センターから南へ2.5kmに大阪赤十字病院、更に2.5km行けば大阪市立大学医学部附属病院があります。この白く孤立するエリア内には他にも大小様々な医療機関があります。
 孤立するとは言え、高架を走る高速道路を使えば脱出できると思います。国立大阪の前は法円坂、大阪市大病院前には天王寺・阿倍野があります。

 避難経路も考えた上で、避難を計画します。

 なお、公共交通機関の利用は発災のだいぶ前までと考えておきましょう。近年は計画運休や通行止めが行われますので、台風等が到来する当日は使えないものと考えておきます。


4.準備の時間を定義する

 数日の避難を前提とした外出の準備に係る時間を算段します。

 タイムライン上で使う時間なので、誰かに決めて貰うのではなく、自身で定義します。
 『ウチは15分もあれば出掛けられるから、避難準備に使う時間は20分とする』と決めてしまって構いません。

 注意して頂きたいのは、家族全員で避難することを前提とする場合、全員の準備に要する時間を考えることです。
 普段の外来受診であればこの程度、というイメージで考えていると、自身の着替えの時間が抜け落ちていたりします。
 時間帯も、昼間ばかりではなく深夜という事もあります。背景にある情景を思い浮かべることが重要です。


5.情報源を定義する

 避難行動を起こすきっかけとなる情報源を定義します。

 1つに限定する必要はありませんが、信用に足る情報源をピックアップする必要があります。

 市町村から発令される避難情報は有用です。

 気象庁のホームページ、定刻のNHKニュースなど、各自が頼れると思う情報を選びます。

 SNSは使い方によって有用ですが、素人が思い込みで流している情報も少なくありません。
 『××の水位が危険域に達したので○○川が氾濫する』といった情報を鵜呑みにせず、例えば『水位は国土交通省の発表を確認』など独自に情報源を定義しておきます。

 情報ツールが使えなくなることも想定しておきます。暴風でアンテナが倒れればテレビは視聴できません。電柱が倒れればネットが使えないかもしれません。車載テレビやラジオを活用するなど、いくつかの手段を想像しておきます。


6.避難のきっかけを定義する

 避難を開始する目安を決めます。

 行政が発する『高齢者等避難』(レベル3)でも良いですし、発災が予想される半日前としても良いです。

 避難(移動)に3時間かかるのに、発災3時間前を避難開始の段階にしてしまうと、想定外が発生すれば被災してしまいます。
 実際に危機的状況でも避難しなければならない事はあるかもしれませんが、マイ・タイムライン上の最適解をここで定義しておきます。


7.雛型に当てはめていく

 マイ・タイムラインの雛型はインターネット上にたくさん公開されていますので、書きやすい物を選んで利用すると良いです。

 当方からも、Excelシートに書き込むタイプの雛型を用意しております。Excelですので行の増減や、サイズ変更は自在です。


 上記は閲覧用サンプルですが、入力用のExcelファイルを下記にご用意しております。




作成支援・相談

 当社では、医療的ケア児のためのマイ・タイムラインやBCPの策定をお手伝いしております。

お問い合わせ



イベント毎に検討

 医療的ケア児のためのマイ・タイムラインをイベント毎に考えていくとスムースに作れます。
 『3日前』『警報発表』『避難指示発令』などいくつかのイベント毎に行動を管理していくと、作りやすいと思います。

 近年の気象予報の高精度化により、概ね3日前にはニュースや天気予報で警戒すべきアナウンスがなされています。
 避難時の持参薬や酸素ボンベ等を一週間分が確保できているか確認しておき、不足があれば処方してもらいに行きます。

 2日前には確度の高い情報が出ますので、翌日には避難を開始するつもりでガソリンを給油したり、各種機器の充電を済ませておきます。

 発災が予想される1日前には避難先を決定します。
 親戚宅などへの避難であればある程度自由度がありますが、福祉避難所をあてにしているのであれば、行政と相談しておかなければ利用できない可能性があります。

 そうした調整を経て、12時間前には移動を開始しておくと良いです。
 あまり早いと受入側に危機感がなく『なんで来たの?』という感じになりますが、あまり遅いと強い雨の中で移動になったり、同じ行動をする人たちと重なってしまい混雑する可能性があります。

