カテゴリー
AI・IoT・Computer BLOG

CeVIO AI(音声読み上げソフト) | NES株式会社

 昔ながらの音声読み上げというと、抑揚が無く、こんな感じではないでしょうか。


 それから比べると、無料で使える音声読み上げも進化しました。

 下の2つの動画は、GoogleとMicrosoftの音声です。どちらも無料で使えますが、録音はできません。

Google
Microsoft Word (Ayumi)



CeVIO Creator Studio

 5年ほど前から私が使っている音声読み上げソフトは『CeVIO Creative Studio』(チェビオ・クリエイティブ・スタジオ)というソフトです。

 ディスクは中々の可愛らしいパッケージなので、仕事用には見えませんが、お仕事に使います。

[Link] Amazon: CeVIO Creative Studio




CeVIO AI

 最新の合成音声ソフトを調達しました。

 これは深層学習を使ったAI(人工知能)を搭載しているという事で、前作のCeVIO Creative Studioとはチョット違いました。

 今回は声のキャラを2つ買ったので3万円くらいになりましたが、その価値はありそうです。

 下の音声を比較して頂くと、違いがわかるかなと思います。


最新のAI合成音声(CeVIO AI・さとうささら)

前作の合成音声(CeVIO Creative Studio・さとうささら)

昔ながらの棒読み


 音声は変幻自在と言うか、色々とアレンジできます。

 下の動画はキャラ名『さとうささら』と『弦巻マキ』という別々の物を使っています。

 作ったファイルは音源として活用できます。

 ファイルとして出力できるので、動画づくりにも使えます。
 今まで、部分的に聞きづらい合成音声だったので、あまり積極的には動画に使っていませんでした。
 AIになってからは、使用頻度が高くなりました。




研修資料の制作

 CeVIOの利用規約を見ると『小規模会議でパワーポイントなどに音声をご利用される場合は、商用利用のうち無料で利用できる範囲です。(ソフトはご購入ください。)』という記述がありました。

 この範囲内であれば仕事でも利用可能なようですので、上手く使っていきたいと思います。