 下図の中で言うと『高齢者等避難』(レベル3)が出てからは人口の4分の1を占める高齢者が動き始めますので、その少し前に動く事に意義があります。
 また、緊急安全確保(レベル5)が出る頃は激しい風雨、既に道路が冠水している可能性があるので発災予想の6時間前くらいがタイムライン上のデッドラインになると考えられます。




マイ・タイムラインを動かす(実践)

 実際の災害を想定し、マイ・タイムラインを動かしてみます。

 自身の住む地域でなくても良いです。他地域で発生しようとしている豪雨や台風等に際し、3日前から準備を開始してみると、マイ・タイムラインの実行可能性が確認できると思います。

[Link] 政府広報オンライン: 「警戒レベル4」で危険な場所から全員避難! 5段階の「警戒レベル」を確認しましょう

[Link] 内閣府・消防庁: 新たな避難指示 (令和3年5月20日から)


 新聞記事を見て水害の発生を予測していこうと思うと、やはり2日前くらいになりそうです。
 テレビのお天気コーナーでも、発災2日前は『大雨に厳重に警戒してください』という言葉が出てきていました。3日前は『今日も暑かったですねぇ』という感じでした。

発災3日前の朝刊
発災2日前の朝刊

 発災当日の朝刊には、いよいよ災害級になるぞという感じの記事になり、NHKではすべての番組で画面の上と横に青いバーが入って『大雨警戒』などの文字が出ていました。定時ニュースでは天気のことしか流れないくらい、大きな災害になっていました。

 この記事に係る水害では、早朝から気象庁が記者会見を開くなど、危機感を与える出来事がいくつかありました。
 それでも避難が遅かった人が居るので、消防などがボートを出し、腰まで水に浸かりながら数名で救助に当たっていました。

 どの段階で避難すべきか、自宅が冠水した場合に自宅に居続けることが出来るのか、考えなければならないなと思いました。

発災1日前の朝刊
発災当日の朝刊



マイ・タイムライン作成事例集

 マイ・タイムラインについては行政から様々な資料が提供されています。

 ご自身に合った資料があれば、そちらをご活用頂くのも良いと思います。

 医療的ケア児の場合、背景事情が千差万別ですので、雛型がそのまま使えるとも限らないので、お近くで相談できる方が居れば、そちらを頼るのも良いと思います。

 当社でも可能な限り相談には応じております。

お問い合わせ

 医療的ケア児用ではありませんが、マイ・タイムラインの作り方をわかりやすく説明しているサイトの1つに広島県があります。2018年には西日本豪雨を経験し、適時適切な避難が重要であると考えて資料を提供しています。
 動画も多くあり、見やすい資料も提供されているので、一見の価値はあると思います。


関連情報


NHK: 【特集】水害から命を守る(1) 障害がある人の“避難行動”

作成ガイド

茨城県: マイ・タイムラインを作ろう(作成支援動画を見て作る)

横浜市: マイ・タイムライン(避難行動計画)

横浜市: わたしの避難行動計画(マイ・タイムライン)わかりやすい版

西宮市: マイ・タイムラインを作りませんか? ~事前にできる災害への備え~

茅ヶ崎市: 難病の方のためのマイ・タイムライン

広島県: ひろしま マイ・タイムライン

仙台市: わが家の避難計画「マイ・タイムライン」

久喜市: マイ・タイムラインを作りましょう

松伏町: マイ・タイムラインを作ろう

愛媛県: 土砂災害タイムラインの作成について

江別町: 風水害に備えて「マイ・タイムライン」を作成しましょう


国土交通省

国土交通省: 地域におけるマイ・タイムライン事例集(PDF)

国土交通省: マイ・タイムラインかんたん検討ガイド(PDF)

国土交通省: マイ・タイムライン検討のためのワークショップの進め方(PDF)

国土交通省: マイ・タイムラインガイド[Ver.1.0](PDF)

国土交通省: マイ・タイムライン紹介パンフレット(開き観音折り)(PDF)

国土交通省: 小中学生向けマイ・タイムライン検討ツール ~逃げキッド~ 汎用型(PDF)




ご相談・お問合せ

 当社では、医療的ケア児のためのマイ・タイムラインやBCPの策定をお手伝いしております。

 原則的には医療機関様からのご依頼にお応えするものですが、ご質問等はどなた様もお気軽にお寄せください。

お問い合わせ
カテゴリー
BCP BLOG 講演

HEAJ-50(第50回日本医療福祉設備学会)

 2021年11月25日~26日に東京ビッグサイト会議棟にて毎年恒例の日本医療福祉設備学会が開催されます。併設展示会HOSPEX Japan 2021も1日早い24日から3日間開催されます。

 今年の学会長は鈴村明文先生です。
 副学会長は増田順先生と小林健一先生です。

大会テーマは『COVID-19から学ぶ医療福祉建築・設備のあした ~医療体制・感染対策・BCPそして環境(SDGs)~』です。

[Link] 第50回日本医療福祉設備学会




学会のみどころ

 学会名が医療福祉設備ですので、病院等の建物に付随するような設備、例えば空調などのセッションがあります。

 個別の設備というよりはBCPや感染制御などトピックと絡めた設備の話題が取り上げられるので、医療安全や感染制御に従事する方々も聴講しやすい内容が多いです。

 シンポジウムなどの企画ではアカデミア以外の講師も多いため学術的に精査された結果だけでなく、現場で何をしたのかといった具体例が示され、ときにはそれらの欠点も知る事ができます。

 学会ですので一般演題を出して自ら発表する事もできます。




物資枯渇改善に貢献するホスピタルエンジニア(CHE)の目標志向活動(GOA)

 第50回日本医療福祉設備学会では会期前の11月24日にサテライトセッションを企画しています。

 この企画の講師として弊社西謙一が招聘されました。

 昨年のCOVID-19流行拡大後に行われた様々な取り組みをまとめ、また自らが取り組んだ事例などを紹介します。

(予定)2021年11月24日(水)10:30~12:30・東京ビッグサイト西展示棟(HOSPEX Japan会場内)

カテゴリー
AI・IoT・Computer BCP BLOG

通信輻輳とHIS・PACS | NES株式会社

 いよいよい今週から東京オリンピックが始まりますが、コロナの影響で無観客が多くなりました。

 外出自粛の夏ですので、自宅で観戦する人が非常に多いと思います。

 2002年のサッカーワールドカップ(日本開催)ではスマホ普及前でしたのでネット観戦する人は少なかったのですが、2019年のラグビーワールドカップ(日本開催)ではオンデマンド放送が普及していたためネット視聴した人も少なくありません。

 今年は自宅の大型テレビで視聴しようという人が多いと思います。令和の時代、家にテレビがあっても地上波は見ない、見れないという家庭も少なくありません。当社の電気工事のお仕事で関わるのですが、新築住宅でネットは強化するがテレビは配線すらしないというご家庭も多いです。




五輪ウェブ視聴

gorin.jp

 gorin.jpとは、民放テレビ局によるインターネットでのオリンピック公式競技動画配信サイトです。

 公式というだけあって、コンテンツは充実しています。

[Link] gorin.jp


TVer

 TVer(ティーバー)とは、民放テレビ局が連携した公式サイトです。放送終了後にオンデマンド配信される動画コンテンツが充実しています。

 オリンピック特設ページが設けられていますが、中継はgorin.jpを視聴する事になるようです。

[Link] TVer オリンピック特設ページ


NHKプラス

 NHKの動画配信サイトです。

[Link] NHKプラス 東京2020オリンピック




HIS・PACSとの関係

 日本だけでも数千万人が視聴するオリンピック、しかも時差がないので日勤帯に競技が行われます。

 普段でも平日に12~13時はオフィス街を中心にネットがつながりにくくなる事があるのですが、これは多くの人が一斉にスマホで通信をする事が影響しています。
 mineoという通信サービスでは、この時間帯の通信量を減らす取り組みをしています。通信各社では既知の事実のようです。

12:15~12:45のmineoドコモ回線使用分の通信速度(土日は速い)

 競泳女子の池江璃花子さんが出場するとなれば、視聴率が高くなりそうですので、通信量が激増しそうです。

 近年、電子カルテ(医療情報システム・HIS)や医療画像管理システム(PACS)のクラウド化が進み、院外サーバで管理していたり、バックアップを院外に置いているケースが見られるようになりました。

 この情報の出し入れにはインターネット回線を使いますので、オリンピックによる通信量増加がどのように影響するのか心配しています。

[Link] mineo: ゆずるね。

[Link] mineo: 6月のネットワーク状況について

[Link] BIGLOBE: Q. お昼時は遅くなると聞いたのですが、本当ですか。

[Link] Ascii: テレワーク化進行で格安SIMの通信速度は変化したのか?




輻輳(ふくそう)

 輻輳とは、局所に集中して混雑する様子を表わす言葉です。

 災害時には電話回線が混雑してつながらない事がありますが、最近ではワクチン接種予約で市役所の電話がつながりにくくなった例もあります。このようなときに、通信が輻輳状態であるといった表現をします。

 電話とネットでは仕組みが違いますが、輻輳状態が生じる事には大差ありません。

[Link] NTT西日本: ふくそうのしくみ

[Link] NTT docomo: 夜間やイベント時にケータイ電話を使うと通信速度が遅くなる気がするのはなぜ




ネットの輻輳状態

 ネットの輻輳状態には大きく2つあり、サーバ側が混雑する場合と、閲覧者からサーバまでの経路のどこかで混雑している場合があります。

 下図はサーバ側が混雑してしまい、同時にさばける数を超えてしまったのでアクセスできなくなった時の画面です。
 例えば同時接続100本で設計していた所に、地震などの臨時ニュースが入って1万人がアクセスすれば、設計の100倍になりますので接続できる確率は理論上100分の1、しかし実際はどれをつなぐかという入口(ゲートウェイ)の作業負荷が重くなってしまい、すべてを遮断してしまう可能性もあります。
 表現が正しいかどうかわかりませんが、駐車場が満車で道路に車が溢れ過ぎたので、駐車場を閉鎖してしまい一切受け付けないという措置を取るような感じだと思います。


 五輪では配信サイトのサーバで輻輳状態が起こるかもしれませんが、そうならないように対策をしていると思います。

 それよりも恐れるべきは、医療機関周辺の通信だと思います。

 医療機関の前にある電柱に架けられている光ファイバーは、その下流にあるオフィスや住宅の通信も通します。
 住宅で一斉に動画を視聴すれば通信量が増えるのは当然で、おそらく過去に経験の無いほどの通信量になると思います。

 平時であれば光ファイバの許容量の5%や10%を医療機関が使っても遅滞なく通信できていたものが、1%しか使えないとなれば顕著に遅れを感じると思います。

 老若男女を問わず観戦するオリンピックゆえに、危険性は高いと思います。




災害モード

 電子カルテなどは、災害時に通信が途絶えた時のために災害モードを用意していると思います。

 可能な限り最新データをサーバからダウンロードしておき、当面は院内ローカルで運用、時期が来たらローカルに貯めたデータをサーバにアップロードして更新する方法があると思います。

 災害モードを併用する方法もあります。

 データを端末(パソコン)にダウンロードしてネットを遮断、参照のみできるパソコンにしてしまい書き込みはしない方法で運用します。
 処方など書き込みが必要な場合は、ネット接続された指定のパソコンから行ってもらうことで、医療機関と院外サーバとの通信量は少なくて済みますし、仮に通信に失敗しても入力した端末が特定できているので、あとで同期させやすいです。

 このようなモードが備わっていないシステムもありますので、各院で調整が必要だと思います。




参照と手書きカルテ

 最後にはカルテの手書きを考えなければなりません。

 可能な限り、過去データは参照できるように参照専用パソコンを今から作っておくと良いと思います。
 おそらく、困るのは26日からの平日だと思います。オフィスも住宅も通信量が多くなると思います。

 これまで一度も手書きカルテを使ったことが無いという医師や看護師も少なくありません。
 院内で完結するオーダリングシステムなどは院外の通信状況の影響を受けないので問題ないと思いますので、障害が出る部分だけにフォーカスして対応すると良いと思います。

 もし、あとでカルテを手入力しなければならないのであれば、事務員さんでもわかるような記述に心がけると、文字入力はアシストしてもらえると思います。




たぶん、大丈夫

 通信が遅くなるのはあり得ると思いますが、まったくつながらない事はないと思いますので、たぶん大丈夫だと思います。

 もし、あまりに心配でしたら通信を所掌する総務省へお問合せしてみてはいかがでしょうか。

[Link] 総務省: 地方支分部局/総合通信局・総合通信事務所